金沢
金沢観光
3つの茶屋街や武家屋敷跡など情緒ある町歩きが楽しい

まるで建物博物館!金沢で見たいレトロな建物15選

取材・写真・文:

2017年1月6日更新

6,284view

お気に入り

金沢の街を歩いていると、まるで建物博物館のように近代建築やレトロな洋風の建物に出会うことができます。第二次世界大戦の空襲を免れた金沢には、歴史的建造物が今も多く現存しているんですね。観光の途中に少し、通りに建つ建物に目を配ってみてください。思わず写真を撮りたくなってしまう建物が見つかりますよ。

この記事の目次表示

【1】金沢文芸館

  • 金沢文芸館

ひがし茶屋街や主計町茶屋街にも近い、金沢市橋場町交差点に建ちます。2004年に国登録有形文化財に登録されました。建築されたのは昭和4年(1929年)。もとは銀行だった建物を金沢市が改修し、現在は文芸館として利用されています。当時の雰囲気をそのまま活かした外観はとってもお洒落。この辺りを歩いている「あの素敵な建物はなんだろう?」と一目みて、それだとわかります。日没から夜10時までのライトアップも美しい。

金沢文芸館
金沢 / 建造物 / 博物館・美術館
住所:石川県金沢市尾張町1-7-10地図で見る
電話:(076)263-2444
Web:http://www.kanazawa-museum.jp/bungei/

【2】町民文化館

  • 町民文化館

明治40年(1907年)に金沢貯蓄銀行として建てられました。昭和51年7月に北陸銀行尾張町支店としての役割を終了し、現在は町民文化館として利用されています。外観は黒漆喰仕上げの塗篭土蔵造り、内部は白漆喰仕上げで和洋折衷。館内には旧銀行の窓口や頭取室がそのまま展示されており、当時の様子に思いを馳せることができます。開館は土日祝のみ、入館は無料。 年に4回の企画展示と季節展示(天神堂・雛飾り・端午の節句)を通して、昔の生活や「金沢ならでは」の資料を中心に紹介しています。石川県の有形指定文化財に登録されています。

町民文化館
金沢 / 建造物
住所:石川県金沢市尾張町1丁目11−8地図で見る
電話:076-222-7670
Web:http://www.owaricho.or.jp/places/bunka.html

【3】金沢くらしの博物館

  • 金沢くらしの博物館

もとは明治32年(1899)に、石川県第二中学校の校舎として建てられた木造校舎です。 昭和53年(1978)6月に金沢市民俗文化財展示館として開館し、町家のくらしを思わせる生活用品などを展示。その後、親しみやすい名称にしようと「金沢くらしの博物館」になりました。年に4回の企画展示と季節展示を通して、昔の生活や金沢ならではの資料を中心に紹介。金沢市の指定文化財に登録されています。

金沢くらしの博物館
金沢 / 建造物 / 博物館・美術館
住所:石川県金沢市飛梅町3−31 紫錦台中学校敷地内地図で見る
電話:076-222-5740
Web:http://www.kanazawa-museum.jp/minzoku/

【4】西検番事務所

  • 西検番事務所

金沢三大茶屋街のひとつ、にし茶屋街に建ちます。2003年(平成15年)7月1日に国登録有形文化財に指定されました。建築されたのは大正11年(1922年)。芸妓衆の稽古場兼、管理事務所として建てられたもので、洋風の事務所棟と、中庭を隔て背後に木造2階建ての和風の稽古場から成ります。明治期に流行したバージボードつきの玄関ポーチが特徴的。現在は会議やイベントに利用されるほか、今でも芸妓さんの稽古場として利用されることがあります。

西検番事務所
金沢 / 建造物
住所:金沢市野町2丁目25番17号地図で見る
Web:http://www4.city.kanazawa.lg.jp/11104/bunkazaimain...

【5】北陸学院ウィン館

  • 北陸学院ウィン館

明治21年(1888年)に建てられた、金沢に現存する最古の異人館。兼六園近くにある北陸学院内に建ちます。プロテスタントのアメリカ人宣教師トマス・ウィンが、宣教師会議や家族の宿舎などに利用するために建築したもので、現在は北陸学院が所有。北陸学院ウィン館として一般公開し、北陸学院の歴史史料を展示しています。昭和58年(1983年)に金沢市指定保存建造物に登録されました。

北陸学院ウィン館
金沢 / 建造物
住所:金沢市飛梅町1番10号地図で見る
Web:https://www.hokurikugakuin.ac.jp/130/event/win.htm...

【6】石川県立歴史博物館

  • 石川県立歴史博物館

赤レンガ建物3棟から成る「石川県立歴史博物館」。かつて陸軍兵器庫として建てられ、戦後は金沢美術工芸大学として使われていました。そして昭和61年(1986年)に石川県立歴史博物館として開館するにあたり、外観は創建当時の姿を忠実に復元し、内装は建物の文化財としての価値を尊重しながら新装。平成2年(1990年)には国の重要文化財に指定され、翌年には日本建築学会賞を受賞しました。

石川県立歴史博物館
金沢 / 博物館・美術館 / 観光名所
住所:石川県金沢市出羽町3−1地図で見る
電話:076-262-3236
Web:http://ishikawa-rekihaku.jp/

【7】石川県庁舎石引分室

  • 石川県庁舎石引分室

明治31年(1898年)に旧陸軍の将校クラブとして、金沢市大手町に建てられた木造2階建て。明治42年(1909年)に兼六園すぐそばの現在地に移転し、増改築が加えられ現在の姿になりました。マンサ-ド風の屋根を持つ中央棟、そして左右に寄棟の翼屋がつく左右対称型。明治期の庁舎建築をよく表しています。土日祝には日没〜22:00までライトアップされ美しさを増します。平成9年(1997年)12月12日に国登録有形文化財に指定。

石川県庁舎石引分室
金沢 / 建造物
住所:石川県金沢市石引4-18-3地図で見る

【8】石川四高記念文化交流館

  • 石川四高記念文化交流館

香林坊大和のすぐそば、いしかわ四高記念公園内に佇む美しい赤レンガ造りの建物。明治24年(1891年)に建築され、明治26年から約60年のあいだ旧制高等学校(中学校)として使用されていました。石川四高記念文化交流館は、四高の歴史と伝統を伝える展示や旧四高の教室を多目的に利用できる「石川四高記念館」と、室生犀星など石川県ゆかりの文学者の資料を展示する「石川近代文学館」で構成されています。石川近代文学館は有料ですが、石川四高記念館は入館料無料。日没~22:00までは建物を浮かび上がらせるライトアップを行っています。

石川四高記念文化交流館
金沢 / 建造物
住所:石川県金沢市広坂2丁目2−5地図で見る
電話:(076)262-5464
Web:http://www.pref.ishikawa.jp/shiko-kinbun/

次のページを読む

金沢の旅行予約はこちら

金沢のホテルを探す

金沢の航空券を探す

(能登空港)

(小松空港)

金沢のパッケージツアーを探す

金沢の現地アクティビティを探す

金沢のレンタカーを探す

金沢の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年2月13日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

3月・4月・5月の国内おすすめ旅行先23選!春がベストシーズンの旅先に出かけよう

春(3月・4月・5月)におすすめの国内旅行先を月ごとにご紹介!春休みの家族旅行や、カップルでのお出かけにぴったりな旅先を全国から厳選しました。週末の1泊旅行でも...

温泉街が楽しい温泉15選!風情のあるおすすめ温泉街特集

せっかく温泉に泊まるなら、風情のある温泉街のそぞろ歩きを楽しみたいもの。国内の有名温泉地の中から、温泉街の散策も楽しめる温泉を厳選してご紹介します。


6月・7月・8月の夏旅におすすめの国内旅先23選!夏休みの旅行先にも

夏(6月・7月・8月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を、月ごとにご紹介します!夏休みやお盆休みなどの家族旅行や、カップルでのお出かけにもぴ...

シンガポール旅行の人気お土産「アーユルベーダ石鹸」徹底ガイド

シンガポールのお土産として、女性に大人気なアーユルベーダ石鹸(せっけん)。アーユルヴェーダというインドの伝統医学をもとに作られている100%植物性の石鹸で、お肌...


秋の旅行に!9月・10月・11月の秋旅におすすめな国内旅先16選

9月、10月、11月の秋の時期におすすめの国内旅行先を、月ごとにご紹介します!家族で、カップルでのお出かけが楽しい秋。紅葉はもちろん、この時期ならではの美しい景...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?