広島市
広島市観光
路面電車が走る中国地方最大の都市

「平和記念公園レストハウス」周辺の観光スポット

指定場所からの距離

「平和記念公園レストハウス」から

エリア
  • すべて(23)
指定条件:平和記念公園レストハウス周辺(徒歩10分以内)近い順  [解除]
エリア
広島市
カテゴリー
観光サービス
ひろしまドリミネーション

出典:tripnote.jp

平和大通りを中心に展開されるイルミネーションイベント

魅力ある広島の冬の賑わいを創出することを目的に、1988年、中心部の商店街による「ひろしまライトアップ事業」から始まりました。1999年には開催地域...

エリア
広島市
カテゴリー
イベント・祭り
原爆死没者を追悼し、被爆体験を後代に伝えます

国として原爆死没者を追悼し、永遠の平和を祈念するとともに、被爆体験を後代に継承するために設置された施設。原爆死没者のお名前と遺影のほか、被爆体験記と...

エリア
広島市
カテゴリー
博物館・美術館
平和の灯

平和の灯

へいわのともしび
地球上から核兵器がなくなる日まで燃え続ける灯

平和の池の北端にある、昭和39年(1964年)8月1日に点火された「平和の灯」。水を求めてやまなかった犠牲者を慰めるとともに、地球上からの核兵器の廃...

エリア
広島市
カテゴリー
観光名所
原爆の子の像

世界中の人々から祈りが込められた折り鶴が捧げられています

2歳の時に被爆し、10年後に白血病を発病して亡くなった佐々木禎子さんと、原爆で犠牲となった全ての子どもたちに捧げるために建てられた碑。年間を通じて、...

エリア
広島市
カテゴリー
観光名所

ピースメッセージとうろう流し

エリア
広島市
カテゴリー
イベント・祭り
ひろしま世界遺産航路
エリア
広島市
カテゴリー
乗り物
ひろしまリバークルーズ

エリア
広島市
カテゴリー
乗り物
原爆死没者慰霊碑

原爆死没者の名前を記帳した名簿を納める慰霊碑

平和都市として再建することを念願し、建立された慰霊碑。石室には亡くなった原爆被爆者の名前を記帳した名簿が納められており、犠牲者の霊を雨露から守りたい...

エリア
広島市
カテゴリー
観光名所
平和記念式典
エリア
広島市
カテゴリー
イベント・祭り

ひろしまフラワーフェスティバル

平和大通りを中心に開催される花のイベント

毎年5月3日〜5月5日の3日間、平和大通りを中心に開催される花のイベントで、動員数が160万人を越える国内でも大きなお祭りのひとつです。見所のひとつ...

エリア
広島市
カテゴリー
イベント・祭り
平和の鐘

核兵器全廃と恒久平和を世界に伝えるために作られました

平和記念公園内には「平和の鐘」が3つあり、いずれも核兵器全廃と恒久平和を世界に伝えるために作られたものです。1つは、毎年8月6日の広島平和記念式典で...

エリア
広島市
カテゴリー
その他スポット
平和記念公園

広島平和記念資料館をはじめ世界平和を願う施設が集まる

元安川と本川に挟まれたとても広い三角地帯にあり、世界の恒久平和を願ってつくられた公園です。園内には原爆ドームをはじめとする施設や、魂のために建てられ...

エリア
広島市
カテゴリー
公園・動植物園、観光名所
原爆ドーム
原爆投下の悲惨さを伝え、恒久平和を訴える広島の象徴

核兵器による惨状をそのままの形で伝える世界で唯一の建造物であることや、核兵器廃絶と恒久平和の大切さを訴える、他に例をみない平和記念碑であることより、...

エリア
広島市
カテゴリー
観光名所

島病院

爆心地
エリア
広島市
カテゴリー
その他スポット

広島平和記念資料館

核兵器の脅威と平和の尊さを学ぶためにぜひ訪れたい

平和記念公園内にある、広島に投下された原爆に関する資料を展示する資料館。廃墟と化した市街の模型や写真、8時15分を指して止まった時計、黒ずんで残る人...

エリア
広島市
カテゴリー
博物館・美術館、観光名所
おりづるタワー

出典:tripnote.jp

最上階は平和記念公園を見渡す展望スポット

2016年9月に原爆ドームの隣にオープンした展望スポット。13階にある展望台「ひろしまの丘」はスギやヒノキなどでできており、平和記念公園をはじめとし...

エリア
広島市
カテゴリー
展望・景観、お土産、観光名所
エリア
広島市
カテゴリー
博物館・美術館
旧日本銀行広島支店

エリア
広島市
カテゴリー
遺跡・史跡

頼山陽史跡資料館

らいさんようしせきしりょうかん
エリア
広島市
カテゴリー
博物館・美術館

  1 2  

全23件のうち( 1 - 20 件目)を表示

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?