石垣島
石垣島観光
美しい青い海を擁する八重山諸島の中心となる島

自然の中のグランピングリゾート!日帰り持ち込みBBQもOK【ヨーカブシ 炎空】(石垣島)

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:44都道府県

2020年8月28日更新

519view

お気に入り

【石垣島 グランピングリゾート ヨーカブシ】では、コンドミニアムやオーシャンビューの部屋などの宿泊施設と、グラマラスBBQができる「炎空」という施設があります。今回は、リーズナブルで持ち込みOKな日帰りBBQプランの過ごし方をご紹介します。

この記事の目次表示

石垣島 グランピングリゾート【ヨーカブシ】とは?

近年、人気が出てきた グランピング 。その語源は、「グラマラス(優雅な) = glamorous」「キャンプをする = camping」を合わせた造語で、 贅沢にアウトドアを楽しむ新しいスタイルのことです。

石垣島にもそんなグランピングリゾートがあります。それが【ヨーカブシ】。沖縄の方言で「明けの明星」を意味する言葉です。

立地は、石垣島の中心地から車で北へ約40分。小さな石垣島なので、繁華街から40分も車で移動すれば大自然のド真ん中です。周囲は山も海もとても綺麗で、石垣島観光の中でも人気の高い「玉取崎展望台」へは車で2分ほど。良い意味で田舎なので、周囲にはほぼ何もなく、夜になると星空がキレイです!

さて、グランピングと一言でいっても、施設によって特徴は様々。【ヨーカブシ】では、リゾートテイスト溢れるホテルと、「炎」をテーマとした 屋外グラマラスBBQ ができる【炎空】が別々になっています。

【炎空】 は、宿泊しないでBBQするだけの利用もOK!宿泊なしの日帰りで楽しむこともできます。今回は、そんな【炎空】をご紹介いたします。

日帰りグランピングBBQができる【炎空】

前述した通り、宿泊施設と、BBQができる場所は別々です。そのBBQできる場所【炎空(ほのそら)】がまた素晴らしいんです!

1箇所ずつ、珊瑚の壁や緑で囲われていて、まるで小さな家のよう。隣のグループが気になることもありません。

テーブルや椅子、クションなどもリゾート感いっぱい!まさにグラマラス。家具にこだわっているなぁ〜というのが伺えます。こういう場所でBBQをするのがまさに “グランピングならではの楽しみ方” ですね。

手ぶらでOK!の超充実した設備

雨の日や、太陽の日差しが強い時でも大丈夫なように設置されたタープはもちろん、各施設に1つ、ハンモックもあります。これは子供に大人気!もちろん大人も。ここでゆったりしながら星空を見上げられたら、とても気持ちが良いと思います。

BBQ料金に含まれているのは、炭以外の全て!包丁やまな板も簡易的なものではなく、ちゃんとしています。炭を追加するときなどに網を持ち上げる時のための鍋つかみ、菜箸やトング、うちわ、キッチンタオルなども揃っています。

また、お皿やカトラリーも素敵!使い捨ての紙皿やプラスチックではないんです。環境に配慮が必要な今の時代にとても好感が持てますね。

さらに、虫除けスプレーもあるなど、「痒いところに手が届いてる〜!」という、“主婦” である筆者も感服の準備の良さです。

時短!炭おこしもお願いできちゃう!

「BBQは炭おこしからやるべし!」とは思いますが、自宅でエンドレスに楽しめるならそれでも問題ありません。しかし、【炎空】では 120分 という利用時間の制限があるんです。

慣れない場所では、炭おこしに1時間弱はかかります。ということは食べて飲んで楽しむ時間が少なくなってしまう…そんな時に、とっても嬉しいサービスあります。

なんと!予約スタート時間に合わせて、スタッフさんが炭をおこしてくれるんです!これはありがたいです。到着したら、早速お肉を “じゅ〜” っとできるんです。

持ち込みもOK!

食材メニューは、「島野菜バーベキューセット 3,900円」や「石垣牛食べ比べセット 4,300円」、また追加できるアラカルトメニューやドリンクメニューなども豊富に用意されていますが、食材や飲み物は持ち込んで、場所だけ借りることも可能です。

場所代の料金は一人1,800円。小学1年生の筆者の息子は無料でした。そして、炭おこしセットは1グループ1,200円、炭は3kgもあるので日帰りであれば十分。これに自分たちで用意する食材だけで済むので、トータル金額はかなりお得になります。

食材を調達する場所ですが、ヨーカブシの周辺では、大きなスーパーマーケットや食材を売っているお店はありません。持ち込みする場合は、市街地にある「マックスバリュー」などの大きなスーパーで事前に買って行くのをお勧めします。

また、場所借りだけの場合は調味料も自分で用意しないといけないので、焼肉のたれ、塩胡椒など買い忘れのないよう気をつけてください。

なお、筆者はスーパーで泡盛とロック用の氷を買い、それを食材の保冷剤代わりにしましたが、心配な方は【炎空】で500円でクーラーボックスをレンタルすることもできます。

BARや炊事場もあります

持ち込みOKとは言っても、ホテルならではのドリンクが飲みたい方は、ぜひBARもご利用ください。

【炎空】では、ドリンクメニューが豊富にあり、BARカウンターの雰囲気がとても良いんです。もちろん、注文すれば席まで持ってきてくれます。

そのすぐ隣には、手を洗う場所、炊事場もあります。

次のページを読む

石垣島の旅行予約はこちら

石垣島のパッケージツアーを探す

石垣島のホテルを探す

石垣島の航空券を探す

石垣島の現地アクティビティを探す

石垣島のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年8月26日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


沖縄料理のおすすめ20選!沖縄名物の食べ物特集

郷土料理からアメリカの食文化の影響を受けたグルメまで、沖縄には独特の料理・食べ物が豊富です。一度は食べてみたい、おすすめの沖縄料理・食べ物をご紹介します。旅行ツ...


石垣・川平湾で旨いもんを食べるならココ!地元の人にも愛されているオススメ居酒屋「味屋じんべい」&「せつか家」

石垣島きっての景勝地として人気の「川平湾」。この辺りの民宿では夕食なしが多いので、どこで食べるか迷ったら、ぜひ「味屋じんべい」や「せつか家」へ!地元客も多く、石...

【竹富島】子連れ宿泊に最適なコテージ「島宿 願寿屋(がんじゅや)」

沖縄県八重山地方の離島【竹富島】の観光は“日帰り”という方がほとんどですが、宿泊しないとわからない魅力がたっぷり!本記事では子連れに最適なコテージステイが叶う、...

石垣島のおすすめ観光スポット・アクティビティ・グルメ26選&足を伸ばしたい離島7選

絶景の宝庫・石垣島。シュノーケリングでサンゴ礁が鑑賞できるビーチや、満天の星空を鑑賞できる展望台など、おすすめの観光スポット・アクティビティをご紹介します。石垣...

石垣島で気軽にBBQできるカフェ【PUFF PUFF(プカプカ)】

石垣島にあるカフェレストラン【PUFF PUFF(プカプカ)】では、沖縄ならではのドリンクや石垣牛など地産地消の料理が楽しめるだけでなく、庭や貸切の屋上でBBQ...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

【岡山県・西粟倉村】ただの田舎じゃないその魅力とは?!

かつて市町村合併が進んだ中、あえて「村」として生きる道を選んだ岡山県の「西粟倉村」。今、ここには若く発想力も豊かでエネルギッシュな人たち、ローカルベンチャーを目...


シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...


日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...

車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...

【フランクフルト】歴史的な見所いっぱい!りんご酒もドイツ料理も美味しい!

通称【フランクフルト】と言われるドイツの都市の正式名称は【Frankfurt am Main フランクフルト・アム・マイン】。世界的にも最大級のハブ空港「フラン...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります