沖縄本島
沖縄本島観光
世界遺産や日本一の水族館がある日本屈指の観光県

【沖縄】ジャグジーから満天の星空も!カヌチャリゾートで過ごす休日

取材・写真・文:

愛知在住
訪問エリア:44都道府県

2018年2月27日更新

2,211view

お気に入り

写真:mikish

今度の大連休はリゾートへ行こう!という時にまず思いつくのが沖縄ですよね。今回は、沖縄県に数あるリゾートホテルの中でも広大な敷地面積を誇る「カヌチャベイホテル&ヴィラズ」でのリゾートステイについてご紹介します!

この記事の目次表示

カヌチャベイホテル&ヴィラズ(カヌチャリゾート)について

  • 写真:mikish

カヌチャリゾートは沖縄県の中でも自然豊かなヤンバル地域である名護市にあり、広大な敷地面積(80万坪、外周約3km!)に、客室数295室を備えた一大リゾート施設。

  • 写真:mikish

ゆったりとした客室と静かな自然環境が特徴のこちらのリゾートでは、一年を通して様々な楽しみ方ができます。

リゾートを満喫する!カヌチャリゾートの魅力

くつろぎの拠点☆お部屋

  • 写真:mikish

ベッドで目覚めたら窓の外には朝陽が輝く美しい景色、さぁ今日は何をして過ごそうかなぁ、なんてまどろむのがリゾートのお部屋でのお楽しみ。

できれば広いお部屋が嬉しいものですが、ここカヌチャリゾートの客室は全室49平米以上となっています。敷地内の様々なロケーションに9種類の客室棟があるので、滞在中の過ごし方に合わせて自由に選ぶことができますよ。

ビーチに近い部屋、レストランに近い部屋、プールに近い部屋、見晴らしの良い部屋、屋外ジャグジー付きの部屋などなど、あなたの好みはどのお部屋でしょうか?

  • 全客室一覧はこちらをご覧ください。
  • 写真:mikish

こちらはビーチにほど近い「オーキッド棟」3階のお部屋です。ツインの客室なのですが、大きなデイベッドも一台あり、日中まどろむのにとても便利。壁一面の大きな窓からは沖縄ブルーの海が一望でき、リゾート気分が盛り上がるお部屋です。

  • 写真:mikish

バスルームも広々!特に洗い場が広く、お子様連れにも嬉しい空間です。湯船もゆったりサイズですので、男性でも足を伸ばして入浴することができますよ。

  • 写真:mikish

旅行へ行く際は、アメニティが充実したホテルですと荷物が軽くなり便利ですよね。カヌチャリゾートのお部屋にはアメニティが一通り揃っていますので(ソーイングセットまであります)安心して出発できます。

こちらの写真はカヌチャベイホテルのオリジナル基礎化粧品で、クレンジングジェルと化粧水、保湿ジェルです。沖縄県の原料を使った化粧品で、お肌も喜びます♪ちなみにこの基礎化粧品は、敷地内にあるショップで購入することもできますのでお土産にも◎ですよ。

  • 写真:mikish

そしてこちらのお部屋の一番の特徴が、屋外ジャグジーです!美しいビーチと空を眺めながら入るジャグジーは、これぞリゾート、まさに極楽の一言です。旅の思い出にここで写真をたくさん撮って、SNSにアップするのもいいですね。リゾート感100%の写真に、いいね!をもらえそうです。

さらに、夜になるとこのジャグジーからはライトアップされたガーデンプールを臨むことができるだけではなく、晴れた日には「満天」の星空も見ることができるのです!

大きなホテルが林立しているエリアから離れているからこその大自然の絶景とヤンバルの静かな夜を、是非お楽しみくださいね。なお、こちらのジャグジーは立ち上がるとビーチやプールから見える位置にありますので、水着の着用がマストです。

青い空と海、白砂は絶対☆ビーチ

  • 写真:mikish

南の島のリゾートと言えば、美しいビーチですよね。カヌチャリゾートにはプライベートビーチがあるので、人の少ない砂浜でのんびりと過ごすことができます。天気が良ければすぐ近くにあるビーチレンタルカウンターでビーチパラソルとベンチを借りて(2,500円~/日)オリオンビールを飲むのも良いですね。

ビーチのすぐ近くには浅い屋外プールもありますので、小さなお子様と一緒でも家族全員が楽しめるエリアとなっています。ビーチレンタルカウンターではパラソルの他、浮き輪(1,000円~/日)や砂遊びセット(500円~/日)の貸し出しもありますよ。

なお、11月から2月の冬季限定でプロジェクションマッピングやイルミネーションイベントが行われるのもこちらの屋外プールで、その期間は夜間「ルミナスガーデンカフェ」が営業されます。ビーチと屋外プールの営業は4月~10月となっています。

雨の日だってリゾートです☆屋内プール

  • 写真:mikish

美しいリゾートである沖縄県ですが、亜熱帯気候のため雨が降ることも多い地域。念のため「雨の時はどう過ごすか」ということも計画してから旅行に出発したいところです。

その点、カヌチャリゾート敷地内の北東にある「レインフォレスト棟」では、雨の日も冬の日もしっかり遊べるので安心ですよ。こちらの施設内は南国ムードたっぷりなインテリアで、空調もちょっと汗ばむくらいですので、屋内に居ながらもリゾート感抜群です。なお、こちらではタオル、浮き輪やビート板を借りられます。

  • 全天候型プール「レインフォレスト」利用料金:大人1,500円・子供500円
  • ビーチ・プールについての詳細はこちらをご覧ください。

次のページを読む

沖縄本島の旅行予約はこちら

沖縄本島のパッケージツアーを探す

沖縄本島のホテルを探す

(沖縄本島南部)

(沖縄本島中部)

(沖縄本島北部)

(中部・北部)

(那覇・南部)

沖縄本島の航空券を探す

沖縄本島の現地アクティビティを探す

沖縄本島のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年1月4日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【沖縄本島】北部まで足を延ばそう!オススメスポット5選

沖縄本島北部は自然豊かで、中心部とは違うスロースタイルな雰囲気を楽しむことができるエリアです。そこで今回は、穴場ビーチやお食事処、ホテルなどを含めて、オススメの...

【沖縄美ら海水族館】のチケットは買わなくてOK!イルカショーはなぜ無料?

水族館というとイルカショーはテッパンですが、【沖縄美ら海水族館】のある【海洋博公園】では、水族館のチケットを買わなくても、無料でイルカショーが観られるのをご存知...


「わぁ!お魚だ!」透明感いっぱいなビーチに美味しい海の幸【沖縄 読谷村】

沖縄本島にはたくさんの観光名所がありますが、さすが沖縄!どこに行ってもビーチが綺麗で食べ物も美味しくて、遊びどころがいっぱい!なので「どこに行こうかな〜」と迷っ...

【琉球温泉瀬長島ホテル】沖縄の天然温泉!那覇空港近接の絶景ホテル

琉球温泉瀬長島ホテルは、沖縄・那覇空港から一番近い島である瀬長島にあるホテルです。天然温泉や絶品の朝食ビュッフェ、日本でも珍しいエアポートビューの客室など、たく...


“美ら海の図鑑”ができちゃう!「沖縄美ら海水族館」

「沖縄美ら海水族館」では、B5サイズのカードがところどころに置かれています。全部で10枚。これを集めると、なんと“美ら海の図鑑”が完成しちゃうんです!水族館全体...

この記事を書いたトラベルライター

温泉旅をこよなく愛する子連れトラベラー
私にとって、未知なる場所へ行くことは最高の楽しみです。
目的地へ向かう道中も含めて、旅行が大好き。
そこで出会う人、景色、そして食べ物、すべてに心ときめきます。

大学卒業後は温泉に夢中になり、一日でも休みがあれば温泉旅行へ。
仕事帰りに夜行バスに乗って日本国内を周りました。

現在は1歳児の母として育児に奮闘しながら、週末は家族で小旅行を楽しんでいます。

育児に頑張るママさんパパさん方へも
疲れた心と体を癒す旅行の情報をお伝えできれば幸いです。

【愛知】絶景ありグルメありブランコあり!日間賀島で遊びつくそう!

ご存知でしょうか?日本三大都市のひとつ名古屋市からたったの1時間強で行ける離島、日間賀島(ひまかじま)。昔から、近海でたくさん獲れるタコとフグがとても美味しいこ...

共通語は英語!?クラブメッド石垣島で海外リゾート気分を満喫しよう!!

フランス発のリゾート、クラブメッドをご存知でしょうか?オールインクルーシブ(つまり滞在中は食べ放題&飲み放題&遊び放題)のリゾートです。沖縄県にあるクラブメッド...


【豊田市】鞍ヶ池公園にある無料動物園のクセがすごい!デートにもファミリーにもおすすめ

東海環状自動車道のハイウェイオアシスでもあり、アクセス良好な愛知県豊田市立鞍ヶ池公園は、ボート池・動物園・芝生広場・植物園など盛りだくさん。カップルにもファミリ...

距離感!目線!やっぱりスゴイ!大阪「海遊館」のオモロイ展示5選

大阪の観光地として超有名な水族館、その名も「海遊館」。実はこちら、世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」でアジアの水族館第一位に選ばれたこともあると...


250人が入れる源泉掛け流し大浴場が愛知に!尾張温泉東海センター

温泉好きにはたまらない「源泉掛け流し」、しかも圧倒的な湯量を誇る温泉天国が愛知県蟹江市にあることをご存知でしょうか。山奥の秘湯ではなく名古屋市内から車で20分の...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?