高野祐輔

アクセス
47
いいね!
14
コメント
0

アイルランド・ダブリン の名門トリニティカレッジにあるOld Libraryの内部。なんとなくハリポタっぽい感じがありました笑
大学なのに観光地化してるので終始色んな人がいるし、レストラン風のパブもありました。流石アイルランド。。。(2019年11月)

スポット情報:トリニティ・カレッジ

1月7日

このトラベラーの人気の旅フォト

ウユニ塩湖〜。塩の大地です!
(2017年12月)
ハンガリー・ブダペストの国会議事堂。夜のライトアップ時は世界一綺麗ともいわれます。この光に集まってきた(?)蝙蝠が建物の上を飛んでおり、遠くから見ると金粉が舞ってるみたいで綺麗でした。(でも、蝙蝠なんですよね笑)
(2019年10月)
世界三昧瀑布、ナイアガラー。(fromカナダサイド)
滝壺ぎりまでいけるツアーありますが、もう台風の中に突っ込んでいく感じです。笑
今度はアメリカがわかりも見てみたいなぁ。
(モントリオールの友人宅からスタートしたので車で約8時間かかりました。。。)
(2019年8月)
ノルウェー、トロムソでのオーロラ!
天気も良くかなり幻想的でした!
トロムソは2泊3日いましたが、2夜ともオーロラ見られました!オススメです!
(2018年12月)
カナダ、モントリオールのモン・ロワイヤル展望台からの夜景!モントリオールの街が一望できます。頂上にはおしゃれなカフェもありー。
(ただ、合法だからか葉っぱの匂いが強烈ですた。。)
(2019年8月)
クロアチア・ドブロブニーク!
街が一望できる展望台からの一枚。夏だったのでめちゃくちゃ暑かった。。オレンジの屋根が絵になりますね。
要塞の壁の上も散歩しました。(途中のアイス屋のアイスが美味しかった。。)
(2017年8月)
今のところ人生の中で見た最強の星空!
テネリフェ島テイデ山!
写真は明るいですが、実際は光もなく真っ暗な中、無数の星に囲まれる時間、、最高です。
(モロッコの隣くらいにありますが、一応スペイン領の島!テイデ山はスペイン領内最高峰。世界第三位の火山なのです!)
(2017年11月)
ロンドンカウントダウン〜(2018年->2019年)
テムズ川のボード上にて!
ロンドンアイ周辺からの花火が数分間続く綺麗な年越しでした!
(年越の数時間前からテムズ川内での陣取り合戦が凄かった笑)
(2018年12月->2019年1月)
ハバナのホセマルティ広場!
カラフルなクラシックカーがたくさんありました!(タクシーなので乗れます!)
ハバナ市は2019年で創立500周年の節目の年で、街中がお祝いモードになってました〜。
(2019年12月)
南アフリカ、ジョージでのゴルフ!海に向かってティーショット!!!
(2015年)
南アフリカの中にあるスワジランド(今の名前はエスワティニ。2018年に改名)のシベベロック。一枚岩としては世界で2番目に大きいそうな笑 (1位はエアーズロック)
ヨハネスブルグから約5時間の車移動です。
(2014年6月)
2019年トリップアドバイザーのランキング2位のバラデロビーチ!!
コーラルブルーの海を見ながらの、モヒート、ダイキリは最高でした〜。(写真はダイキリです笑)
(2020年1月)

トリニティ・カレッジ

トリニティ・カレッジの人気の旅フォト

アイルランド、トリニティカレッジのロングルーム
トリニティカレッジ アイルランド

トリニティ・カレッジが紹介されている人気の記事

【保存版】アイルランドのお土産・厳選10選

イギリスの西に位置する小さな島国アイルランド。日本よりも北にありますが暖流の影響で1年を通して温暖な気候の過ごしやすい国です。伝統とモダンカルチャー...

『スター・ウォーズ』最新作他あの有名映画の隠れロケ地を巡る、アイルランド周遊スポット5選!

アイルランドがロケ地となった映画やドラマ...あなたはいくつご存知でしょうか?2017年12月公開の映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』、アメリ...

【アイルランド・ダブリン】ローカル電車DARTで巡る沿線の個性光る街12選

DART(ダート)は、アイルランドの首都ダブリンの南北をダブリン湾に沿って走るローカル電車です。美しい車窓からの風景だけでなく、沿線には個性的で素敵...

ハリーポッター&スターウォーズのモデル!?アイルランド最古の大学、トリニティ・カレッジ

アイルランドの最高学府「トリニティ・カレッジ」。創設400年を越える由緒ある大学でありながら、観光客向けに広く開放されており、威厳のある佇まいが多く...

アイルランドで訪れるべき王道スポット厳選10選

2017年に日本との外交関係樹立60周年となるヨーロッパ西端の島国・アイルランド共和国。音楽、デザイン、ビジネス、政治など様々な面で独自の文化を保有...

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?