神奈川
神奈川観光
観光やレジャー目的での日帰り旅行者が多い地域

【神奈川】初心者にも人気の陣馬山 あこがれの360度大パノラマ!

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:47都道府県

2020年3月12日更新

399view

お気に入り

この記事の目次表示

山頂の休憩は?

山頂は施設がいろいろ整っています。まず自炊派にはありがたいテーブルとイスが設置されています。多くの人がガスバーナーやコッヘル(鍋)を持参して、各々料理を楽しんでいました。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoテーブルとイス

自炊派じゃなくても大丈夫。山頂にはお茶屋さんがいくつかあります。その一つ「清水茶屋」にお邪魔してみましょう。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto清水茶屋

軽食やドリンクなど販売されています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoメニュー
  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoドリンク

オーダーするとフードコートのように番号札を渡されるので

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto番号札

奥のスペースで番号が呼ばれるのを待つ、というシステムです。混雑しているときは、少々待つことになりますが、ここからも富士山や広大なパノラマが楽しめるので飽きることはないでしょう。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoイートインスペース

また山頂にはトイレもあります。しかし、街中のトイレと違って水道や照明などが揃っているわけではないので、ウエットティッシュや足元を照らすためのヘッドライトなど用意いしたほうがいいでしょう。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoトイレ
清水茶屋
相模原市 / その他レストラン
住所:神奈川県相模原市緑区佐野川5地図で見る
Web:http://info-fujino.com/meal/484.html

下山へ!

さあ十分に休憩をとった後は下山です。下山のルートはいろいろありますが、今回は藤野駅に戻るルートで帰るので、清水茶屋の奥にあるコースを進みます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto清水茶屋の奥にある案内板

「和田バス停」と書かれた方面に進みます。ここで少々注意していただきたいのが、帰りの階段がとっても滑るんです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto帰りの階段

写真を見てもわかるように、中央の道がぬかるんでいるのです。歩くと、ぬちゃ~っと泥が足の裏にくっついてくる感じで少々歩きにくいです。慎重に歩かないと転ぶので気を付けて!(派手に転んでいる方もいました)

とはいえぬかるんでいる場所はそんなに長くありませんのでご安心を。抜けてしまえば、あとはなだらかな坂道をくだっていくだけです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto下山

4キロほど下ると、舗装路にでます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto山道が終了し、舗装路へ

あとは住宅地の間にある1本道を15分ほど下っていけば、バス停のある道路まで到着します。

下山後のお楽しみ

筆者が下山したころは、バスの到着まで少々時間があったので、少し歩いて「陣馬登山口」というバス停まで歩き、

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto陣馬登山口

その先にある「鈴木商店」にお邪魔しました。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto鈴木商店

バスを待つあいだのお目当ては、藤野の名産「ゆず」を使ったご当地炭酸飲料「藤野ゆず坊サイダー」をゲットするためです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto藤野ゆず坊サイダー

ゆずの酸味とはちみつの甘さは、下山後の疲れた体に染みます。1本250円なので、ぜひ購入されてみては?ちなみに鈴木商店の方が栓を抜いてくださり、店の前にあるベンチをお借りして味わいました。ゆっくり味わったちょうどいいころ合いに藤野行きのバスがやってきました。

鈴木商店
相模原市 / その他ショッピング
住所:神奈川県相模原市緑区澤井1040地図で見る
電話:042-687-2636
Web:http://info-fujino.com/kaiinn/609.html

おわりに

いかがでしたか?全体的に歩きやすく、頂上の休憩施設も充実している陣馬山。なにより、展望が抜群なのが、この山の特長です。

ところで、こちらの案内板を見てみてください。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto陣場山

これまで記事中で「陣馬山」と表記してきましたが、案内板は「陣場山」です。

実は昔は「馬」ではなく「場」のほうが使われていたんです。諸説あって、戦国時代に武将が陣をはったから「陣場」となった説、カヤを刈る場として使われており、カヤの代表的な種類であるチガヤを刈る場「チガヤ場」がなまって「陣場」になった説があります。そして、現在使われている「陣馬山」はその名の通り、馬の陣を張ったことからと、名前の由来が諸説あるのが面白いですよね。

初心者にはとってもおススメの山なので、これから山を始める人はぜひ候補に入れてみてくださいね!

陣馬山
関東 / 自然・景勝地
住所:神奈川県相模原市緑区澤井地図で見る

神奈川の旅行予約はこちら

神奈川のパッケージツアーを探す

神奈川のホテルを探す

神奈川の航空券を探す

神奈川の現地アクティビティを探す

神奈川のレンタカーを探す

神奈川の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年3月11日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


最高の展望がずっと続く山【神奈川・仏果山~高取山~宮ケ瀬湖】

神奈川県丹沢山(たんざわさん)系の仏果(ぶっか)山と高取山は、登山道のいたる所で展望が楽しめ、かつ標高差が400メートル程度と初心者やお子様連れでの登山におすす...


【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

初めての縦走チャレンジにもオススメ!陣馬山から目指す高尾山

奥高尾縦走といわれている「陣馬山~高尾山縦走」についてご紹介します!縦走ときくと、少し構えてしまう方も多いかもしれませんが、コースは整っていて、エスケープルート...

いざアルプスへ!湘南アルプスをゆるゆる攻略【湘南・大磯】

アルプスといえば登山者の間で憧れの山。通常日本でいうアルプスとは、本家ヨーロッパの山脈ではなく、飛騨・木曽・赤石山脈の日本アルプスを指します。この日本アルプスか...

日本とは思えない!まるで古代遺跡みたいな山【神奈川・鷹取山】

神奈川県の鷹取山をご存知ですか?垂直に切り立った岩が壁のように次々と現れ、その奥にたたずむ巨大仏像が、なんだか古代遺跡のような、いにしえの雰囲気が満載の山です。...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...


【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

天下の難所・箱根旧街道をちょっとズルしてハイキング【神奈川・箱根】

箱根といえば日本でも有数の温泉地です。平日・休日問わず、多くの観光客が訪れます。日本の温泉地ランキングでは、常に上位に挙がるほど人気で定番ともいえるエリア。その...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります