函館
函館観光
洋館や教会が建ち並ぶハイカラな港町

「スターバックスコーヒー函館ベイサイド店」周辺の観光スポット

指定場所からの距離

「スターバックスコーヒー函館ベイサイド店」から

エリア
  • すべて(37)
指定条件:スターバックスコーヒー函館ベイサイド店周辺(徒歩10分以内)  [解除]
八幡坂

八幡坂

はちまんざか
北海道を代表する坂といっても過言ではない!

海に向かってまっすぐと道が伸びる「八幡坂」は、その美しさから映画やCMのロケ地として使われることも多い坂です。名前の由来は、かつて坂の上に八幡宮があ...

エリア
函館
カテゴリー
町・ストリート
金森赤レンガ倉庫

赤レンガに三角屋根の建物が連なるショッピングスポット

函館を代表するショッピングスポット。港沿いに、赤レンガに三角屋根のレトロな建物が連なり、それぞれの建物には個性的なショップやレストランなどが50店舗...

エリア
函館
カテゴリー
建造物、ショッピングモール・デパート
館内のカフェではアフタヌーンティーも楽しめます

大正2年(1913年)に再建されてから、昭和9年(1934年)までイギリス領事として使用されていた建物。旧函館区公会堂へ向かう基坂沿いにあります。現...

エリア
函館
カテゴリー
建造物
レトロなモール内に函館みやげが揃います

明治44年(1911年)に建てられたレンガ造りの建物で、以前は函館郵便局として使われていました。現在は商業施設になっており、ガラス、オルゴール、テデ...

エリア
函館
カテゴリー
ショッピングモール・デパート
どこから見ても十字架が目に入るデザイン

明治7年(1874年)に宣教が始まり、明治11(1878年)に基坂の下に建てられました。その後大火で消失し、大正10年(1921年)に元町へ移転し再...

エリア
函館
カテゴリー
社寺・教会

週末に鳴る鐘の音色は”日本の音風景100選”に選定

日本初のロシア正教会聖堂で真っ白の壁と緑の屋根のコントラストが美しい。地元の人々には「ガンガン寺」と呼ばれ親しまれており、土曜日の午後17時と、日曜...

エリア
函館
カテゴリー
社寺・教会
白亜の壁に赤い屋根が美しい荘厳なゴシック様式の教会

安政6年(1859年)に創建されましたが、その後2度の大火にあい、現在の聖堂は大正13年(1924年)に再建されたもの。白亜の壁に赤い屋根が美しい荘...

エリア
函館
カテゴリー
社寺・教会
函館山からの夜景を見るならロープウェイがおすすめ

山頂へはマイカーでも行けますが、混雑期は規制がかかるので、通年運行している「函館山ロープウェイ」を利用するのが良いでしょう。山頂駅から徒歩で3分程で...

エリア
函館
カテゴリー
乗り物
毎日18:00より花火の打ち上げとツリーの点灯式を開催!

姉妹都市のカナダ・ハリファックス市より寄贈される、巨大モミの木のクリスマスツリーがシンボルのイベント。約20mの高さのツリーを約15万個のイルミーシ...

エリア
函館
カテゴリー
イベント・祭り
エリア
函館
カテゴリー
イベント・祭り

道新花火大会を皮切りに開催される函館の夏の一大イベント

毎年8月1日から5日にかけて行われる、函館の夏の一大イベント。初日に開催される「道新花火大会」を皮切りに、2日と3日には例年約2万人が参加するメイン...

エリア
函館
カテゴリー
イベント・祭り

大三坂

だいさんざか
エリア
函館
カテゴリー
町・ストリート
観光遊覧船ブルームーン

函館港を周遊するクルーズ船

函館港を周遊するクルーズ船です。乗船時間は昼間で約30分で、夜は60分。航行中は金森赤レンガ倉庫をはじめ、函館山や津軽海峡を横断する連絡フェリー、さ...

エリア
函館
カテゴリー
乗り物
エリア
函館
カテゴリー
イベント・祭り

基坂

もといざか
エリア
函館
カテゴリー
町・ストリート

エリア
函館
カテゴリー
町・ストリート

旧相馬邸

きゅうそうまてい
エリア
函館
カテゴリー
建造物
エリア
函館
カテゴリー
その他スポット
函館市北方民族資料館

旧日本銀行函館支店の建物を活用した資料館

大正15年(1926年)に建設された旧日本銀行函館支店の建物を活用した資料館。館内には、市立函館博物館所蔵のアイヌ民族をはじめとする北方民族資料のほ...

エリア
函館
カテゴリー
博物館・美術館
坂本龍馬の軌跡をめぐる博物館

北海道(蝦夷地)を開拓しようとした坂本龍馬の軌跡をめぐる博物館。龍馬自身は北海道に足を踏み入れることはありませんでしたが、その情熱は甥に受け継がれ今...

エリア
函館
カテゴリー
博物館・美術館

  1 2  

全37件のうち( 1 - 20 件目)を表示

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?