コチドリ

アクセス
50
いいね!
10
コメント
0

老舗ホテル✨

#東京

スポット情報:ホテルニューオータニ

2023年10月15日

このトラベラーの人気の旅フォト

#2023年8月フィンランド旅行記 番外編

〜ヘルシンキから足をのばして・エストニアの首都タリンへ〜

ヘルシンキからエストニアの首都タリンまではフェリーで約2時間。日帰りで行ってきました。

タリンの目玉はなんと言っても世界遺産にも指定されている旧市街。中世の雰囲気漂う街並みに惹かれて😍石畳の道を上ったり下ったり、写真を撮っているうちに6時間ほどの滞在時間はあっという間に過ぎていきました。

歴史の古い街で見所もたくさん。教会の塔のてっぺんまで螺旋階段を登ったり観光スポットの展示をじっくり見ていると半日ではちょっと時間が足りなかった💦一泊、もしくは二泊しても良かったかも、、と写真を見返しながら感じています。

#エストニア
#タリン
#世界遺産
夏になると滝を見たくなる😊💦

1)〜3) 竜頭の滝
4)〜5) 華厳の滝

#栃木
#中禅寺湖
#奥日光
#中禅寺湖 
心洗われるような美しさでした

#栃木
#奥日光
#2023年8月フィンランド旅行記

〜世界遺産スオメンリンナ島で要塞の遺構を見る〜

フィンランド湾に浮かぶ島の一つ、スオメンリンナ島。ヘルシンキのマーケット広場から公共交通機関フェリーで15分、気軽に行ける島です⛴️

スウェーデン王国統治時代に敵からの襲撃に備えて要塞となり、その後帝政ロシアのものとなった歴史があります。スウェーデン語で「スヴェアボリ(スウェーデンの要塞)」と呼ばれていましたが、フィンランド独立後にはフィンランド語の「スオメンリンナ(フィンランドの城)」に変更され現在に至ります。

島内は歩道が綺麗に整備されていて、要塞の遺構を見ながら(時には中に入ったりしながら)バルト海の眺めも楽しみつつ歩きました。オフィシャルサイト(一部日本語で書かれている!)に掲載されている推奨ルートを参考に、フェリー発着所からスタート→見所の一つキングス・ゲートあたりで折り返し→フェリー発着所に戻り2時間弱。島の地形も興味深く、ウォーキング、ハイキング好きとしてはとても楽しめました👟カフェや博物館に寄るならもう少し時間が必要ですね。

#フィンランド
#ヘルシンキ
#世界遺産
東京の街を眺めながらアフタヌーンティー🫖贅沢な時間

#東京
#プリンスギャラリー紀尾井町
#アフタヌーンティー
明治神宮外苑の銀杏並木

雨上がりに行ってきました
葉っぱが散って一面黄色の絨毯のよう

#東京
#ピッツバーグ旅行記 -18

#フランク・ロイド・ライト の名建築 #落水荘 
森の中の川・滝・岩の上に建てられ自然と一体感を感じられる建築物。室内での写真撮影は不可ですが、インテリアも素敵でした。浮世絵が飾られていたのが印象的でした。

ツアー終了後、皆んなが向かうのは有名な撮影スポット。もちろん私も😆建物と滝の様子がよく分かる写真が撮れます。

#世界遺産 #fallingwater #滝

**************************************************
2019年7月上旬、かつて鉄鋼業で栄え”Steel City”の愛称があるアメリカ・ピッツバーグとその周辺を旅しました。目的はアメリカ独立記念の花火と郊外にあるF. L. ライト設計の落水荘 🏞
他にもアンディ・ウォーホル美術館やピッツバーグ大学 など見どころの多い街です。#ピッツバーグ旅行記 として写真をシェアします。

#travelthrowback #USA #Pittsburgh
#旅の思い出 #アメリカ #ピッツバーグ #2019
#2023年8月フィンランド旅行記

〜モダニズム建築の巨匠アルヴァ・アアルト自邸を訪ねる〜

フィンランドのみならず世界の建築、プロダクトデザインに影響を与えたアルヴァ・アアルト。彼が家族と暮らし一時はスタジオとしても使われた自邸を見学してきました。

完全予約制のガイドツアーでガイドさんは建築学科を卒業したプロフェッショナル。フィンランドの歴史に絡めながら家の内外の見所を説明してくれました。

アアルトが設計時に使用した窓辺のデスクや本棚など、様々なデザインが生み出された場所は今でも輝きを失っていません。室内には有名な家具があちらこちらに。窓からは庭の木々が眺められ、アアルトが自然を愛した人だということが伝わってきます。

1930年代に建てられたとは思えない、モダンな感性に溢れた住宅です。ヘルシンキ中心部からトラムで30分ほどの場所にあり、ちょっとした小旅行の気分を味わえました。

#フィンランド
#ヘルシンキ
#建築
松本城(階段の上り下りで筋肉痛になった)
お堀にはスワンが一羽🦢

#長野
#松本
#国宝
#2023年8月フィンランド旅行記

ヘルシンキ中央駅から程近いOodi中央図書館へ。フィンランド独立100周年を記念して国民へのギフトとして建てられたこちらの図書館、話題になっているだけあって面白い場所でした。
3フロア構成で、1階はチェスコーナーやインフォメーションセンター、本の返却所など。3階が広いテラス付きの図書館とカフェ。個性的だったのは2階(撮影ご遠慮くださいとのことで写真なし)で、ミシン、レーザーカットの機械、3Dプリンター、音楽制作ルームなどがあり、創作活動を楽しむ人達で賑わってました。ガラス張りのテレビゲームの部屋では友人や家族でゲームに熱中するグループも🎮
実際に行ってみて「市民のリビングルーム」と呼ばれる理由が分かった気がします。あそこに行けば何か楽しいことが出来そう、誰かに会ってお喋り出来そう、そんな気持ちになれる場所です。こんな図書館、家の近くに欲しい!とヘルシンキの人が羨ましくなりました。
ちなみにこちらの施設のトイレは男女の区別がないジェンダーフリーでした。バスルーム内に入ると個室が並んでいて一見女性用トイレに見えますが、性別関係なく利用するスタイルでした。

1)夕日に輝く図書館外観
2)素敵だなと思った一階のチェスコーナー。他の図書館でもチェスコーナーを見かけたので、フィンランドでは一般的なんだろうか。
3)4)図書館フロア。オープンなフロアに色んなタイプの椅子やソファがあって楽しい。
5)6)実存する歴史あるコテージの間取りをデザインモチーフにしたカーペット。
7)階をつなぐ螺旋階段。読めないけどポジティブなメッセージが書かれているらしい
8)9)ダイナミックな外観。どうやって作ったんだろう?

#フィンランド
#ヘルシンキ
#2023年8月フィンランド旅行記

〜バルト海クルーズ⛴️ヘルシンキ西港ターミナル2からエストニアへ〜

ヘルシンキの西港ターミナル2(T2)発のフェリーに乗って、エストニアの首都タリンへ。ガラス張りのターミナルは開放感があってとても綺麗。片道2時間のクルーズ旅の始まりです。

この日に乗ったのはタリンクシリヤライン社のマイスター号。船内のラウンジ、レストランや免税店を探索して、特に気に入ったのは最後部のガラス張りのテラス席(写真3枚目)。青い海と空の風景を快適な空間で楽しめて最高です👍デッキに出てみるとカモメが一羽。エストニアの国旗🇪🇪が海に映えます。

帰りの便は夕飯時だったのでビュッフェを予約。お料理の種類が多くて嬉しかったです。窓からバルト海を眺めながらの食事、、なかなか出来ない体験です。

季節や時間によって料金は異なりますが、大人2名、日帰り往復、ビュッフェの食事を付けて152€。とても楽しめました🙌

#フィンランド
#エストニア
#クルーズ
#2023年8月フィンランド旅行記 番外編

〜中世の薬局って?15世紀から営業している薬局Raeapteek in タリン〜

エストニアの首都タリンには15世紀から営業を続けている薬局があります。現役のお店としてはヨーロッパで最古の一つだそうです。

お店の名前はRaeapteek(日本語で市議会薬局)、建物は旧市街の中心ラエコヤ市庁舎広場に面していて気軽に立ち寄れます。
ドアを開けると先ずは営業中の薬局部分。古い建物で雰囲気抜群です。通常の薬に加えて観光客向けのハーブティーなども売られているようです。

奥の小部屋が資料室となっていて、昔の薬局で使われていた道具などが展示されています。中にはハリネズミ🦔、ワニ🐊などもあって「⁈」となりましたが、珍しい動物は薬として珍重されていたのかもしれないですね。薬瓶の蓋にするコルク栓をつくる機械は初めて見ました。

7枚目、窓から眺める広場。中世にタイムスリップしたような気分になりました。
8枚目、お店の目印。コップに巻き付く蛇🐍が目印です

#エストニア
#タリン
#世界遺産

ホテルニューオータニ

ホテルニューオータニの人気の旅フォト

ホテルニューオータニにてディナーブュッフェ⭐︎
ローストビーフ、マンゴー美味しかったー♪
ホテルニューオータニ内の碑
晴天を衝け ホテルニューオータニ

ホテルニューオータニが紹介されている人気の記事

【東京・青山界隈】1dayプラン!!都内を巡る大人の街歩き

日中はホテルでのランチや日本庭園のお散歩、カフェやスイーツ巡りを堪能し、1日の締めくくりにはゆったりとお酒と音楽を楽しむという、青山界隈でちょっぴり...

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります