岐阜
岐阜観光
宿場町や白川郷など、昔ながらの風景を今に残すエリア

日本最古の巡礼「西国三十三所めぐり」の終着駅、【岐阜】華厳寺

取材・写真・文:

大阪在住
訪問エリア:40都道府県

2019年10月11日更新

1,446view

お気に入り

写真:えちこ

岐阜県にある華厳寺は、約1300年もの歴史がある日本最古の巡礼「西国三十三所めぐり」の最後となる33番札所。巡礼の最終地点ならではの「満願堂」や「笈摺堂」に参拝し、「現在」「過去」「未来」を示す3つの御朱印をいただけば、無事満願達成!巡礼者はもちろん、そうでない方も結願の地にふさわしい厳かな雰囲気を味わいに行ってみませんか。

この記事の目次表示

1300年以上の歴史をほこる「西国三十三所めぐり」

  • 写真:えちこ華厳寺は、西国三十三所の中で唯一関西圏以外の札所。

西国三十三所めぐりは、718年徳道上人によって始められた約1300年もの歴史がある日本最古の巡礼です。京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・岐阜の2府5県に点在している33ヵ所の観音霊場(札所)を参拝し、御朱印をいただきます。第1番札所は和歌山県にある青岸渡寺。そして、結願所となる第33番札所が、今回ご紹介する華厳寺です。

華厳寺の始まり

  • 写真:えちこ境内の入口となる「仁王門」には、巨大な草履がぶら下げられている。

「たにぐみさん」の愛称で親しまれている華厳寺の創建は798年。会津出身の豪族、大口大領(おおぐちだいりょう)が苦行の末手に入れた霊木で、京の仏師に彫らせた観音像を奥州へ運んで帰る途中、像が自ら歩きだし、美濃国赤坂(現:岐阜県大垣市赤坂)付近で「ここから北へ5里の山中に結縁の地があり、そこで衆生を救いたい」と述べたのち、北へと歩きだしました。

  • 写真:えちこ木々が茂る参道。春は桜、秋は紅葉の名所としても人気のスポット。

そして、その後谷汲の地で一歩も動かなくなってしまったため、大領はここが結縁の地であろうと思い、この地で修業していた豊然上人と共にお堂を建て、像を祀ったのが始まりとされています。それ以来、近くの岩穴から油が湧き出し続けたため、燈明に困ることがなかったと言われています。

本堂でいただける3つの御朱印

  • 写真:えちこ威厳ある本堂の脇、よく見れば燈籠にハート型!

木々が茂る参道の先にある階段の上に、巡礼最後の地にふさわしい風格溢れる本堂があります。西国三十三所を始めたのは徳道上人なのですが、実はその時は人々に広まることはありませんでした。その後、約270年もの時を経て巡礼を復活させたのが花山法皇です。その花山法皇が巡礼し、華厳寺を満願の地と定めた際、3つのご詠歌を奉納されました。

  • 写真:えちこ現世を指す本堂(観音堂)の御朱印。
  • 写真:えちこ過去を指す満願堂の御朱印
  • 写真:えちこ未来を指す笈摺堂の御朱印

そのご詠歌にちなんで、華厳寺でいただく御朱印は3つ。3つの御朱印は「本堂(観音堂)」「満願堂」「笈摺堂(おいずるどう)」を指しており、それぞれ「現在」「過去」「未来」を意味しています。

  • 写真:えちこ本堂の柱にある「精進落としの鯛」も撫でるのを忘れずに。
  • 写真:えちこご本尊の手に結ばれた「結縁綱」で、観音様とご縁を結びましょう。

本堂内の柱には、阿吽の口をした2対の「精進落としの鯉」があります。また、ご本尊の十一面観世音菩薩は秘仏のため見ることはできませんが、西国三十三所巡礼1300年の記念として、令和2年12月18日までは観音様との御縁を結ぶ結縁綱を触ることができます。

結縁綱は期間限定。観音様と繋がる結縁綱をこの機会に触れてご利益をいただきましょう。

満願達成者の思い溢れる「笈摺堂(おいずるどう)」

  • 写真:えちこ

花山法皇が華厳寺で巡礼を終えた際、先ほど紹介したご詠歌の他に衣(笈摺)と杖も奉納されました。本堂から続く廊下を行った先にある笈摺堂には、満願を達成した巡礼者の方たちの衣や笠、杖などが数多く奉納されています。

  • 写真:えちこ

また周りには色とりどりの折り鶴が。こちらは「おいずる」という言葉が「おりづる」と似ているからだそう。この一つ一つの折り鶴にも、巡礼者の方たちの思いが込められているのでしょうね。

愛らしいたぬきがいっぱい!「満願堂」

  • 写真:えちこ

笈摺堂のある廊下を抜け、その奥にある階段を上った先には満願堂があります。

  • 写真:えちこ

満願達成のご報告とお礼を兼ねて、ぜひ足を運んでいただきたいお堂です。そして注目したいのがお堂周囲に溢れる沢山のたぬきの石像。満願を達成した人は、他の人より抜きんでている=「他抜き(たぬき)」ということで、置かれているのだそう。

  • 写真:えちこミダヌキ・イワダヌキ・キカダヌキ?!
  • 写真:えちこ

ユニークなたぬきたちを見ていると、思わず笑顔に。達成感と共に、ほっこりした気持ちで満願達成の喜びを感じましょう。

谷汲山 華厳寺
岐阜 / 寺 / 紅葉 / パワースポット
住所:岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲徳積23地図で見る
電話:0585-55-2033
Web:http://kegonji.or.jp/

岐阜の旅行予約はこちら

岐阜のパッケージツアーを探す

岐阜のホテルを探す

岐阜の航空券を探す

岐阜の現地アクティビティを探す

岐阜のレンタカーを探す

岐阜の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年10月11日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2020】12月の国内おすすめ旅行先28選!冬・年末の旅行にぴったりな観光地特集

12月はイルミネーションに雪景色など、全国各地で冬ならではの絶景に出会えるシーズン。雪見温泉も格別な時期です。12月の週末や年末旅行におすすめの国内旅行先をご紹...


【2021】1月の国内おすすめ旅行先35選!お正月旅行にもぴったりな観光地特集

寒さ厳しい1月は、雪や氷の絶景が全国各地で見られるシーズン。冬の夜に映えるイルミネーションイベントもまだまだ楽しめます。1月のお正月旅行や週末旅行におすすめの国...

全国の人気水族館TOP35!旅行好きが行っている水族館ランキング

全国各地に数多ある水族館の中から、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年8月現在)が実際に行っている順に、全国の人気水族館ランキングをご...

【2021】2月の国内おすすめ旅行先42選!冬の旅行にぴったりな観光地特集

2月は北はまだまだ雪深く、この時期ならではの雪や氷のイベントが開催されている一方で、南は梅や早咲きの桜が開花し始める時期です。2月の週末旅行におすすめの国内旅行...

諸説あり!「日本三大稲荷」に数えられる有名稲荷を一挙紹介

日本三大稲荷といえば総本宮の伏見稲荷大社は必ずその1つに挙げられますが、残り2社は諸説あり、比較的知られた説の中だけでもなんと計13もの神社が候補に挙がっていま...

この記事を書いたトラベルライター

文武両道 目指してます
歴史が大好きで、史跡巡りを中心に日本国内旅しています。
四国八十八ヶ所霊場(お遍路)&西国三十三所巡礼 結願達成!
今は100名城&続100名城制覇を目指しまてます。
ランニングも趣味なので、年に数回フルマラソンに出場。
旅行がてら全国のマラソン大会に出るラン旅もおすすめです。
欲しいのは、女子力より知力と体力。
http://ameblo.jp/fm59

日本で体験できない。アメリカ「ユニバーサル・オーランド・リゾート」のおすすめアトラクション8選

アメリカのフロリダ州オーランドにある「ユニーバーサル・オーランド・リゾート」には、「ユニバーサル・スタジオ・フロリダ」と「アイランズ・オブ・アドベンチャー」2つ...


世界三大墳墓の一つ【大阪】仁徳天皇陵古墳の楽しみ方あれこれ教えます

エジプトのピラミッド、中国の始皇帝陵と並び世界三大墳墓の一つとされている場所が日本にあるってご存知ですか?それが大阪の堺市にある仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょ...


半日でまわれる!【山口県岩国】錦帯橋と周辺のおすすめスポット6選

山口県岩国市にある錦帯橋は、美しいアーチ型が特徴の日本を代表する木造橋。1674年に完成した橋は1950年の大規模台風で倒壊してしまいましたが、1953年に再建...

尾道から行く、しまなみ海道日帰りドライブプラン

広島県尾道市から、愛媛県今治市までを結ぶしまなみ海道。その間にある6つの島々には、それぞれ瀬戸内の自然やグルメ、アートを楽しめるスポットがありますが、全て周るに...

札幌から一足伸ばして行ける!おすすめスポット3選

旅行先として、大人気の北海道札幌市。市街には多数の観光地やグルメスポットがあり、何度でも訪れたくなる街です。ですが、札幌市街から一足伸ばせば自然豊かなスポットが...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?