淡路島
淡路島観光
四季折々の花に豊富な温泉、そして島グルメ!

淡路島で人気の観光スポットランキング

指定場所からの距離
エリア
  • すべて(64)

淡路島には、あわじ花さじき、淡路島国営明石海峡公園、淡路ファームパーク イングランドの丘をはじめ、淡路島ならではの観光スポットが盛りだくさん。そんな淡路島では、どこに行けばいいのか悩んでしまいがち。そこで、トリップノートを利用している旅好きなみなさんのクチコミ・評判やアクセス数をもとに人気・注目順で観光スポットを紹介します。

あわじ花さじき

【入園無料】日本にもこんな美しいお花畑が!

淡路島北部の高原地域にある、入場無料の花の名所「あわじ花さじき」。敷地内には明石海峡を背景に花のパノラマを見られる小さな展望台や、淡路島の名産品など...

エリア
淡路島
カテゴリー
公園、花畑、インスタ映え、花畑(3月)、花畑(4月)、花畑(5月)、花畑(6月)、花畑(7月)、花畑(8月)、花畑(9月)、花畑(10月)、花畑(11月)、花畑(12月)、コスモス畑、ひまわり畑、菜の花畑、ツーリング
淡路島国営明石海峡公園

見晴らしのいい高台に、四季折々の花が咲き誇ります

明石海峡大橋や海を見渡す、約40万㎡の広大な国営公園。チューリップ、ネモフィラ、ヒマワリ、コスモスなど四季折々の花が色とりどりに咲き誇り見応えたっぷ...

エリア
淡路島
カテゴリー
公園、花畑、ツーリング
淡路ファームパーク イングランドの丘

イギリスの湖水地方をイメージしてつくられた動植物とふれ合えるテーマパーク

南あわじ市に位置する「淡路ファームパーク イングランドの丘」は、イギリスの湖水地方をイメージしてつくられた動植物とふれ合えるテーマパーク。広い園内に...

エリア
淡路島
カテゴリー
公園、ドライブスポット、花畑、遊び場、ひまわり畑、コスモス畑、インスタ映え、バラ園、ネモフィラ畑
淡路ハイウェイオアシス

明石海峡大橋と瀬戸内海を一望するロケーション

上り線、下り線ともに利用できる「淡路ハイウェイオアシス」。花と緑に囲まれた兵庫県立淡路島公園内にあり、明石海峡大橋と瀬戸内海を一望するロケーションで...

エリア
淡路島
カテゴリー
道の駅・サービスエリア、ドライブスポット、おみやげ屋
淡路夢舞台

山の斜面につくられたアートな花壇が圧巻!

温室植物園や野外劇場、展望テラス、レストラン、国際会議場、ホテルなど様々な施設が集まる自然豊かなリゾート施設。関西国際空港などの人工島を築くために土...

エリア
淡路島
カテゴリー
植物園、観光名所、インスタ映え

伊弉諾神宮

伊弉諾神宮

いざなぎじんぐう
国生みの神・伊弉諾尊(いざなみのみこと)が余生を過ごした場所

『古事記』『日本書記』の冒頭で登場する日本を創造した神、伊弉諾尊(いざなみのみこと)が余生を過ごした場所であり、遠い遠い昔から現存する日本最古の神社...

エリア
淡路島
カテゴリー
ドライブスポット、神社、パワースポット、穴場観光スポット、縁結びスポット
おのころ島神社

おのころ島神社

自凝島神社
淡路島でも屈指の縁結びパワースポット

淡路島でも屈指の縁結びパワースポットとして有名な神社で、「お守りを持っていると願いが叶う」と言われています。御祭神は、日本で初めての夫婦、伊弉諾命(...

エリア
淡路島
カテゴリー
女子旅、ドライブスポット、神社、パワースポット、縁結びスポット
うずしおドームなないろ館(道の駅 福良)
展望台や海を眺めながら足湯に浸かれるスポットも!

福良港にある「うずしおドームなないろ館」。1階にはクルーズの乗船券売り場、トイレ、お土産売り場、2階にはレストラン、4階には展望台があり、ドームの外...

エリア
淡路島
カテゴリー
道の駅・サービスエリア、ドライブスポット、展望台、おみやげ屋
県立淡路島公園

明石海峡大橋や神戸市街を望む広大な公園

総面積134.8ha(東京ドーム約28個分)の広大な公立都市公園。明石海峡大橋や神戸市街を望む淡路島北部の丘陵地帯に広がり、夜景スポットとしても人気...

エリア
淡路島
カテゴリー
公園、ドライブスポット、花畑(4月)、花畑(5月)、花畑(6月)、ハイキング、遊び場、つつじの名所
日本を代表するアニメ作品をモチーフにしたアトラクションが楽しめるテーマパーク

兵庫県の「淡路島公園」内にある「ニジゲンノモリ」は、「ドラゴンクエスト」や「クレヨンしんちゃん」など、日本を代表するアニメ作品をモチーフにしたアトラ...

エリア
淡路島
カテゴリー
テーマパーク、遊園地、遊び場

  1 2 3 4 57  

全64件のうち( 1 - 10 件目)を表示

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります