ソウル
ソウル観光
気軽に行ける海外旅行先として人気

雲峴宮

ウニョングン/うんけんきゅう

61

view

朝鮮王朝末期の政治家・興宣大院君の私邸

雲峴宮

仁寺洞にある「雲峴宮(ウニョングン)」は、朝鮮王朝末期の政治家として知られる興宣大院君(フンソンデウォングン)の私邸且つ、その息子である朝鮮王朝第26代国王・高宗(コジョン)が生まれて王位に就く12歳まで過ごした場所です。ソウルにある他の王宮と比べ質素なイメージですが、史跡第257号に指定されており、韓国近代史を語る上で欠かすことができません。権力の全盛期は、現在の「雲峴宮」周辺にある徳成女子大学、在大韓民国日本国大使館広報文化院、校洞小学校などの一帯全てが「雲峴宮」の敷地で、かなりの規模だったと考えられています。しかし、興宣大院君が政治の表舞台から退いた後は、徐々に衰退し、日本による統治時代や朝鮮戦争などにより破壊されていきます。その後、保存状態の良かった建物だけでも残そうと、1993年~1996年にかけて補修を行い、1996年10月26日から一般公開となりました。

このスポットが紹介されている記事

【ソウル】仁寺洞の穴場スポット!朝鮮王朝末期の政治家・興宣大院君の私邸「雲峴宮」

ソウルの古宮(王宮)といえば、景福宮や昌徳宮などを思い浮かべる人も多いかと思...

2019年11月26日|411 view|あやか

雲峴宮の写真

  • 雲峴宮

    現在の「雲峴宮」全景

雲峴宮の基本情報

  • アクセス
  • 住所
    ソウル特別市鍾路区雲泥洞114-10 [地図]
  • 電話番号
  • WEB
  • 営業時間
  • 定休日
  • 料金
  • 予約
  • キーワード
  • 備考
※このスポット情報は2019年11月25日に登録(2019年11月27日に一部変更)した時点の情報です。
 内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

ソウルの予約
ホテル予約
チェックイン
チェックアウト
人数

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります