山形
山形観光
さくらんぼの生産量&ラーメン消費量日本一の温泉県

山形のおすすめ遊び場ランキングTOP11(観光地)

指定場所からの距離
エリア
  • すべて(11)

山形には、鶴岡市立加茂水族館、道の駅 寒河江 チェリーランド、道の駅 天童温泉など、子供と出かけたい遊び場がたくさんあります。トリップノートでのアクセス数や口コミをもとに、山形の遊び場を人気順で紹介します。

指定条件:遊び場  [解除]
鶴岡市立加茂水族館

鶴岡市立加茂水族館

クラゲドリーム館
60種類以上のクラゲを展示する、世界一のクラゲ水族館!

「クラゲドリーム館」の愛称で親しまれている、山形県唯一の水族館。60種以上ものクラゲを展示しており、クラゲ展示種類数世界一の水族館としてギネスにも認...

エリア
山形
カテゴリー
子供が喜ぶ、観光名所、絶景、水族館、女子旅、一人旅、雨の日観光、遊び場、インスタ映え

道の駅 寒河江 チェリーランド

みちのえき さがえ ちぇりーらんど
お土産探しだけじゃない!まるで”さくらんぼ”のテーマパーク

寒河江(さがえ)市を走る国道112号線沿いにある道の駅。世界のさくらんぼ107種類、130本が植栽されている「国際チェリーパーク」や、さくらんぼの歴...

エリア
山形
カテゴリー
道の駅・サービスエリア、女子旅、子供が喜ぶ、雨の日観光、春のおすすめ観光スポット、夏のおすすめ観光スポット、遊び場
湯の町の道の駅ならではの足湯(無料)も大人気

国道13号線に接して建つ「道の駅・天童温泉」は、天童温泉街にも近く、JAが運営する産直店「サンピュア」も併設しているので、人気のスポットです。...

エリア
山形
カテゴリー
道の駅・サービスエリア、子供が喜ぶ、足湯・手湯、遊び場
スタジオセディック 庄内オープンセット

敷地面積日本一の撮影所を一般公開

さまざまな映画やドラマが撮影された、敷地面積日本一の撮影所を一般公開している施設。宿場町、漁村、農村、山間集落などのエリアを徒歩や周遊バスに乗って巡...

エリア
山形
カテゴリー
テーマパーク、子供が喜ぶ、穴場観光スポット、穴場デートスポット、遊び場
庄内町風車村

3基の風車が目じるし!風力発電の仕組みを学べる施設や遊具があります

全国でも有数の強風地帯の特性を生かして、風力発電を行っている庄内町。その庄内町にある3基の風車が目じるしの施設です。敷地内では「ウィンドーム立川」で...

エリア
山形
カテゴリー
公園、子供が喜ぶ、穴場観光スポット、遊び場

わくわくファーム前森高原
自然の中で動物と触れ合える!家族連れにオススメレジャー施設

わくわくファーム前森高原は、自然の中で動物に触れあえるレジャー施設。園内にはヤギや鹿、牛、羊などの動物を直接触ったり、餌をあげたりできるふれあいの場...

エリア
山形
カテゴリー
体験・アクティビティ、女子旅、牧場、子供が喜ぶ、穴場観光スポット、穴場デートスポット、遊び場
ハローキティの観覧車もある東北最大級の遊園地

東北最大級の遊園地「リナワールド」。ハローキティの観覧車やローラーコースターが楽しめるメルヘンランドなど、小さいお子さんでも楽しめるアトラクションが...

エリア
山形
カテゴリー
テーマパーク、遊園地、子供が喜ぶ、遊び場
子どもが思い切り遊べる場所として人気!

子どもが思い切り遊べる場所として、地元の方にも人気の「べにっこひろば」。屋外施設と屋内施設にわかれており、屋外にはふわふわドームや、ローラーすべり台...

エリア
山形
カテゴリー
子供が喜ぶ、遊び場
河北児童動物園

365日24時間年中無休でオープンしている山形県唯一の動物園

山形県唯一の動物園。365日24時間年中無休でオープンしており、入場無料なのが特徴です。ヤギやヒツジ、ウサギにエサをあげたり、「放鳥舎」で放し飼いに...

エリア
山形
カテゴリー
子供が喜ぶ、動物園、穴場観光スポット、遊び場
サッカースタジアムや野球場などがある大型運動施設

モンテディオ山形がホームにするサッカースタジアムや、野球場などがある大型運動施設。その中でも子連れにおすすめは、15種類の遊具が点在する「遊びの森」...

エリア
山形
カテゴリー
公園、子供が喜ぶ、遊び場

どんでん平スノーパーク

雪遊びができるテーマパーク

東北地方でも有数の豪雪地帯、飯豊町にある雪遊びができるテーマパーク。巨大雪上すべり台や、雪上バナナボート、スノーモービルの乗車体験など、ワクワクする...

エリア
山形
カテゴリー
テーマパーク、子供が喜ぶ、冬のおすすめ観光スポット、遊び場
   

全11件のうち( 1 - 11 件目)を表示

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります