下呂温泉
下呂温泉観光
日本三名泉のひとつで飛騨川沿いに広がる温泉地

下呂温泉で人気のリラクゼーションランキング

指定場所からの距離
エリア
  • すべて(16)

下呂温泉には、下呂温泉クアガーデン露天風呂、白鷺の湯、下呂温泉噴泉池をはじめ、下呂温泉ならではのリラクゼーションスポットが盛りだくさん。そんな下呂温泉では、どこに行けばいいのか悩んでしまいがち。そこで、トリップノートを利用している旅好きなみなさんのクチコミ・評判やアクセス数をもとに人気・注目順でリラクゼーションスポットを紹介します。

下呂温泉クアガーデン露天風呂

出典:tripnote.jp

露天風呂だけの日帰り温泉施設

飛騨川沿いにあり、飛騨川のせせらぎを聞きながら入浴できる日帰り温泉施設。露天風呂のみで、打たせ湯や三温の湯、箱蒸し、泡末浴など6種類のお風呂が楽しめ...

エリア
下呂温泉
カテゴリー
日帰り温泉
白鷺の湯

飛騨川を眺めながら温泉を楽しもう

大正15年から地元の方に愛されている公衆浴場。洋館風のレトロな佇まいが特徴的で、ひのき風呂があるのみですが、飛騨川を眺めながらのんびりと入浴できます...

エリア
下呂温泉
カテゴリー
日帰り温泉、穴場デートスポット
下呂温泉噴泉池

出典:tripnote.jp

下呂温泉噴泉池

げろおんせんふんせんち
飛騨川の横に沸く下呂温泉のシンボル温泉

下呂駅から温泉街へと渡る下呂大橋の下、飛騨川の横に沸く下呂温泉のシンボル温泉で、地元の人たちからも親しまれています。以前は水着を着用しての入浴が可能...

エリア
下呂温泉
カテゴリー
日帰り温泉
巌立峡ひめしゃがの湯

巌立峡ひめしゃがの湯

がんだてきょうひめしゃがのゆ
エリア
下呂温泉
カテゴリー
日帰り温泉
濁河温泉市営露天風呂

濁河温泉市営露天風呂

にごりごおんせんしえいろてんぶろ
エリア
下呂温泉
カテゴリー
日帰り温泉

大江戸温泉物語 下呂
エリア
下呂温泉
カテゴリー
日帰り温泉
田の神の足湯

出典:tripnote.jp

田の神の足湯

たのかみのあしゆ
下呂温泉街の中では新しい足湯

平成21年に下呂市役所近くに作られた、下呂温泉街の中では新しい足湯です。近くにある森八幡神社の「田の神まつり」にちなんで命名されました。東屋となって...

エリア
下呂温泉
カテゴリー
足湯・手湯
鷺の足湯

出典:tripnote.jp

鷺の足湯

さぎのあしゆ
下呂温泉で最初に作られた足湯

下呂温泉で最初に作られた足湯です。温泉発見にまつわる白鷺伝説から命名されました。ヒノキ造りの清潔感のある足湯で、中央駐車場の隣にあるため立地がよく人...

エリア
下呂温泉
カテゴリー
足湯・手湯
下呂温泉 ホテルパストール
エリア
下呂温泉
カテゴリー
日帰り温泉
さるぼぼ黄金足湯

出典:tripnote.jp

「七福神」と「金」をテーマにした足湯

さるぼぼ七福神社の中にある、無料で利用できる足湯。「七福神」と「金」がテーマで、浴槽内が黄金にデザインされており、金色の宝船に乗った七色のさるぼぼが...

エリア
下呂温泉
カテゴリー
足湯・手湯

薬師の足湯

出典:tripnote.jp

足湯と歩行浴が併設されています

温泉をテーマにした「下呂発温泉博物館」の中にある足湯で、博物館への入館料(大人400円)が必要になります。ジェェット、バブル、足裏マッサージと3種類...

エリア
下呂温泉
カテゴリー
足湯・手湯
ビーナスの足湯

出典:tripnote.jp

洋館づくりの外湯「白鷺の湯」の前にある足湯

洋館づくりの外湯「白鷺の湯」の前にある足湯で、円形の湯船の中心に白いビーナス像が建っています。24時間無料で利用可能で、一度に最大12名がつかること...

エリア
下呂温泉
カテゴリー
足湯・手湯
幸之湯

出典:tripnote.jp

幸之湯

さちのゆ
エリア
下呂温泉
カテゴリー
日帰り温泉
雅の足湯

出典:tripnote.jp

下呂ロイヤルホテル雅亭にある足湯

下呂ロイヤルホテル雅亭にある足湯。ホテルの玄関横にあり、宿泊客以外でも自由に利用できます。一度に8名までが利用可能で、湯船には小さなヒノキ玉が入って...

エリア
下呂温泉
カテゴリー
足湯・手湯
飛騨川温泉しみずの湯
エリア
下呂温泉
カテゴリー
日帰り温泉

合掌の足湯

下呂温泉合掌村の村内にある足湯

下呂温泉合掌村の村内にある足湯で、合掌村の入村料(800円)が必要です。比較的大きな足湯で、一度に最大16名までが利用できます。合掌村を散策したあと...

エリア
下呂温泉
カテゴリー
足湯・手湯
   

全16件のうち( 1 - 16 件目)を表示

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります