ぬいぬい

アクセス
89
いいね!
9
コメント
0

岩手の八幡平にある通称、ドラゴンアイ

5月下旬に撮影です
ネイティブ岩手の私も去年知った絶景スポットです。

青の美しさを是非肉眼で味わって欲しいです!

スポット情報:八幡平ドラゴンアイ

2019年2月11日

このトラベラーの人気の旅フォト

京都の蓮華寺
本当に静かで一人旅には最適
庭園も綺麗です
秋田の抱返り渓谷
紅葉の名所ですが、下の渓流が青く美しいです。
函館の立待岬
石川啄木の墓の近くにあります

函館生活の後再び上京し作家として再挑戦したのは函館の雄大な風景の後押しがあったからかもしれません
函館の阿佐利

海鮮もですが、函館に訪れたならば、ここのすき焼きも必食です。ミシュラン掲載のお店なんです。
牛久大仏

大仏の中に近代的な展示や写経体験、展望台があります。外には動物と触れ合える所と見どころたくさんで行く価値ありです!
盛岡駅にあるカフェの銀河堂でホットティーを頼むと、南部鉄器で来ます!
偕楽園の梅
全てが満開の時にまた行きたい
頑張って咲いている梅もちらほら
鹿島神宮の御手洗池

水上に鳥居があるとどうしてこんなに美しいのでしょう
鹿島神宮のおみくじは
鹿島の事触れ
というそうです。神々しい
後ろ姿が素敵な牛久大仏

仏像の後ろ姿ってあまり見れないですよね。袈裟の皺もリアルで動き出しそうです。
先日の善光寺ライトアップにて
ゆめあかりが個人的に印象的でした🎶
善光寺のひとにぎり地蔵

辛い時に、売ってる小さいひとにぎり地蔵を握ると救われるらしい

御朱印にもなってて可愛らしいです

八幡平ドラゴンアイ

八幡平ドラゴンアイの人気の旅フォト

八幡平ドラゴンアイ(色調整あり)

時期限定と聞いて埼玉から弾丸で行ってきました。
八幡平周辺には温泉など色々楽しめる場所があり再訪を誓いました。
今の季節(5月下旬〜6月上旬)にしかみられない
岩手県と秋田県にまたがる
八幡平市の"ドラゴンアイ"🐉👁
正式名称は"鏡沼"といいます。
私は6月7日に行ってきました!

ここ数年で急速に有名になった観光地。
なぜなら地元の人も気づかないほど厳しい環境の場所にあるからなのです👀
外国人観光客がSNS発信をしていき、徐々に有名になってきました!
今ではすっかり有名観光地に👏

いわて花巻空港(HNA)-台北(桃園)空港(TPE)と
上海(浦東)空港の国際便が就航してから更に
熱が上がっています。
(旅行会社としては嬉しい限り💕)


この写真はまだドラゴン様が半分寝ています。。若しくは寝ぼけているのです。笑
中央のうーっすら黒くなっている部分が溶けてくると完全に黒くなります。
それが瞳のように見えて本物の"ドラゴンアイ"が完成します!!
(この翌日に開眼宣言あり。悔しい)

実際に行ってみた者として、なかなか服装の事が正確に書かれていなかったので、残しておこうと思います。
🔶マウンテンジャケット+長ズボンが基本
🔶足元はトレッキングシューズor長靴が基本

山頂の為、基本は6月上旬でも10°前後
風もかなり強めに吹く為、体感温度としてはかなり寒いです。よっぽど天気が良い限りでないと半袖はおすすめできません。
🔶天気がコロコロと変わります。
案内板から約15分ほど歩きますが、雪の斜面を
行くのでスニーカーやランニングシューズだと間違いなく滑ります。

最後に、、、、。
ドラゴンアイ付近の山頂レストハウスには
八幡平限定"ドラゴンアイゼリー"🔵⚪️
とってもSNS映えするので是非ご購入を💕
岩手にある八幡平のドラゴンアイです。雪解けの季節だけ見られるレア絶景🐲

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります