『ローマの休日』ロケ地を巡って街歩き

取材・写真・文:

イタリア在住
訪問エリア:15ヶ国
2018年4月24日更新

映画『ローマの休日』は、オードリー・ヘプバーンが主演で1953年に制作された映画ですが、今でも世界中の人々を魅了し続けている有名な映画です。この映画によってとても人気の観光名所になった場所もあります。映画観賞してからローマの街を歩いてみるのも楽しいかもしれませんね。

ローマ   観光スポット世界遺産映画ロケ地

 

映画『ローマの休日』のあらすじ

写真:Mirai

映画『ローマの休日』のポスターと写真

映画『ローマの休日』では、オードリーヘプバーンがとある国のアン王女を、グレゴリー・ペックが新聞記者を演じています。

映画ではアン王女がヨーロッパの国々を訪問しています。ローマを訪れた際、毎日の堅苦しい任務に嫌気がさした王女は寝室でパニック状態になったため鎮静剤を打たれますが、その後こっそり宮殿を抜け出します。鎮静剤が効いてきたため眠ろうとしていたアン王女を新聞記者のジョーが見つけ、仕方なく家に連れて帰ります。

次の日、自分の部屋に寝ているのが宮殿を抜け出した王女と気付いたジョーは、スクープとして新聞社に高く買ってもらおうと画策します。しかし2人とも身分を明かさないまま時を過ごすうちに惹かれあっていきます。コメディ要素もあり、美しく切ない、観る人の心をきれいにしてくれるようなラブストーリーです。

それでは、映画『ローマの休日』に登場するロケ地13ヶ所をご紹介します。

【1】ブランカッチョ宮殿

写真:Mirai

ブランカッチョ

アン王女の寝室、舞踏会のシーンで使用されました。ナポリの貴族、メアリー・エリザベートとサルバトーレ・ブランカッチョの依頼により、1880年から建設が始まりました。

現在は、国立オリエント博物館として東洋の芸術作品が展示されています。建物の一部はイベント会場や結婚式の会場として使用されていますが、予約すると見学ができます。

ブランカッチョ宮殿

住所:Viale del Monte Oppio,7 Roma

電話:064873177

Web:http://www.palazzobrancaccio.c...

【2】バルベリーニ宮殿

写真:Mirai

バルベリーニ宮殿

アン王女がトラックの荷台に乗って、滞在先の大使館から抜け出すときに映し出される門はバルベリーニ宮で撮影されました。最後の方の2人の別れのシーンで、アン王女が車から降りた時にも登場します。

典型的なバロック式の宮殿で、1600年代に活躍した建築士3人(カルロ・マデルノ、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ、フランチェスコ・ボッロミー二)によって建てられました。今は国立古典絵画展として、ラファエロ、カラヴァッジォなどの絵画が展示されています。

バルベリーニ宮殿

住所:Via delle Quattro Fontane,13 Roma

電話:064814591

Web:http://www.barberinicorsini.or...

【3】共和国広場

写真:Mirai

共和国広場

アン王女がトラックの荷台から降りた場所が共和国広場です。メトロのRepubblica駅を出てすぐの場所にある広場で、ローマの中心といえるテルミニ駅からも、歩いて5分くらいです。

共和国広場

住所:Piazza della Repubblica,Roma Italy

【4】フォロ・ロマーノ

写真:Mirai

フォロ・ロマーノ

アン王女とジョーが出会った場所です。アン王女はこのフォロ・ロマーノをバックに眠ろうとしていて、通りかかったジョーが起こしてタクシーに乗せてあげます。

フォロ・ロマーノとは古代ローマの公共広場という意味で、「すべての道はローマに通ず」という言葉の生まれた場所でもあります。ここがイタリアのすべての道の終着点となることを目指して、カエサル・アウグスツスがフォロ・ロマーノに石柱を立てました。

かつては神殿や凱旋門、裁判所などが建っており、今もなお発掘作業が続いています。

フォロ・ロマーノ

住所:Via di San Gregorio,30,00100 Roma

【5】コロッセオ

写真:Mirai

コロッセオ

タクシーに乗り、家はどこかとジョーから聞かれたアン王女は「コロッセオ」と答えます。映画の中ではその後、観光でも訪れています。

コロッセオは円形競技場として古代ローマ市民の娯楽のために、皇帝ヴァスパシアヌスによって建設されました。剣闘士同士の闘いや動物との闘いが見世物にされ、5万人以上の観客を収容できました。近くで見るとその存在感に圧倒されます。

コロッセオ

住所:iazza del Colosseo, 1, 00184 Roma

【6】ジョー・ブラドリーのアパート

写真:Mirai

ジョー・ブラドリーのアパート

写真:Mirai

ジョー・ブラドリーのアパート

どこが家か答えないままタクシーの中で寝てしまったアン王女を、ジョーが連れて帰ってくるアパートの住所が「マルグッタ51番」です。アパートを出て少し歩くと、アン王女が買い物を楽しんだ青空市場のある Bocca di Leone 通りが出てきます。

今でもローマ市民の住居となっていますので、見学は外観のみです。

マルグッタ51番地(ジョー・ブラドリーのアパート)

住所:Via Margutta 51,Roma ltaly

【7】トレヴィの泉

写真:Mirai

トレヴィの泉

アン王女がジョーの家を出て、ふらりと美容室に入るシーンの前に通ります。ローマは噴水の多い街ですが、特に有名な、美しい噴水です。

泉の水は、ローマ市内から13キロ程離れたところから引かれている水路を通ってきます。ベルニーニが手がけ、ニコラ・サルヴィが完成させました。海がテーマになっていて、中央にはギリシャ神話の中で海を司る神である、ポセイドンの像があります。

トレビの泉

住所:Piazza di Trevi, 00187 Roma

【8】スペイン広場

写真:Mirai

スペイン広場

アン王女がスペイン階段でジェラートを食べていると、後をつけていたジョーが偶然を装って再会する場所です。今は保全のため、階段でジェラートを食べることはできません。17世紀、広場の南側にスペイン大使館があったためスペイン広場と名づけられました。137段あるスペイン階段を上まで登っていくと、ローマ市内を一望できます。

スペイン広場

住所:Piazza di Spagna, 00187 Roma

【9】パンテオン

写真:Mirai

パンテオン

パンテオン近くのRocca Caféというカフェでシャンパンを飲んだアン王女。今Rocca Caféはありませんが、パンテオン近くにはおいしいカフェがたくさんあります。

パンテオンは、高さと直径どちらも43.3メートルで、石で造られたドーム型建築物としては世界最大の傑作と言われています。アグリッパにより紀元前27年に建設されましたが一度消失し、ハドリアヌス帝によって118年から128年までの間に再建されました。元々はローマの全ての神々のために建てられた神殿でしたが、後にカトリックの聖堂となりました。

パンテオン

住所:Piazza della Rotonda,00186 Roma

【10】ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂

写真:Mirai

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂

映画では、スクーターに乗った2人がローマの街を走るときに、この建物の前を通ります。暴走したために警察に止められるシーンです。

記念堂は1870年にイタリア半島を統一し、イタリア王国を設立したエマヌエーレ2世を記念するために建てられました。記念堂の前に、馬に乗ったエマヌエーレ2世の像があります。1911年に完成したヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂は、ローマの建造物の中では新しいと言えます。ここには無名戦士の墓もあります。

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂

住所:Piazza Venezia,00186 Roma

【11】真実の口

写真:Mirai

真実の口

ジョーが真実の口に手を入れると手がなくなっていて、アン王女は驚きのあまり叫びます。お茶目なグレゴリー・ペックのアドリブだったそうです。Santa Maria in Cosmedin教会の外壁にあります。真実の口は、海神の顔がモチーフにされた、古代の井戸の蓋だったといわれています。

真実の口

住所:Piazza della Bocca della Verità,18,00186 Roma

サンタ・マリア・コスメディアン教会

住所:Piazza della Bocca della Verità,18,00186 Roma

【12】サンタンジェロ城

写真:Mirai

サンタンジェロ城

アン王女は美容師からテベレ川の船上パーティーに誘われます。パーティー会場から見えている建物はサンタンジェロ城。アン王女を連れ戻すための追っ手から逃れるため、2人は川に飛び込み、Ponte Vittorio Emanuele IIの橋の下まで泳ぎます。

サンタンジェロ城は、139年にハドリアヌス帝の霊廟として建設され、後に軍事施設や牢獄などに転用されてきた建築物です。建物の頂上に見えるのは、剣を持つ天使の長ミカエルの像です。

写真:Mirai

Ponte Vittorio Emanuele II の橋の下から見たサンタンジェロ城

サンタンジェロ城

住所:Lungotevere Castello, 50, 00193 Roma, イタリア

【13】コロンナ宮殿

写真:Mirai

画像はコロンナ宮殿の外壁に展示されている写真パネルより

アン王女が記者会見を行うシーンで使用されました。記者として現れたジョーとアン王女がここで再会します。

ローマの貴族、コロンナ家の依頼により建てられました。外観は地味な建物ですが、中に入るとその豪華絢爛さはベルサイユ宮殿以上とも言われています。土曜日の午前中のみ開館していますが、予約をすると土曜日以外でも見学できます。

コロンナ宮殿

住所:Via della Pilotta,17 Roma

電話:066784350

Web:http://www.galleriacolonna.it

ローマの旅行予約はこちら

◆ ローマのパッケージツアーを探す

◆ ローマのホテルを探す

◆ ローマの航空券を探す

◆ ローマの現地アクティビティを探す

◆ ローマのWi-Fiレンタルを探す

トラベルライター

のんびり旅がお気に入り

旅をすると、色々な人や景色と出会い、新たな発見があるので楽しいです。今日はゆっくり家にいようかなという日に、あえて足を伸ばして、緑の多いところにハイキングや散歩に出かけると、気分も体もスッキリ!この爽快感がたまりません。今はイタリアに住んでいるので、ヨーロッパの散歩コースや食べ歩きスポットも開発していきたいと思っています。

同じテーマの記事

◎イタリア◎世界遺産めぐりを楽しむ!イタリア7泊9日周遊コース

イタリア / 観光スポット / 世界遺産 / モデルコース

★イタリア・ローマ★フォトスポット7選

ローマ / 観光スポット / フォトスポット

ここだけは押さえよう!ローマ観光へ行くなら、必須の6スポット。

ローマ / バチカン / 観光スポット / 歴史

【イタリア・ローマ】市内のおすすめ観光名所&日帰り観光スポット28選!

ローマ / 観光スポット / 世界遺産 / 博物館

歴史ロマン息づく地・ローマの観光スポット9選

ローマ / バチカン / 観光スポット

あなたにオススメの記事

    
最新の情報を見る