下田・南伊豆
下田・南伊豆観光
黒船来航で知られる開国地、そして美しい白砂のビーチ

お吉が淵

44

view

下田市街から北へ約5km。稲生沢川沿いに、お吉が落命した「お吉が淵」と呼ばれる場所があります。史実によるとお吉は自死したとされていますが、誰もその様子を見たものはなく、自死か事故死かは今も判然としません。

昭和8年、この地を訪れた新渡戸稲造(にとべいなぞう)氏がお吉の供養のために地蔵を建立、今もこのお吉地蔵がお吉の霊を慰めています。伊豆急行下田より一つ目の蓮台寺駅で下車、徒歩数分というアクセスです。

唐人お吉こと、斎藤きちは下田生まれの芸妓でした。1857年、米国駐日領事のタウンゼント・ハリスの要望により、看護人として下田奉行所から派遣されました。奉行所からたくさんの支度金と給金が支払われたこと、また外国人の妾(めかけ)になったと曲解されたことで、「唐人」と揶揄され偏見を受けたといわれています。

このスポットが紹介されている記事

伊豆下田・開国の歴史に思いを馳せる名所巡り

黒船来航後、開国した南伊豆の下田は、日本がそれまでに経験したことのない重要な...

2020年3月10日|274 view|熊猫

お吉が淵の基本情報

  • アクセス
  • 住所
    静岡県下田市河内 [地図]
  • 電話番号
  • WEB
  • 営業時間
  • 定休日
  • 料金
  • 予約
  • キーワード
  • 備考
※このスポット情報は2020年3月10日に登録(2020年3月11日に一部変更)した時点の情報です。
 内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

下田・南伊豆の予約
ホテル予約
チェックイン
チェックアウト
人数

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります