秋田
秋田観光
東北一の日本酒生産量をほこる一大米どころ

「与次郎稲荷神社」周辺のグルメ

指定場所からの距離

「与次郎稲荷神社」から

エリア
  • すべて(26)
指定条件:与次郎稲荷神社周辺(距離制限なし)近い順  [解除]
フルックリー
ボリュームたっぷりのフルーツサンドが絶品!

秋田市内にある、フルーツサンドを販売する専門店。断面が美しいフルーツサンドが大人気で、閉店を待たずに完売してしまうこともめずらしくない人気店です。ふ...

エリア
秋田市
カテゴリー
スイーツ、インスタ映え、女子旅
料亭 濱乃家
「きりたんぽ鍋」に力をいれている由緒ある料亭

創業は大正7年。川反に数寄屋造りの料亭として営業を始めました。落ち着いた佇まいで、当時から地元の名士や文化人など、その時代を動かした人たちがたくさん...

エリア
秋田市
カテゴリー
郷土料理、ランチ、和食、きりたんぽ、比内地鶏
お多福 本店

お多福 本店

おたふく ほんてん
エリア
秋田市
カテゴリー
郷土料理、ご当地グルメ・名物料理、きりたんぽ
亀の町ストア

亀の町ストア

KAMENOCHO STORE
エリア
秋田市
カテゴリー
カフェ・喫茶店、ランチ、女子旅
酒肴処 和

出典:tripnote.jp

酒肴処 和

なごみ
地元の人がおすすめするリーズナブルな居酒屋

アットホームな雰囲気が漂う店内には、カウンター席、テーブル席、小上がりがあります。どのお料理も低価格で、ついついたくさん注文したくなりますが、一押し...

エリア
秋田市
カテゴリー
居酒屋・バー、比内地鶏

佐原商店のうどんそば自動販売機

出典:tripnote.jp

エリア
秋田市
カテゴリー
和食
セリオンカフェ

出典:tripnote.jp

エリア
秋田市
カテゴリー
カフェ・喫茶店、ランチ
セリオンキッチン

出典:tripnote.jp

セリオンキッチン

せりおんきっちん
エリア
秋田市
カテゴリー
その他レストラン、ランチ
土崎湊屋

出典:tripnote.jp

土崎湊屋

つちざきみなとや
エリア
秋田市
カテゴリー
魚介・海鮮料理、ランチ
農家レストラン清流の森

出典:tripnote.jp

名物の「清流定食」は、新鮮な山の幸を堪能できるメニュー

農家レストラン「清流の森」の建物は、小学校を改装して建てられたものだそうです。料理には地元の食材を使い、テーブルや椅子は木で作られていて、ぬくもりの...

エリア
五城目町(南秋田郡)
カテゴリー
和食、ランチ

角館銘菓「生もろこし」!あずきや甘酒、西明寺栗も

「生もろこし」と聞いて、とうもろこしのお菓子をイメージするかもしれませんが、実は江戸時代に作られたあずきと砂糖のお菓子。柔らかく、口どけのいい食感を...

エリア
仙北市
カテゴリー
お土産
ねずねこ

出典:tripnote.jp

エリア
仙北市
カテゴリー
カフェ・喫茶店、女子旅
ふきや

出典:tripnote.jp

エリア
秋田
カテゴリー
ご当地グルメ・名物料理、ランチ、うどん、郷土料理
古泉洞

出典:tripnote.jp

古泉洞

こせんどう
秋田名物の稲庭うどんが食べられる人気店

「古泉洞」は秋田名物の稲庭うどんが食べられる、行列もできる人気店。建物は江戸時代の寺子屋を利用しており、角館で一番古い建物と言われています。外観も趣...

エリア
仙北市
カテゴリー
うどん、郷土料理、ご当地グルメ・名物料理、ランチ、女子旅、稲庭うどん
桜の里

出典:tripnote.jp

桜の里

さくらのさと
エリア
仙北市
カテゴリー
和食、郷土料理、ご当地グルメ・名物料理、ランチ、女子旅、一人旅、比内地鶏

青豆のドラジェ

出典:tripnote.jp

パティシエの柿沢安耶氏とコラボしたお菓子

「青豆のドラジェ」は野菜スイーツの第一人者でパティシエの柿沢安耶(かきさわあや)氏とコラボしたお菓子で、中には秋田県産の枝豆「香り五葉」が入っていま...

エリア
仙北市
カテゴリー
お土産
角館そば
エリア
仙北市
カテゴリー
和食
マルヨ蔵麹くらぶ

出典:tripnote.jp

マルヨ蔵麹くらぶ

まるよくらこうじくらぶ
エリア
仙北市
カテゴリー
カフェ・喫茶店、スイーツ、ランチ、女子旅
酒食彩宴 粋

出典:tripnote.jp

エリア
秋田
カテゴリー
ご当地グルメ・名物料理、郷土料理、居酒屋
美野幸

出典:tripnote.jp

美野幸

みのこう
エリア
男鹿市
カテゴリー
郷土料理、ご当地グルメ・名物料理、ランチ、一人旅

  1 2  

全26件のうち( 1 - 20 件目)を表示

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります