兵庫
兵庫観光
2つの海に面する、観光資源が豊富なエリア

子連れも初心者も安心!【ハチ高原スキー場】(兵庫)

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:44都道府県

2019年2月11日更新

172view

お気に入り

兵庫にある2つのスキー場【ハチ高原スキー場】&【ハチ北スキー場】は山頂でつながっており、合わせれば関西圏では最大級のスキー場となっています!ベテランが楽しめるコースはもちろん、小さな子連れファミリーや、ゲレンデデビューの方にも人気です。今回は、お子様連れファミリーや初心者の方が楽しめる【ハチ高原スキー場】の人気ポイントをご紹介します。

この記事の目次表示

関西圏最大!25本のコース&ゲレンデ【ハチ&ハチ北スキー場】

兵庫県は日本海から瀬戸内海までつながっている県ですが、その内陸にある 鉢伏山(はちぶせやま)氷ノ山(ひょうのせん) はとても自然が豊かで、周辺にはたくさんのスキー場があります。

その中でも【ハチ高原スキー場】【ハチ北スキー場】はつながっていて、合わせて【ハチ&ハチ北スキー場】とも呼ばれています。この2つのスキー場を合わせれば “関西圏最大” となる25本のコース&ゲレンデがあります!

スキーとスノーボード両方が楽しめるコース、そしてベテランはもちろん、ゲレンデデビューの方やお子様も安心して滑れるコースなど、とにかくゲレンデが種類豊富にあるんです。

そんな中でも、今回は初心者や小さなお子様と一緒に楽しく遊べる【ハチ高原スキー場】をご紹介します。

麓は初心者や子供に優しいゲレンデ

【ハチ高原スキー場】“初心者に優しい” ということで人気なのは、ゲレンデが滑りやすいだけではなく、リフト券がとってもお得!という料金面からも言えます。

しっかり平らに圧雪されていて滑りやすい''【グリーンエリア】''

麓のゲレンデはとても幅広で、傾斜も緩やか。ここは【グリーンエリア】と呼ばれています。平らに圧雪されているのでとても滑りやすく、たくさんの初心者が練習していても、ぶつかったりなどの心配もほとんどありません。

グリーンエリアだけならリフト券が安い♪

リフト券も【グリーンエリア】だけであればとっても安い!

例えば、通常の大人1日券だと4,500円。この券があれば、頂上まではもちろん、ハチ北スキー場までいけるのですが、初心者の場合はそこまで行けないので元が取れないですよね。

でも、【グリーンエリア】だけ滑るのであれば 大人2,500円 なんです!子供は 2,000円 。リフトは【ファミリートリプルリフト】で登れるところが最上ですが、それでも練習するには十分な環境です。

【ラクーナ】でリフトに乗るのが怖い方もラクラク練習♪

いくら優しいゲレンデとは言っても、そこを滑るために乗らなければいけないのがリフト。でも「リフトに乗るのがまだ怖い!」というデビューしたての方や、お子様連れの方もたくさんいると思います。そんな方にオススメなのが【ラクーナ】

ラクーナは、いわゆる「ベルトコンベアー式」のムービングベルト。これで雪の傾斜を上まで登ることができます。そんなに長距離ではないので、乗っている時間も短いですし、【グリーンエリア】のリフト券があれば乗り放題です。また、リフトよりも並ばず乗れるというのもとっても良いです♪

滑って転んで雪遊び!とっても楽しい【キッズパーク】

小さなお子様連れの方に大人気なのが 【キッズパーク】!ここに入るだけの場合は大人も子供も 入場料700円 (入退場は何度でも可)かかりますが、半日以上のリフト券、グリーンエリア券を購入していれば無料で入場できます!

キッズパークの対象年齢に下限はなく、上限は小学3年生まで。なので、幅広い年齢の子が遊べるような遊び場がたくさん!

まだソリなどで遊ぶのが心配な小さなお子様は、ひたすら雪で雪だるまを作ったり、登ったり、削ったりして遊べる 穴ほりエリア がオススメ。早朝から、職員さんが柔らかい雪を山のように積んでくれているんです。

また、児童館にあるような滑り台やハウスがあったり、おもちゃなども借りれるのですヨ♪

ちょっと寒くなってきても安心。暖を取れる休憩所もキッズパーク内にあります。

乗り物いろいろ借りられます!

