月夜野

アクセス
87
いいね!
20
コメント
0

長崎県佐世保市にある九十九島(くじゅうくしま)は、入り組んだリアス式海岸からなる群島で、実際には208もの島が点在しています。島の密度は日本一!世界で最も美しい湾としても有名です。

スポット情報:九十九島

2019年3月22日

このトラベラーの人気の旅フォト

北海道清里町にある「神様からの贈り物」と称されている神の子池。世界第2位の透明度を誇る神の湖「摩周湖」の伏流水が溜まってできたものと言われています。水底までハッキリ見える透明度とブルーのグラデーションがとにかく美しい神秘的な池です✨
千歳支笏湖氷濤まつり、始まりました!
2/17(日)まで、期間中の土日は18:30より花火も打ち上がります。夜のライトアップも素敵ですが、支笏湖ブルーが存分に感じられる昼間の氷濤もおススメです❄️
栃木県足利市のあしかがフラワーパーク。アメリカCNNが選出した世界の夢の旅行先10選では日本で唯一のランクイン!昼の藤も美しいですが、ライトアップされた夜の藤は一層幻想的な雰囲気に包まれます。
函館で最も美しい坂「八幡坂」。街路樹がライトアップされる秋冬は特に綺麗です!坂の上からは同じくライトアップされた海上に浮かぶ旧青函連絡船「摩周丸」やベイエリアの夜景が見渡せます。
北海道を代表する冬のイベント「小樽雪あかりの路」は、毎年バレンタインデーのあたりに開催される雪とあかりがテーマのロマンチックなイベント💕2019年の開催日は2月8日(金)〜2月17日(日)です☃️
世界三大夜景であり日本三大夜景でもある函館山。右は津軽海峡、左は函館湾という特異な地形が素晴らしい夜景を作り出しています。この夜景の中に「ハート」の文字を見つけられたら恋愛が成就すると言われています💕
世界中から観光客が訪れている北海道美瑛町の青い池。水没したカラマツや白樺の立ち枯れた様子と、自然界ではあまり見られないミルキーブルーの対比が絶妙です。雪が降り積もる真冬には青くライトアップされ、真っ白な雪とのコントラストがとても綺麗です!
ハワイオアフ島のワイキキビーチでグリーンフラッシュを待っている間に撮影した一枚。年に数回しか起こらない、太陽が水平線に沈む一瞬だけ緑色に光るグリーンフラッシュ現象。見た人は幸せになれるという言い伝えがあります💕
今年も始まった白い恋人パークのイルミネーション✨毎年凝った演出やプロジェクションマッピングを使用した参加型ゲームイベントなどで観光客を楽しませてくれています。今年は光のフォトスポットも用意されていますよ✨✨
光の絨毯と称される札幌の夜景が惜しみなく楽しめるスポット「もいわ山山頂展望台」。日本新三大夜景にも選定されました。ロープウェイを使えば真冬でも見ることができるので、季節を問わずカップルに人気のスポットです💖
岡山県総社市にある宝福寺。室町時代に少年だった雪舟が修行を積んだとされる禅寺です。雪舟は修行よりも絵を描いてばかりいたそうですが、描きたくなるのも無理もないと思うほどに美しいお寺です。座禅体験もできますよ!
岡山県湯原温泉郷の砂湯。全国露天風呂番付では西の横綱に格付けされているだけあって、右を向いても左を向いても大きな野天風呂がある豪快さ!男女混浴ですが女性には湯浴み着のレンタルがあるので安心して楽しめます♨️

九十九島

九十九島の人気の旅フォト

《九十九島/長崎県》
たくさん島があるということから名付けられた九十九島。
サンセットで有名な石岳展望台で撮影しました📸
ここはハリウッド映画『ラスト・サムライ』の撮影スポットになったらしく、白黒(海が白っぽく、島が黒っぽく見える)に太陽の差し色が入った風景は感動します。
展望台は360度見渡すことができ、この風景の裏側は佐世保港を一望。
九十九島の日の入を見届けて、後ろを振り返ると、工場夜景を楽しめます🌃
九十九島 ❁︎ in長崎
九十九島の牡蠣
九十九島
じゃーん!佐世保! 九十九島!!
九十九島でクルーズ
長崎の佐世保沖に広がる九十九島。

鑑賞スポットがいくつかあって、この写真は展海峰という展望台から撮ったものです。

穏やかな海に写る夕陽が美しすぎて、陽が沈むまでひたすらぼーっと眺めてしまいました。

九十九島が紹介されている人気の記事

長崎県の人気観光スポットTOP40!旅行好きが行っている観光地ランキング

ハウステンボスやグラバー園、眼鏡橋などをはじめとする長崎県の観光スポットの中で、トリップノートの4万5千人の旅行好きトラベラー会員(2019年9月現...

長崎県佐世保市九十九島で味わう!【九十九島かき食うカキ祭り】

長崎県佐世保市で味わう冬の絶品グルメといえば「九十九島かき」!10月から3月にかけて旬を迎える「九十九島かき」は小さいながらもプリプリとした食感と濃...

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります