レトロ可愛い!尾道女子旅のおすすめスポット15選

2,699

view
   2017年9月27日更新

なんだか懐かしくて美しい坂の街、広島県の尾道。フォトジェニックなスポットや絶景スポット、可愛いカフェ、レトロな建物が点在し、女子旅にぴったりの街です。観光も、可愛いも、思いっきり楽しみたい!そんな女子旅におすすめのスポットをご紹介しています。

1. 猫の細道

尾道は「ネコの街」としても知られる街。

天寧寺の三重塔から艮神社(うしとらじんじゃ)へとつづく、約200mの細い路地は「猫の細道」と呼ばれ、作家・園山春二氏によって描かれた「福石猫」が路地のいたる所にあるほか、猫にちなんだアート作品がたくさんあります。

もちろん本物のネコさんもいますよ。

周辺には、空き家を再利用した隠れ家カフェやバー、美術館などが点在し、女子旅におすすめのスポットです。

猫の細道

広島 / 町・ストリート

 

住所:広島県尾道市東土堂町19-31

2. ブーケ ダルブル

「猫の細道」沿いにある庭園カフェ。
ハーブ園には入園料が必要ですが、カフェのみの利用なら入園料は必要ありません。

オープンテラスの席からは、眼下に尾道の街並みや尾道水道を見渡す絶景が広がり、女子旅の優雅なカフェタイムにおすすめ。

自然に囲まれながら、フレッシュハーブティーやスイーツで、ぜひ午後のひとときを楽しんで。

オリジナルの香水づくりも体験できますよ。

ブーケ ダルブル

広島 / カフェ・喫茶店

 

住所:広島県尾道市東土堂町19-18

電話:090-3633-2603

3. おやつとやまねこ

外観も可愛らしい「おやつとやまねこ」は、尾道駅近くにあるスイーツショップ。

レトロなガラス容器にはいった”尾道プリン”がテレビや雑誌などで紹介されることが多く、行列ができるお店として知られています。

広島北西部にある砂谷牧場の牛乳、尾道の卵を使用しており、広島・尾道土産にもおすすめ。別添えのレモンソースをかけていただきます。

おやつとやまねこ

広島 / スイーツ

 

住所:広島県尾道市東御所町3−1

電話:0848-23-5082

Web:http://www.ittoku-go.com/oyatsu/01.html

4. 空猫カフェ

ご夫婦で営む古民家カフェ。
少し入り組んだところにありますが、開店前から人が並ぶ人気店です。

少し坂を登った場所にあるため、目の前には尾道水道が広がる絶景!素敵な景色を楽しみながら、人気のベーグルをいただいて、散策の足休めをどうぞ。

空猫カフェ

広島 / カフェ・喫茶店

 

住所:広島県尾道市東土堂町6-11

電話:0848-24-5695

5. ネコノテパン工場

「猫空カフェ」のすぐ近く、坂道の途中にひっそり佇むパン屋さんです。

人ひとりが入れるぐらいのこじんまりとしたサイズが可愛らしいお店で、お会計の窓口もこれまたレトロ。乙女心をくすぐります。

お店の可愛らしさだけでなく、パンの美味しさも評判。

ネコノテパン工場

広島 / パン・サンドイッチ

 

住所:広島県尾道市東土堂町7-7

電話:050-6864-4987

Web:https://pan.catnote.co.jp/

6. ゆーゆー

女子旅で尾道を訪れたら立ち寄りたい、レトロな魅力がいっぱいの「尾道本通り商店街」。全長1.2kmにわたり、さまざまな商店が軒を連ねており、そのひとつが「ゆーゆー」です。

昔の銭湯の雰囲気を残したままリノベーションしたカフェ&ショップで、お食事からスイーツまでいただくことができます。お土産にぴったりの商品も揃っており、カフェ利用にもお土産さがしにもおすすめです。

ゆーゆー

広島 / カフェ・喫茶店

 

住所:広島県尾道市土堂1-3-20

電話:0848-25-5505

7. 三軒家アパートメント

尾道駅の裏手にある「三軒家アパートメント」は、時代の流れから空き家になってしまった昭和の古いアパートをリノベーションした施設。尾道には、このように空き家を再生した建物がたくさんあり、観光名所にもなっています。

空き部屋の10部屋にはデッドストックや古い電化製品を扱うお店、カフェ、ブティック、雑貨屋、卓球場、ギャラリーなど、可愛らしさや個性のあるお店が入居しています。

三軒家アパートメント

広島 / その他スポット

 

住所:広島県尾道市三軒家町3−26

Web:https://sangenya-apartment.jimdo.com/

8. パン屋航路

尾道商店街にたたずむ、レトロでお洒落な雰囲気のパン屋さん。
連日大人気で売り切れてしまうパンも多く、カレーパンは地元の人でもなかなか買えないのだそう。

朝7時から営業していますが、お昼を過ぎるとかなり品数が減ってきますので、午前中に行くのがおすすめです。

パン屋航路

広島 / パン・サンドイッチ

 

住所:広島県尾道市土堂1丁目3 土堂1丁目3−31

電話:0848-22-8856

9. あくびカフェー

尾道本通り商店街の中央街にある、古民家を利用したゲストハウス「あなごのねどこ」。このゲストハウスに併設されたカフェで、”旅と学校”をテーマにした、レトロな雰囲気が魅力的です。

メニューが書かれているのは、黒板。店内の棚や椅子、机などは、実際に小学校で使われていたものを利用しています。そしてお食事は給食のような食器で提供し、こだわりをみせます。

あくびカフェー

広島 / カフェ・喫茶店

 

住所:広島県尾道市土堂2丁目4−9

Web:http://anago.onomichisaisei.com/?page_id=446

10. みはらし亭

尾道を代表する観光スポットのひとつ「千光寺」のすぐ下に、大正10年(1921年)に建てられた別荘を利用したゲストハウスです。

昭和40年代には旅館として営業していましたが、その後何十年も放置され、2016年にゲストハウスとしてオープンしました。

施設の窓からは尾道水道を見渡す絶景を楽しめ、また1階にはカフェも併設。宿泊者でなくても利用できるので、尾道散策の足休めに、素敵な景色とともにドリンクやスイーツでひとやすみはいかがでしょうか。

みはらし亭

広島 / ホステル

 

住所:広島県尾道市東土堂町15−7

電話:0848-23-3864

Web:http://miharashi.onomichisaisei.com/

11. ONOMICHI U2

尾道駅から程近く、尾道海岸通りにある「ONOMICHI U2」は、尾道しまなみ海道の起点である尾道にあるサイクリスト向けの複合施設。

自転車のレンタルをはじめ、ホテルやレストラン、カフェ、バーなどがあり、元海運倉庫を利用した、とにかくお洒落な雰囲気。サイクリストでなくとも楽しめる新名所です。

月9ドラマ『好きな人がいること』のロケ地としても登場しました。

ONOMICHI U2

広島 / その他スポット

 

住所:広島県尾道市西御所町5-11

電話:0848-21-0550

Web:https://www.onomichi-u2.com/

12. 千光寺

可愛らしくデザインされた「千光寺山ロープウェイ」に乗って山頂へ。そうして降り立つ千光寺公園にある「千光寺」は、朱色の本堂の先に、尾道の素晴らしい眺めが望めるスポットです。

境内には断崖絶壁にへばりつくように建てられた舞台造りの「本堂」や、”日本の音風景100選”に選ばれた「鐘楼」、伝説がつたわる巨岩「玉の岩」や鎖をつたって登る「くさり山」、そして石で打つと音が鳴る「ポンポン岩(鼓岩)」などいろいろな岩があります。

千光寺

広島 / 社寺・教会

 

住所:広島県尾道市東土堂町15-1

電話:0848-23-2310

Web:http://www.senkouji.jp/

13. 千光寺新道

”坂の町・尾道”を代表する坂道。

石段の先に瀬戸内海のをのぞむ素晴らしい景観は、観光用ポスターなどのロケ地としても利用されます。ぜひここで、フォトジェニックな写真を撮影しておきたいですね。

千光寺新道の途中の路地を入ったところには、国語の教科書にも登場する小説『暗夜行路』の作家・志賀直哉氏の旧居があり、実際に『暗夜行路』の草稿を執筆した部屋が当時のまま残されています。

千光寺新道

広島 / 町・ストリート

 

住所:広島県尾道市西土堂町

電話:0848-37-9736

14. 天寧寺 三重塔

尾道三山のひとつ、千光寺山の中腹にあり、尾道を代表する風景としても有名。

まるで絵ハガキのようなフォトジェニックな写真が撮影でき、インスタグラムをはじめSNSに投稿したくなってしまいます。

天寧寺 三重塔

広島 / 社寺・教会 / 観光名所

 

住所:広島県尾道市東土堂町17-29

電話:0848-22-2078(天寧寺)

15. 持光寺

国宝の「絹本著色普賢延命像」を所蔵する「持光寺」では、尾道を旅した思い出に”にぎり仏”づくり体験はいかがでしょうか。

粘土を握ってつくる、オリジナルの仏さま。作成したあとは、お寺で焼き上げて自宅まで郵送してくれます。

持光寺

広島 / 社寺・教会

 

住所:広島県尾道市西土堂町9−2

電話:0848-23-2411

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年9月21日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。

旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。

https://tripnote.jp

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!