幼稚園くらいになったらソリデビューさせたいですよね!「でもソリはかさばるから持ち歩くには大変…」という方もご安心ください。キッズパークには、ソリを含んだたくさんの乗り物を借りることができるんです。

これは 「スノーライダー」。ストライダーのタイヤにソリをつけている乗り物なのですが、これが大人気!ストライダーを乗りこなしているお子様であれば飛びつくに違いありません。

「スノーチュービング」もスリル満点で大人気!浮き輪のようなタイヤチューブに乗って、斜面を滑り降ります。まぁまぁスピードが出て、子供達も「きゃっきゃ♪」と楽しんでいます。

そして!何と言ってもありがたいのが、ここにもある【ラクーナ】。ソリ、スノーライダー、スノーチュービングで遊ぶ場合は坂の上まで登らないといけないのですが、【ラクーナ】のおかげで移動も楽々♪

ルールを守って安全に遊びましょう

ハチ高原スキー場 のキッズパークは広くていろんな遊び方ができる…とは言っても、小さなお子様にソリなどが突っ込んだりしたら大変!

そんな事故が起こらないように、ソリ、スノーライダー、スノーチュービングはコースが決められていますし、スタッフさんたちがたくさん居て、分からなければ指示してくださいます。キッズパーク内のルールをきちんと守って、安全に遊びましょうね!

次のページを読む

兵庫の旅行予約はこちら

兵庫のパッケージツアーを探す

兵庫のホテルを探す

兵庫の航空券を探す

兵庫の現地アクティビティを探す

兵庫のレンタカーを探す

兵庫の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年2月10日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

関西で女子旅!おすすめの観光・お出かけスポット28選

パワースポットにショッピングスポット、自然に癒されるスポットやインスタ映えスポットなど、旅ツウのトラベルライターがおすすめする、関西の女子旅にぴったりな観光スポ...

クレヨンしんちゃん好き必見のお勧めグッズ10選!【淡路島・ニジゲンノモリ】

淡路島の「ニジゲンノモリ」というテーマパークでは、人気アニメ『クレヨンしんちゃん』とコラボしたアトラクションがたくさんあります。なので、クレヨンしんちゃんのお土...


冬の旅行に!12月・1月・2月におすすめな国内旅行先・観光スポット17選

雪の季節にしか見られない絶景や冬空に映えるライトアップなど、寒い冬だからこそ楽しめる観光スポットが国内にはたくさんあります!12月・1月・2月の冬旅におすすめの...

【関西】回遊?海遊!お得な切符「OSAKA海遊きっぷ」の魅力を紹介!

「OSAKA海遊きっぷ」は、大阪へ向かう交通手段・大阪市内の交通手段・海遊館の入館券がセットになったお得な切符です。利用範囲が広くお得度も高いため、公共交通期間...


日帰りOK!「玉ねぎフォンデュ鯛しゃぶ」&「うずしお温泉」が楽しめる【淡路島 旅館うめ丸】

淡路島といえば玉ねぎや瀬戸内海の海の幸。【旅館うめ丸】では、そんな淡路島の特産品をふんだんに使った料理が堪能できるのですが、中でも【玉ねぎフォンデュ鯛しゃぶしゃ...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...

車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...


グランドサークルを効率よく巡る!一生に一度は見たい6ヶ所の大自然

日本にはない地球規模の大自然を一度にたくさん楽しめるのが、アメリカ合衆国のユタ州、アリゾナ州、コロラド州、ニューメキシコ州の4州にまたがる【グランドサークル】と...

ワシントンDCは政治の街だけじゃない!【ナショナルモール】の魅力

ワシントンDCの街の光景は、日本でもニュースや映画などでよく目にするので、馴染みがあるかもしれません。しかし、1つ1つ実際に見ると、その威厳ある佇まいや規模の大...


【アメリカ】野生の動物を観るのも醍醐味!「イエローストーン国立公園」

“世界で一番最初にできた国立公園”としても有名で、日本でもよく耳にする「イエローストーン国立公園」は間欠泉やプールといった大自然も素晴らしいですが、そこで生きる...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?