ドイツ
ドイツ観光
ロマンティック街道には古城や中世の街並

【ドイツ】ベルリン通になろう!市内バス、電車おすすめ路線一覧

取材・写真・文:

ドイツ在住
訪問エリア:12ヶ国

2018年8月13日更新

9,271view

お気に入り

写真:ジョー

ドイツ国内随一の市内交通網を誇るベルリンには、東京ほどではないものの、公共交通機関がそこら中に張り巡らされています。数が多すぎて、旅行に行きたいけど何に乗ってどこに行けばいいのかわからない…という方のために、今回は市内観光スポットを通るベルリンのおすすめバス、電車の路線をピックアップしてご紹介しましょう。

この記事の目次表示

公共交通機関を使う際には

切符に日付と時刻を刻印!

  • 写真:ジョー地下鉄の駅にある券売機(右)と刻印機(左、黄色)
  • 写真:ジョーSバーンの駅の券売機(左)と刻印機(右)

まず大前提として日本と違うのは、ドイツの電車の駅には改札というものがない点です。電車であれば切符を買うための自動券売機のそばやプラットホームに、バスなら運転席のそばに人の手の高さぐらいのボックスがあったら、その穴に切符を差し込んで、日付と時刻を印刷してください。

改札がないから切符を買ってそのまま電車に乗り込んでしまうと、車内の切符チェックで無賃乗車扱いになってしまうこともあります。

マップ、スケジュールは常に確認!

運行する本数が多く、観光エリア内のネットワークが発達しているベルリンですが、手広く網羅するには少し苦労します。なので、以下に紹介する路線のほかに、ご自身が行きたいところに繋がっている路線の接続やスケジュールを知りたいという方は、こちらの各リンクからチェックすることができます。

バス路線図について

ベルリンのバスは路線が多すぎて、一つのマップに表示するのは不可能です。ドイツ語ですが、こちらのリンクが詳しい路線図をPDFで公開しています。頻繁に更新されるようなので、旅行の直前にダウンロードするのがいいでしょう。

ベルリン中央駅、動物園駅、アレキサンダー広場など、ベルリンの中心となる地区の路線が載っているのは、"Teilnetz Mitte"です。Uバーン、Sバーン、トラムとの接続も表示されています。

3種類の電車

ベルリン、というかドイツの大きい街にはたいてい、Sバーン、Uバーン、路面電車の3種類が走っています。観光インフォメーションセンターで地図をもらうと、これらの路線図も載っているので、駅近のスポットに行くだけなら実は大して迷わずに済みます。

Sバーン

  • 写真:ジョーSバーン5番線

市内の主要な場所を地区単位で結んでいるのがSバーンです。アレキサンダー広場(Alexanderplatz)や、ハーケッシャーマルクト(Hackescher Markt)といったように、スポットがそのまま駅名になっていることが多いので、ベルリン市内で大まかにどこに行きたい、というのが決まっていれば、まずこのSバーンに乗り込みましょう。

おすすめ路線① S3, S5, S7, S9番線

こちらはベルリンの街の中心を高架で横断する路線です。西側のWestkreuz駅から東側のOstkreuz駅まではどれに乗っても同じなので、利便性は抜群です。この沿線上には、動物園駅(Zoologischer Garten)、ベルリン中央駅(Berlin Hauptbahnhof/Hbf.)、アレキサンダー広場駅(Alexanderplatz)などの主要な観光スポットが並んでいます。

おすすめ路線② Ring (Ringbahn) S41, S42番線

いわゆる東京の山手線、大阪の環状線です。ぐるっと一周して大体1時間ぐらいになります。観光スポットがこの路線にずらっと並んでいるわけではないですが、やっぱり首都としての規模を味わうにはこちらも乗ってみてはいかがでしょうか。ちなみにこのRingbahnがあるのはドイツではベルリンのみとなります。ちなみにS41が反時計回り、S42が時計回りです。

Uバーン

  • 写真:ジョー地下鉄U6番線

Sバーンよりも細かい交通網でベルリンの中心を走っているのがUバーンです。いわゆる地下鉄なのですが、地上に出ることも多く、こちらからも街のダイジェストがところどころ見えるようになっています。

おすすめ路線① U1番線(Uhlandstraße – Warschauer Straße)

いきなり半分が地上を走る路線のご紹介です(笑)。高級ブティックが並ぶクアフルステンダム(Kurfürstendamm)から、ベルリンの壁のアート作品、イーストサイドギャラリーの最寄り駅まで東西に延びており、Nollendorfplatz駅からGleisdreieck駅まで、高架からベルリンの暮らしを眺められます。

おすすめ路線② U2番線(Pankow – Ruhleben)

アレキサンダー広場、ポツダム広場、動物園駅とベルリン観光の主要スポットを多く通る路線です。Sバーンとの接続がUバーンの路線の中で一番多いこともあって、地元の人も良く利用します。

おすすめ路線③ U6番線(Alt-Tegel – Alt-Mariendorf)

フリードリヒ通り駅(Friedrichstraße)からコッホ通り駅(Kochstraße)までの間に、ウンター・デン・リンデン通り(Unter den Linden)や、チェックポイント・チャーリー(Checkpoint Chiarlie)など、こちらも有名な観光スポットが並んでいます。

将来はU5番線も要チェック

現在ベルリン中央駅-ブランデンブルク門を走るU55番線、そして現行のU5番線(Alexanderplatz=アレキサンダー広場-Hönow)が、2020年に連結され、間にあるウンター・デン・リンデン通りと博物館島も同じ路線に組み込まれる予定です。そうなったら、ベルリンの観光黄金ルートが地下鉄でも回れることになり、今よりもっとベルリンの周遊が楽になること間違いなしなので、お楽しみに。

プロジェクトの進行具合はこちらをチェック 

次のページを読む

ドイツの旅行予約はこちら

ドイツのパッケージツアーを探す

ドイツのホテルを探す

ドイツの航空券を探す

ドイツの現地アクティビティを探す

ドイツのWi-Fiレンタルを探す

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ドイツ】『進撃の巨人』のモデルの街、ネルトリンゲンを巡る旅

ミュンヘンから、電車で2時間ほど北上したところにある都市「ネルトリンゲン」。隕石が落下した跡にできたこの街は、日本でおなじみの漫画『進撃の巨人』のモデルとなった...


【ドイツ】定番だけ厳選したベルリンのおすすめ観光地11選+みどころ

ドイツの首都ベルリン。実際に3年間住んだ経験を元に、旅行者におすすめなベルリンの定番観光地を11件厳選し、 各地のみどころと共に紹介します!

ドイツの天気・気温・服装・旅行のベストシーズン!

ドイツ旅行の前に知っておきたい、この先の天気予報と月ごとの平均気温や降水量、気候の特徴、旅行の服装を徹底解説!いつ旅行するかお悩みの方向けに、ドイツ旅行のベスト...

日本と異なるドイツのコンセント・プラグ・電圧を解説!変圧器は必要?

ドイツ旅行の前に知っておきたい、コンセント・プラグ・電圧について日本との違いを徹底解説!変換プラグや変圧器がどんな時に必要か、また持っていくと便利なおすすめ電源...

ドイツの国旗・首都・面積・人口・国歌を解説!

ドイツの国旗の図柄や意味、ドイツの首都について、またドイツの面積や人口と今後の人口予想、そしてスポーツの試合などでたびたび歌われる国歌の成り立ちまで、ドイツの国...

この記事を書いたトラベルライター

おっさん学生 ドイツ支部
こんな歳で今更ですがドイツで学生やり直してます。
今までに行った旅行先は日本国内もそうですが、海外も数ヵ国行っているので、記事によってガラッと風景が変わるかもしれません。主に街歩きの中で気づいたことを紹介するので、訪問してくださる方が今後の旅行で小さな発見をするときの参考になればいいなと思います。

こちらで旅行相談も受け付けておりますので、ぜひご覧ください。
TRAVELOCO ロコネーム ジョー
https://traveloco.jp/loco/rio_edj

旅行先(国別):ドイツ(在住)、ベルギー、オーストリア、オランダ、ハンガリー、チェコ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、台湾、香港、中国、日本

【ドイツ】モザイクなし!ベルリン人体博物館

ベルリン観光のハイライトシーンが集うアレキサンダー広場の中でも、一番目立つランドマークであるテレビ塔(Fernsehturm)。よくよくそのあたりを散策してみる...


【ドイツ】カール大帝ゆかりの地、アーヘン観光名所ピックアップ!

ドイツ西側の国境に位置し、ベルギーのリエージュへは電車で1時間、オランダのマーストリヒトにも直通バスで1時間と隣国の観光地へのアクセスもいいカトリックの街、アー...


【オランダ】閲覧注意! ハーグ・拷問博物館

オランダの政治首都、ハーグ(Den Haag)は、400年以上前からオランダ国内でその役割を担ってきました。それを証明するのが、犯罪者や謀反者を罰してきた拷問の...

【ドイツ】お手軽!ベルリン100番、200番バス観光スポット14選

ベルリンの旅行を計画するときに、ガイドブックを開くと必ずと言っていいほど出てくる市内交通100番、200番バスを利用した観光ルート。回る場所も観光会社が開催して...

【ドイツ】最後のUボート ブレーマーハーフェン ヴィルヘルム・バウアー博物館船

ドイツの潜水艦、と言えば、20世紀初期の世界大戦中に開発が始まり、その名を運用停止した現在までも認知されているUボートという方もいらっしゃるかと思います。今回は...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」でドイツの音声ガイドを聴く

ドイツの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります