滋賀
滋賀観光
「近江八景」をはじめとする琵琶湖の景勝地が人気

滋賀の旅フォト

琵琶湖テラス
黒いテーブルに映り込む庭が綺麗でした。
一階と二階では違った景色が見られます。
伊吹山山頂のヤマトタケル
ラコリーナ近江八幡
#滋賀県#近江八幡ラコリーナ近江八幡#クラブハリエ#滋賀カフェ
✈️滋賀県💗
彦根城🏯🌈
✈️滋賀県💗
琵琶湖バレイ🏖
滋賀 草津湯元水春
こちらの炭酸泉に浸かってきます(^^)
近江八幡の休暇村でキャンプしましたー。虫も少なく、琵琶湖も見渡せて最高でしたー。
東近江市宮荘町あじさい通り
東近江市宮荘町あじさい通り
東近江市宮荘町あじさい通り
五個荘近江商人屋敷の陶狸
五個荘近江商人屋敷。ロケ地。
五個荘近江商人屋敷
シャーレ水ヶ浜☕️琵琶湖
滋賀県シャーレ水ヶ浜
滋賀県シャーレ水ヶ浜
滋賀県もりやま芦刈園
滋賀県もりやま芦刈園
滋賀県もりやま芦刈園
琵琶湖バレイ山麓駅からロープウェイに乗って山頂にいき、そこからさらにリフトで蓬莱山に行くと360度の大パノラマを楽しめます。
#琵琶湖バレイ #琵琶湖テラス #café360
メタセコイア並木
新緑から深緑へ
#琵琶湖博物館
#滋賀
#滋賀
#浮御堂
びわ湖バレイ
ロープウェイで登って、絶景テラスでカフェ。
ジップラインなどのアクティビティも充実しています。
菩堤寺山山頂🏔
石山寺の山門を通った後の紅葉のトンネル。
紅葉は見事なんだろうとは思いますが、春の青もみじのトンネルも見事でした。
ひこにゃんに会ってきました!
信楽焼

信楽焼「しがらきやき」は、滋賀県甲賀市信楽町を中心に作られる陶器で、昭和51年(1976年)に国から伝統的工芸品の指定を受けています。

使用される土は粘り気があるのが特徴で、耐火力、保温力に優れており、茶碗や花瓶、食器、雛人形、タイルなど個性あふれるものが作られています。

また、適度な吸水性のある信楽焼は植木鉢にも適しています。

#サント船長の写真 #滋賀 #信楽
信楽焼

信楽焼(しがらきやき)は、瀬戸焼や備前焼など日本六古窯のひとつに数えられる、歴史ある陶器です。

たぬきは「た=他」「ぬき=抜く」ということで「他を抜く(他店を抜く)」という意味があり、また、たぬきのお腹が「太っ腹」に通じることから、商売繁盛、招福、金運UP、開運など、縁起が良いものとされて居ます。

信楽狸八相縁起 石田豪澄和尚の理論によると。

笠:思わざる悪事災難避けるため用心常に身を守る笠

顔:世は広く互いに愛想よく暮らし誠をもって努めはげまん

目:何事も前後左右に気を配り正しく見つむる事忘れめ

通帖:世渡りはまず信用が第一ぞ活動常に四通八達

徳利:恵まれて飲食のみに事足りて徳はひそかに我身につけん

腹:物事は常に落ちつきさりながら決断力の大肚をもて

金袋:金銭の宝は自由自在なる運用をなせ運用をなせ

尾:何事も終わりは大きくしっかりと身を立てるこそ真の幸福

#サント船長の写真 #滋賀 #信楽
信楽焼
狸の中に納まるサント船長です♪ 同化して居ますね(笑)

#サント船長の写真 #滋賀 #信楽
琵琶イチで出会えた🚴‍♀️
たぬきの焼き物は作者によって違いがあるようです。
スカーレット色のものは、値段も高いようでした。
中には安土城の天守の上層部が実物台で再現されています。
残念ながら天守は完成して3年後には焼失したようですが、これが実物に近いなら、信長は秀吉に負けず劣らず派手好きですね。
びわ湖バレイ
滋賀 旧竹林院
テーブルに反射した庭園で有名。
☝︎信楽陶芸村
大津の第一疏水の桜
彦根城。
大社を護っている神猿(まさる) 楼門の四隅を支えています。
日吉大社 鳥居の形も独特です。
日吉大社 屋根の形が独特です。
彦根城
竹生島
西国霊場三十番宝巌寺

鳥居の下にある白いの「かわらけ」です、鳥居に投げて潜らず、失敗したのが落ちていますが、かわらけね、二枚400円です。高いか安いかは貴方の価値観です。

#サント船長の写真 #西国霊場札所巡り #鳥居 #滋賀
竹生島
西国霊場三十番宝巌寺


#サント船長の写真 #西国霊場札所巡り #滋賀
竹生島
西国霊場三十番宝巌寺



#サント船長の写真 #西国霊場札所巡り #滋賀
日吉大社の門前にお店はあります。
鶴喜そば 開店前から大勢の人が来られてました。
鶴喜そばのお庭
竹生島
西国霊場三十番札所宝巌寺

此の写真は現地から直接の投稿です、蔵出しでは有りません🤗

#サント船長の写真 #西国霊場札所巡り
竹生島
西国霊場三十番宝巌寺

此の写真は現地から直接の投稿です♪


#サント船長の写真 #西国霊場札所巡り #全国神社仏閣巡り
竹生島
西国三十三霊場三十番宝巌寺

此の写真は現地から直接の投稿です♪
2021年3月27日14時20分

『唐門』とは、唐破風をもつ門という意味です。
この『唐門』は、秀吉を祀った京都東山の豊国廟に建っていた『極楽門』を豊臣秀頼の命により片桐且元を普請奉行として移築されたものです。移築の際、土地の条件から観音堂に接して建てられています。桧皮葺、建物全体を総黒漆塗りとした上に金鍍金の飾金具が散りばめられ、虹梁中央の蟇股の周囲には鳳凰や松・兎・牡丹の彫刻を、二枚の大きな桟唐戸や壁には牡丹唐草の彫刻を極彩色塗りとして飾っています。豪華絢爛と言われた桃山様式の『唐門』の代表的遺構です。

#サント船長の写真
#西国霊場札所巡り #唐門
牛石
#202103b#s滋賀
信楽陶芸村
生まれてはじめて陶芸体験
#202103 #s滋賀
慈眼堂

鵜川四十八体石仏群のうち13体 - 天文22年(1553年)に六角義賢が高島郡(現・高島市)鵜川に亡き母の菩提を弔うために建立した48体の阿弥陀如来坐像のうちの13体。この13体は江戸時代初期に当地に移されたもの。
さて誰が此処に移したか?
天海僧正ではないか?
天海=明智光秀は、
江戸時代初期、幕政に大きな影響力を持っていた僧・天海と、戦国武将の明智光秀は同一人物であるとする説。

#サント船長の写真 #石仏巡り#石像
大津市坂本の慈眼堂

鵜川四十八体石仏群の48体の内13体 が 時の力有る人物により坂本の慈眼堂に安置されております。

#サント船長の写真 #石仏巡り#石像
慈眼堂
慶長12年(1607年)から比叡山南光坊に住み、織田信長の比叡山焼き討ち後の復興に尽力した天海の廟所である。 江戸時代初期の禅宗様を基本とする建物で、堂内には木造慈眼大師坐像(国の重要文化財)を祀る。境内には天海によって高島市から当地に移された鵜川四十八体石仏のうちの13体の阿弥陀如来座像のほか、 歴代天台座主の墓、桓武天皇の御骨塔などがある

#サント船長の写真  #石仏巡  #全国神社仏閣巡り
鵜川四十八体仏郡
白鬚浜付近で国道161号線を旧西近江路に折れ北進すると、草深い山中の墓地に、花崗岩石で作られた高さ1.6mの阿弥陀如来像群が見られます。

#サント船長の写真 #石仏巡り 
#石像
鵜川四十八体仏郡
この仏像群は、室町時代後期に観音寺城(現安土町)城主の佐々木六角義賢が亡き母の菩提を弔うため、観音寺から見てちょうど対岸にあたる高島市鵜川(うかわ)に建立したものです。

#サント船長の写真 #石仏巡り #石像
鵜川四十八体仏郡
本来は四十八体ですが、現在は鵜川に33体、大津市坂本の慈眼堂に13体が、それぞれ安置されており、残り2体は行方知れず、つまり盗難ですね。

#サント船長の写真 #石仏巡り #石像
2021.2.20
琵琶湖大橋
2021.2.20
藤樹の里あどがわ
カレーか蕎麦か選べなくてセットにしてしまった
#琵琶湖
滋賀 ii·cafe×da·bar
滋賀 ワニカフェ
  1 2 3 4 5  

全324件のうち( 1 - 65 件目)を表示

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります