岩手
岩手
独自の麺文化を育む、日本で二番目に広い県

【岩手】溶岩を歩く!? 焼走り溶岩流を散歩しよう!

2018年6月21日更新

258view

お気に入り

岩手県八幡平市に溶岩流が広がる場所があるのをご存知でしょうか?「焼走り溶岩流」と呼ばれ、国の特別天然記念物にも指定されています。今回は、そんな自然遺産 焼走り溶岩流の見所やトレッキングについて詳しく紹介します。

この記事の目次表示

焼走り溶岩流って?

  • 岩手山と焼走り溶岩流

焼走り溶岩流は、岩手県八幡平市にあります。岩手山中腹から流出した溶岩流により形成された場所で、延長は約4km、巾は約1.5kmほどあります。一面に冷え固まった黒い岩石が広がっていて、植物は土のあるところを除きほとんど自生していません。また、国の特別天然記念物にも指定されていて、噴出時期が比較的新しいため、噴出当時の地形を留めた貴重な場所でもあります。

焼走り溶岩流を歩いてみよう!

焼走り溶岩流は、歩道が整備されているため散策することができます。なお、歩道以外の場所は立ち入ることができませんのでご注意ください。

散策前に気をつけたい事

散策路は全長1kmほどあり端から端まで歩くと約1時間ほどかかります。実際に歩く際は以下の点に気をつけましょう。

  • スニーカーや登山靴など靴底がしっかりした靴で歩くことをオススメします。溶岩の道は歩きにくく、パンプスやサンダル、ヒールでは足を痛めたり靴を壊してしまうかもしれません。
  • 夏場に散策する場合は、気温が40度以上にもなる場合があるそうなので、暑さ対策をしてから散策した方が良いでしょう。
  • 焼走り溶岩流では次の行為は禁止されています。溶岩流などの持ち出し、岩石を積み重ねたり破損するなどの行為は文化財保護法で罰せられますので行わないでください。

駐車場に車を止めて、いざ散策!

県道233号線沿いに散策路入り口と駐車場があるので、車を止めて気軽に散策する事ができます。まずは、階段を上がって焼走り溶岩流の中へ向かいましょう!

階段を上がると、そこは別世界。一面に冷えて固まった岩石がゴロゴロ転がっています。歩道は歩けるように整備されていますが、とても歩きにくいので足元に注意しながら歩きましょう

展望台を目指して歩こう!

  • パノラマ撮影した焼走り溶岩流

駐車場入り口から展望台のある場所まで約1kmほどあります。溶岩の中を歩いて向かってみましょう!時間がない方は、駐車場があった場所から県道を歩いて展望台に向かうこともできますよ(約10分)。

散策路内には案内板も

散策路の中には、いくつか看板があります。

それぞれ、溶岩や周辺の自然に関する解説が載っているので、足を止めて景色を眺めながら歩き進めるのも面白いかもしれません。

溶岩や植物を観察

  • こんな色の苔をあちこちで見ることができます。

焼走り溶岩流は、一面黒い岩石が広がっていますが、良く見ると溶岩にくっついて自生する灰色の苔を見ることができます。

  • 分かりにくいですが、手前の少し茶色いところは窪地。その他の場所は少し小高い場所になっています。

また、場所によっては溶岩の流れが観察できたり、わずかにある土から生える植物を観察することができます。自然の恐ろしさと植物の生命力の強さを見る事ができますよ。

岩手山と焼走りを撮ってみよう

散策路の後半にある3つめの看板あたりは、岩手山と焼走り溶岩流がカメラに収めやすいポイントです。晴れていると岩手山の山頂も見えるので、フェトジェニックな一枚が撮れそうです。

なお、散策路には、登ったり降りたりする道もあります。高低差はそんなにありませんが、少し大きな岩石がゴロゴロしている所もあるので最後まで気をつけて歩きましょう。

展望台からは岩手山と焼走りを一望

  • 奥の林の方に展望台があります。

1時間ほど歩くと、出口の展望台が見えて来ます。階段を降りて展望台に登ってみましょう。

展望台からは、岩手山と焼走り溶岩流を一望することができますよ。また、宮沢賢治の歌碑もあるので、興味のある方は読んでみるのもいいかもしれません。展望台からの景色を楽しんだら、県道を10分ほど歩いて駐車場へ戻ります。


アクセス

焼走り溶岩流は、冬季を除き自由に見学することができます。アクセスは、車または、タクシーが便利です。車での移動の場合、県道233号線沿いに駐車場があるのでそちらを利用するといいでしょう。なお、近隣にはトイレ、オートキャンプ場、日帰り温泉、天文台、キャビン村などもあります。

  • 車:東北自動車道 西根ICから県道233号線 経由 約9分
  • タクシー:大更駅から約15分

焼走り溶岩流を歩いてみて

岩だらけの道を歩くので、筆者は足元を見ながら1時間ほどかけてゆっくり歩きました。散策路は、全ルートを歩かなくても自然の凄さを実感できます。目の前に広がる光景は、普段とは異なる非日常の世界で、自然の恐ろしさや凄さを改めて感じることができますよ。ぜひ、岩手県八幡平市を訪れた際には足を運んで見てくださいね。

焼走り溶岩流
岩手 / 自然・景勝地
住所:岩手県八幡平市平笠
電話:0195-78-3500

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月16日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

岩手の定番・観光スポットならココ!17選

中尊寺や毛越寺をはじめとする世界遺産に、浄土ヶ浜、厳美渓といった景勝地など見どころが多い岩手県。これらの観光スポットはもちろん、わんこそばや冷麺、じゃじゃ麺とい...

【岩手県】ここだけは行きたい!定番のおすすめ観光スポット5選

北海道に次いで広い面積をほこる岩手県は、世界遺産の「平泉」をはじめ、リアス式海岸で知られる「浄土ヶ浜」や「龍泉洞」など、歴史的建造物やうつくしい景勝の宝庫!日本...

日本で一番、星空が見やすい場所!岩手「ひろのまきば天文台」

2007年度、環境省の冬期全国星空継続観察によって、日本一星空が見やすい場所に選ばれた「ひろのまきば天文台」。牧場のなかに立つ360°見渡せる天文台からは、キラ...

岩手・三陸の景勝地「浄土ヶ浜」で、”青の洞窟”へ行ってみよう!

三陸がほこる、国の名勝「浄土ヶ浜」。まるで浄土のように美しいこの場所には、「青の洞窟」の異名をもつ魅惑のスポットがあるんです。ここでは浄土ヶ浜や青の洞窟の見どこ...

自然がつくりあげた神秘的な世界!行ってみたい日本の鍾乳洞10選

ひんやりとした神秘的な世界が広がる鍾乳洞は、洞内の温度が12〜17度にほどに保たれているところが多く、とくに夏旅におすすめ。鍾乳洞とは石灰岩が雨水や地下水の浸食...



この記事を書いたトラベルライター

ドライブ好きの自由気ままなトラベラー
はじめまして。空いた時間を利用して、ドライブ旅をよくしています。国内旅行がメインですが、景色がキレイなドライビングスポットや、旅先の楽しい、普段できない体験など、実際に足を運んで感動した・楽しかった旅をご紹介したいと思っています。どなたかの旅の参考になれば幸いです。
http://n-tabi.com/

【新潟県】樹齢90年の美しいブナの森「美人林」を散策するモデルコース

東京から新幹線で70分ほどの場所にある、新潟県十日町市。自然豊かなこの場所は、冬になると3m以上も雪が積もるそうです。そんな十日町市にある、美しいブナ林を散策し...

喫茶店文化が残る盛岡市で訪れたいクラシカルな喫茶店7選

喫茶店文化が残る盛岡市には、地元の人に愛されてきた喫茶店が多数存在しています。そんな盛岡市を旅するなら、街歩きをして喫茶店に立ち寄ってみるのはいかがでしょうか。...

1泊2日仙台で工場見学&ビールと温泉を満喫する旅!

仙台を旅するときに、いつもとちょっと違う体験をしたい方には、キリンビールの工場見学がオススメ!見学後は美味しいビールを試飲し、併設レストランでまたビールを飲み....

弘前観光でオススメ!スカイラインをドライブして岩木山の絶景を見よう

弘前市内にはたくさんの見所がありますが、今回は街の中心部から少し離れた岩木山を紹介します。岩木山に登るには、カーブが69か所も続く津軽岩木山スカイラインをドライ...

田沢湖・角館を旅するなら泊まりたい!美しい里山と古民家に心癒される宿・侘桜

田沢湖や角館へ旅するなら、美しい里山の風景と茅葺き屋根の古民家を堪能できる宿「侘桜(わびざくら)」がオススメです。観光地にも近い山あいに佇む「侘桜」は、古民家を...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?