佐賀
佐賀観光
吉野ケ里遺跡が所在する、陶器の名産地

武雄温泉楼門

52

view

武雄のシンボルと言える楼門

武雄温泉楼門

武雄のシンボルといえば、「武雄温泉楼門」です。武雄温泉街を歩いていくと見えてきます。東京駅を設計した辰野金吾博士の設計で、大正4年の創建です。釘を一本も使用していない天平式の楼門となっています。

このスポットが紹介されている記事

【佐賀観光】定番の伊万里・有田・武雄温泉・吉野ヶ里含む2泊3日モデルコース

マイナビによる2015年の調査で、「一生行くことはないだろう」と思う都道府県...

2019年7月25日|471 view|ある通訳案内士

佐賀県の歴史・文化を感じられるスポット巡り!

「佐賀県」は九州7県の中では、面積・人口ともに一番規模が小さい県ですが、史跡...

2018年3月6日|494 view|ひさし

一生行かないなんてもったいない!知られざる佐賀の魅力16選

福岡と長崎に挟まれ「一生行くことがない県」と言われる佐賀。「佐賀県」と聞いて...

2017年7月23日|5,962 view|hithit

美肌の湯に上質の隠れ宿、パワースポットまで♪「佐賀・武雄温泉」のススメ

博多駅から電車に揺られること約1時間。JR武雄温泉駅からゆったりとした街並み...

2016年7月20日|478 view|ソマ

武雄温泉楼門の写真

  • 武雄温泉楼門

武雄温泉楼門の基本情報

  • アクセス
  • 住所
    佐賀県武雄市武雄町大字武雄7425 [地図]
  • 電話番号
  • WEB
  • 営業時間
  • 定休日
  • 料金
  • 予約
  • キーワード
  • 備考
※このスポット情報は2016年7月20日に登録(2019年7月25日に一部変更)した時点の情報です。
 内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

佐賀の予約
ホテル予約
チェックイン
チェックアウト
人数

編集部おすすめ記事

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?