北海道
北海道観光
雄大な景色と豊かな海産物が人気の日本最北の島

青い池と一緒に回りたい♡美瑛周辺の寄り道スポット16選!

取材・写真・文:

北海道在住
訪問エリア:47都道府県

2020年6月8日更新

84,555view

お気に入り

この記事の目次表示

⑥十勝岳望岳台(青い池から車で20分)

のどかな丘陵のイメージが強い美瑛ですが、十勝岳望岳台(とかちだけぼうがくだい)は大雪山国立公園十勝岳本峰の真下、標高930mにある景勝地で、美瑛町に位置しています。大雪山の主峰旭岳をはじめ、美瑛岳、美瑛富士、上富良野岳などを間近に見られる景観は大迫力!晴れた日には噴煙までくっきりと見ることができ、自然の偉大さに圧倒されます。

初夏であっても冠雪していることが多い望岳台。雪と濃緑のコントラストが美しい短すぎる夏が過ぎると、日本で一番早い秋が訪れ、鮮やかに色づいた景観へと変わります。

十勝岳望岳台
北海道 / 自然・景勝地
住所:北海道上川郡美瑛町白金地図で見る
電話:0166-94-3025(びえい白金温泉観光組合)
Web:https://www.biei-hokkaido.jp/ja/sightseeing/mt-tok...

⑦吹上露天の湯(青い池から車で25分)

ドラマ『北の国から』で、小沼シュウ役を演じた宮沢りえさんと黒板五郎役の田中邦衛さんが混浴を楽しんだ温泉として、一躍有名になった野天の温泉です。ドラマでは白い濁り湯となっていましたが、実際には無色透明の酸性-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉です。

昭和18年頃に廃業になった温泉施設が残した湯船にお湯を溜めて利用しているので、かなりワイルド!脱衣所などはないので、女性は各自で湯浴み着や水着、バスタオルなどの準備をする必要があります。

ドラマの影響もあり、一時は全国からファンやライダーたちが押し寄せ、女性が入浴するのはほぼ無理な状態でしたが、最近ではブームも落ち着き、秘湯ファンや地元の方の利用が多いようです。

写真には湯船が1つしか写っていませんが、もっと大きな湯船がもう1つあります。そちらは常連の方がタオルで隠す様子もなく入浴していることがあるので、カップルやご夫婦で訪れる際は女性が目のやりどころに困らないよう、男性が率先して見に行ってあげてくださいね。

温泉自体は愛好者のマナーと管理者の手入れによってとても清潔に保たれています。これ以上ないくらい野趣溢れる露天風呂で開放感を味わってみてはいかがでしょうか。利用は無料ですが、シャンプーや石鹸の使用はできませんので、ご注意ください。

吹上温泉 吹上露天の湯
北海道 / 日帰り温泉
住所:北海道空知郡上富良野町吹上地図で見る
電話:0167-45-4126(上富良野町吹上温泉白銀荘)
Web:http://www.kamifurano.jp/stay/onsen/2115

国道237号線〜美瑛市街エリア

⑧ご当地グルメ「美瑛カレーうどん」(青い池から車で30分)

  • 「ファミリーレストラン だいまる」の美瑛カレーうどん〈つけ麺タイプ〉 850円

美瑛のご当地グルメといえば「美瑛カレーうどん」です。JR美瑛駅周辺には「美瑛カレーうどん」が食べられるお店が6軒ほどあります(2018年8月現在)。つけ麺タイプ、焼き麺タイプ、かけ麺タイプと個性豊かなメニューを用意。いずれも美瑛産小麦をはじめ美瑛の食材にこだわった、ここでしか食べられない味わいです。

「美瑛カレーうどん」が食べられる各店の情報はこちらを参照してください。

⑨美瑛選果(青い池から車で30分)

美瑛に来たら、必ず寄りたいアンテナショップ。ミシュラン北海道で1つ星を獲得(※2017年)したレストラン「ASPERGES(アスペルジュ)」に、売り切れ必至の工房直売ベーカリー「小麦工房」、スイーツや軽食のイートイン&テイクアウトができる「選果工房」、旬野菜と美瑛のお土産が購入できる「選果市場」の4つの業態からなる施設です。

美瑛選果
北海道 / おみやげ屋
住所:北海道上川郡美瑛町大町2丁目6地図で見る
電話:0166-92-4400
Web:http://bieisenka.jp/

⑩フラワーランドかみふらの(青い池から車で35分)

ラベンダーの時期のみならず、季節の花々が咲き乱れる広大な花の楽園。新鮮野菜の直売や旬野菜の詰め放題・食べ放題など、花以外の魅力も数多く用意されています。花畑の中を周遊する「遊覧トラクターバス(大人500円/子供300円)」は、お子さんやカップルに人気です。

花畑の開園期間は6〜9月までですが、12月20日~1月15日以外の冬期間も営業しているので、秋冬に青い池を訪れた観光客の方も立ち寄れます。

フラワーランドかみふらの
北海道 / 公園 / 花畑 / 女子旅 / 花畑(6月) / 花畑(7月) / 花畑(8月) / 花畑(9月) / 夏のおすすめ観光スポット / ラベンダー
住所:北海道空知郡 上富良野町西5線北27地図で見る
電話:0167-45-9480
Web:http://flower-land.co.jp/

次のページを読む

北海道の旅行予約はこちら

北海道のパッケージツアーを探す

北海道のホテルを探す

北海道の航空券を探す

北海道の現地アクティビティを探す

北海道のレンタカーを探す

北海道の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年8月21日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。


【2021最新】全国の人気水族館TOP36!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っている順にランキン...

【2020年版】みんなが行った国内の人気観光スポットランキングTOP50!

2020年の1年間にトリップノートアプリでトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に行った国内の人気観光スポットラン...

札幌のおすすめドライブスポット16選!車でお出かけしよう

北海道らしい牧歌的な風景が広がる「さっぽろ羊ヶ丘展望台」や、霊園でありながら、札幌の新名所として話題の「真駒内滝野霊園」、日本で唯一の夜景専用パーキング「幌見峠...

日本の人気の滝TOP30!旅行好きが行っている全国の滝ランキング

華厳の滝や袋田の滝、白糸の滝などをはじめとする日本の有名な滝の中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年8月現在)が実際に行っている順...

この記事を書いたトラベルライター

毎日が旅の途中。写真と言葉とデザインと。
旅行情報誌の編集者(エディター)を皮切りに、コピーライター、ディレクター、デザイナーなどのカタカナ職種を歴任。旅行や観光とは切っても切れない関係で、カメラマンの夫とともに年間100泊近い出張&プライベート旅行をしながら、旅するように暮らしています。

撮影のための年間総走行距離は7〜10万km。年間総撮影枚数もおそらくそれくらい。SAFARI Graphicsの屋号でふたりで活動しております。SAFARIのクレジットが入っている写真はおもに主人が撮影したものですが、月夜野が撮影したものやディレクションのみ月夜野というものもあります。

取材やロケも含め、実体験に基づいた旅レポをどんどんお伝えしていきたいと思います。
撮影・旅レポ・食レポ・泊レポなどお仕事のご依頼もお待ちしています!
https://www.youtube.com/channel/UCqVpkCVUMwSNW2XQZbSrAhQ?view_as=subscriber

札幌から2時間以内!一度は行きたいおしゃれな絶景カフェ8選

絶景の宝庫である北海道。ゆっくりとスイーツやティータイムを味わいながら絶景も眺められたら最高ですよね!この記事では札幌から車で片道2時間以内、わざわざ行く価値の...


【総力取材】これぞ北海道!!大自然が感じられる道東の絶景スポット18選

世界自然遺産である知床をはじめ、多くの大自然を有する道東エリア。ダイナミックで雄大で、これぞ北海道!という絶景がいくつも広がっています。流氷や丹頂鶴、天然記念物...


【札幌すすきの】芸能人も通うこだわりジンギスカン7選!

北海道は美味しいもの、食べたいものがいっぱいあって困っちゃう、なかでもジンギスカンは絶対食べたいんだけどどこがオススメですか?道外の方からそんなふうに聞かれるこ...

【ハワイ・オアフ島】ALL10ドル以下!ハワイのプチプラお土産大集合!

アロハ〜!ハワイでの楽しみの1つと言えば、免税店やセレクトショップでのショッピング!日本未上陸のコスメやMADE IN HAWAIIのハワイアンジュエリーなどに...

【徳島県・鳴門】いつ見る?どこで見る?いつかは見たい世界三大潮流、渦潮!

誰もが一度は聞いたことがある「鳴門の渦潮」。筆者は子供の頃、教科書で初めてその存在を知ったと記憶しています。写真や文章から想像はしていましたが、実際に見た渦潮は...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります