【東京で人気の女性カプセルホテル】9hoursとファーストキャビン徹底比較!

927

view
   2017年11月22日更新

カプセルホテルに泊まったことがありますか?男性なら結構な割合で「ある!」と答えるかもしれません。でも、女性となるとない人が多いのではないでしょうか。最近はゲストハウスなど、安価で宿泊できる施設もできてきましたが、今ホットなのは女性専用エリアがある、オシャレなカプセルホテル!東京を皮切りに各地に増えてきています。その中でも注目の2つ、9hoursとファーストキャビンを比較します。

9hours 北新宿

  • 9 hours 北新宿の外観

JR新大久保駅徒歩2分ほどの場所にあるのが、9hours北新宿。駅を出てすぐという立地なので、迷う心配がなく、安心です。

チェックイン

フロントは8階。エレベーターを上がってすぐ、フロントがあります。

フロントでのチェックイン手続きの他に、QRコードを使ったセルフチェックインという方法もあります。こちらは、9hoursの公式サイトから予約した際に発行されるQRコードを使用して行うチェックイン。記名や予約確認が不要になるので、さっと受付を終わらせることができます。

※QRコードでのチェックインには、専用のアプリが必要になりますので、事前にダウンロードしておくことをおすすめします。

  • カードキー wifi情報はここに。
  • カードキー

QRコードでチェックインした人は、スマホがカードキーに。それ以外の人は、QRコードと部屋番号、Wi-Fi情報がかかれたカードが渡されます。外出時も、このカードを持って歩いて大丈夫です。

貸し出し品

  • アメニティ

アメニティとして、部屋着や歯ブラシ、タオルが渡されます。

エレベーターで自分のカプセルへ移動しますが、このエレベーターの時点で、男性と女性に分かれているので安心です。

ロッカールーム

  • ロッカー

ロッカールームは、大型のスーツケースも入ります。カードキーで開け閉めしますが、カードをうっかりロッカーの中に入れてしまうと大変なことになりますので、お気を付けください!

カプセルルームエリアは、土足厳禁ですので、ロッカールームでスリッパに履き替えます。

カプセルルーム

  • カプセルは、まるでハチの巣のよう・・・

カプセルルームの出入り口は、ロールカーテンがついています。各ポッドには部屋の明るさ調節のつまみとコンセント(1口)のみというシンプルな作り。寝るだけだったら十分です。

  • 内装はいたってシンプル。

枕とマットレスは9hoursのオリジナル。変わった形なのに、なんだか心地よいこの枕は、その人気からオンラインショップで販売されています。

私が利用した際は、周囲に恵まれたのかもしれませんが、隣の音は全然気になりませんでした。

宿泊以外にも仮眠利用が可能で、最初の1時間は1,000円、それ以上は1時間500円。利用時間は13時から21時までです。

シャワールーム

  • シャワールーム
  • ドライヤーもたくさん準備されています。

女性として気になるのは、シャワールーム。

鏡付きの洗面台もシャワールームも多く用意されています。そして、1カ所だけでしたが、浴槽付きの部屋も用意されています(伺ったときはちょうど調整中でした)。

  • シャワールーム
  • バスルーム

とてもうれしいサービスの一つが、シャワールーム&浴槽は使い終わるたびに常駐のスタッフが清掃に入っているということ。確かに、きれいなシャワールームを使うことができました。

  • シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ

シャワールームに備え付けのシャンプー、コンディショナー、ボディソープは、こだわりの化粧品ブランドで知られる 「TAMANOHADA」の005。フロントでも販売されているそうです。

宿泊はせずシャワーのみの利用もでき、24時間利用可能。1回の利用は1時間以内800円です。ランニングのシャワールーム利用としても使えるかもしれませんね。

ラウンジフロアもあります!

フロント奥にあるラウンジフロアは、だれでも利用が可能です。カプセルルーム内での飲食はできないので、何か食べる場合には、必然的にここのラウンジを使用することになります。

仕事や勉強するフリースペースとしても開放されており、1時間300円でフリーWi-Fiや電源が使えます。宿泊者はもちろん無料で利用可能ですし、チェックアウト後もラウンジの利用はできます。

ただし、連泊する場合でも毎回チェックアウトしてカプセルとロッカーを空けなければならない点にはご注意。外出する必要がない場合には、ラウンジで仕事をしたりくつろいだりして、チェックインの時間まで過ごすこともできます。

磁気カードを返してしまった後にWi-Fiを使いたい場合でも、フロントにSSIDとパスワードが掲示されているので、引き続き使うことができます。

フロントの横にはコピーやFAX送信ができる、オフィス複合機が1台設置されていたり、バリアフリートイレも設置されています。

9 hours 北新宿
▼サービス:宿泊 ¥4,900~ チェックイン13:00〜チェックアウト10:00
▼仮眠 ¥1,000~ 13:00~21:00
▼シャワー ¥800 24時間いつでも可
▼予約・詳細:https://ninehours.co.jp/shinjuku-north/
9 hours 総合案内
URL:https://ninehours.co.jp/
2017年11月時点で、京都、成田空港、仙台、北新宿、ウーマン神田(全館女性専用)があります。
ナインアワーズ北新宿

東京 / ホテル / カプセルホテル

 

住所:東京都新宿区百人町1-4-15 ナインアワーズ北新宿ビル3 8階

電話:03-5291-7337

Web:https://ninehours.co.jp/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年11月12日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
人とはちょっぴり違った旅が好き

田舎でも都会でも、国内でも海外でも暮らした経験から、ガイドブックに載っているような旅だけではなく、その土地の人しか知らない、人とはちょっぴり違う旅が好きになりました。
もちろん、有名な地にも足を運びますが、そこに+αの私が見つけたステキなものを写真と共にお伝えできたらなと思っています。

同じテーマの記事

アプリ「Pokke」で東京の音声ガイドを聴く

東京の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!