2017年も開催!【ひろしまドリミネーション】光で彩られるおとぎの国!

635

view
   2017年11月4日更新

「ひろしまドリミネーション」は、広島市内の平和大通りを中心に、商店街などの市内中心部一帯で展開されるイルミネーションイベントです。広島県内で数多く開催されるイルミネーションイベントの中でも、人気ランキング上位にランクインする人気のイベント。2017年は、ライトアップとしては30回目、ドリミネーションとしての開催は16回目を迎え、記念のライトアップも計画されているそう。より一層パワーアップされそうなひろしまドリミネーションを、大切な方と一緒に見に行きませんか?

ひろしまドリミネーションとは?

魅力ある広島の冬の賑わいを創出することを目的に、1988年、中心部の商店街による「ひろしまライトアップ事業」から始まり、1999年には、開催地域を拡大して平和大通りでのイルミネーションが開始されました。

2002年にはひろしまドリミネーションと名称を変え、「おとぎの国」をコンセプトにしたイルミネーションイベントとなりました。ドリミネーションとは造語で、ドリームとイルミネーションをあわせて作られたそうです。

このイベントは、おとぎの国をイメージして設営されるのが特徴です。童話や昔話の世界をイメージしたオブジェが並ぶことから、カップルはもちろん、家族連れにも大人気です。

開催期間は?

ひろしまドリミネーションは、毎年11月17日から翌年1月3日までの48日間。この期間は毎年変わらず固定されています。

2017年も、11月17日(金)から開催します。当日は、17時00分から広島観光親善大使や広島市消防音楽隊による本通りパレードが行われるほか、17時50分からは、平和大通り緑地帯(広島クリスタルプラザ前)にてオープニングセレモニー(点灯式、コンサート)が開催される予定です。

点灯時間は?

点灯時間は、17時30分~22時30分となっています。

開催場所は?

メインのイルミネーションエリアは、平和大通り南北緑地帯(平和大橋東詰め~田中町交差点 )。車道を挟んだ両側になります。距離は1kmほどの長さで、ゆっくり歩いて片道15分ほど。

  • 街のあちこちがイルミネーションで飾りつけられます

他にも、並木通り・金座街などの各商店街、アリスガーデン・東新天地公共広場などの公共空間、基町クレド・紙屋町シャレオ、総合体育館などの施設でも、イルミネーションの飾りつけがされていますので、散策してみて下さい。

ひろしまドリミネーション2017の見どころは?

2017年は、それぞれにテーマを持った4つのエリアが展開されます。Dreami Forestは、家族で写真撮影などが楽しめる子供たちのためのエリア。The Land of Aquaは、水と氷を連想させる神秘的なエリア。The Land of Sunは、温かな太陽の光を連想させる力強いエリア、といった計画が発表されています。どんな世界が広がるか楽しみですね。

最後のDreami Festivalエリアは、ライトアップ事業30周年を記念して、歴代のモニュメントが並ぶ予定です。それぞれに思い出深い、懐かしいオブジェに再会できるかもしれませんね。

平和大通りやアリスガーデンなどの市内中心部だけでも、約140万球の光で彩れるそうです。ぜひ、カップルや、ご家族お揃いで冬の夜をお楽しみ下さい。

ひろしまドリミネーション
本部の地図を見る
平和通りの地図を見る
ひろしまドリミネーション

広島 / イベント・祭り

 

住所:広島市中区中島町1番1号 平和公園レストハウス内

電話:082-247-6805(ひろしまライトアップ事業実行委員会事業推進本部)

Web:http://www.dreamination.com/index.html

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2013年12月23日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
お出かけ、食べることが大好き!

日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!