青森
青森観光
自然景勝地を多く有する、日本一のりんご生産地

青森で人気の観光スポットランキング

指定場所からの距離
エリア
  • すべて(312)

青森には、奥入瀬渓流、三内丸山遺跡、弘前城をはじめ、青森ならではの観光スポットが盛りだくさん。そんな青森では、どこに行けばいいのか悩んでしまいがち。そこで、トリップノートを利用している旅好きなみなさんのクチコミ・評判やアクセス数をもとに人気・注目順で観光スポットを紹介します。

奥入瀬渓流

奥入瀬渓流

おいらせけいりゅう
青森県を代表する景勝地!十和田湖とともに国の特別名勝・天然記念物に指定

奥入瀬川の子ノ口(ねのぐち)から焼山まで、全長約14kmにわたって続く「奥入瀬渓流」。観光ポスターなどでよく目にする「阿修羅の流れ」や、3つの流れの...

エリア
青森
カテゴリー
自然・景勝地、観光名所、紅葉、パワースポット、一人旅、春のおすすめ観光スポット、夏のおすすめ観光スポット、秋のおすすめ観光スポット、ハイキング
三内丸山遺跡

三内丸山遺跡

さんないまるやまいせき
日本最大級の規模を誇る縄文集落跡!ボランティアガイドによるツアーも人気です。

史跡の宝庫である青森県のなかでも、特別史跡の「三内丸山遺跡」は、日本最大級の規模を誇る縄文集落跡です。展示室では出土品が展示されているほか、発掘の様...

エリア
青森市
カテゴリー
遺跡・史跡、観光名所、子供が喜ぶ、春のおすすめ観光スポット、夏のおすすめ観光スポット、秋のおすすめ観光スポット、遊び場
弘前城

弘前城

ひろさきじょう
弘前市のランドマーク!展望台からは弘前城天守と岩木山のコラボが楽しめる

陸奥弘前藩初代藩主の為信によって計画され、二代目信牧(のぶひら)によって慶長16年(1611年)に築城された弘前市のランドマーク。東京ドーム約10個...

エリア
弘前
カテゴリー
城、観光名所、一人旅、雨の日観光、春のおすすめ観光スポット、夏のおすすめ観光スポット、秋のおすすめ観光スポット、冬のおすすめ観光スポット
十和田湖

十和田湖

とわだこ
コバルトブルーの美しい湖は、春夏秋冬いつ訪れてもそれぞれに違った魅力を楽しめる!

青森県と秋田県にまたがり、奥入瀬渓流とともに青森を代表する特別名勝・十和田湖。コバルトブルーの美しい湖で、周囲は約47km、水深は約326.8mあり...

エリア
青森
カテゴリー
自然・景勝地、観光名所、紅葉、パワースポット、子供が喜ぶ、一人旅、春のおすすめ観光スポット、夏のおすすめ観光スポット、秋のおすすめ観光スポット、冬のおすすめ観光スポット、ハイキング、遊び場
青森市文化観光交流施設 ねぶたの家ワ・ラッセ

青森ねぶた祭に出陣した、大型ねぶたを見ることができる!

青森の夏の風物詩である「青森ねぶた祭」。「ねぶたの家ワ・ラッセ」では、このお祭り期間以外でも、実際に祭りに出陣した5台の大型ねぶたを見ることができま...

エリア
青森市
カテゴリー
博物館、体験・アクティビティ、子供が喜ぶ、一人旅、雨の日観光、インスタ映え、観光名所

弘前公園

日本屈指の桜の名所!日没後からライトアップされる桜は幻想的です。

日本屈指の桜の名所として知られる弘前公園。4月下旬からゴールデンウィークにかけて開花を迎え、連休中の旅行先として人気です。ソメイヨシノを中心にシダレ...

エリア
弘前
カテゴリー
公園、観光名所、紅葉、女子旅、子供が喜ぶ、花畑(4月)、花畑(5月)、春のおすすめ観光スポット、秋のおすすめ観光スポット、冬のおすすめ観光スポット、桜の名所、遊び場
青森県立美術館

出典:tripnote.jp

美術館のシンボルは、奈良美智による巨大な犬のモニュメント「あおもり犬」

三内丸山遺跡に隣接するモダンな建物の「青森県立美術館」。臣匠シャガールが描いた「アレコ」の舞台背景が常設展示されているほか、県出身画家の棟方志功、奈...

エリア
青森市
カテゴリー
女子旅、観光名所、美術館、子供が喜ぶ、一人旅、雨の日観光、インスタ映え
浅虫温泉郷

陸奥湾に面し、湾に浮かぶ湯島をシルエットにみる絶景が有名!

津軽藩主も来湯した由緒ある温泉地です。陸奥湾に面しており、一部の宿からは夕暮れ時、湾に浮かぶ湯島がシルエットで浮かぶ絶景を眺めながらの入浴が楽しめま...

エリア
青森市
カテゴリー
温泉地、一人旅、観光名所
旧弘前市立図書館

旧弘前市立図書館

きゅうひろさきしりつとしょかん
赤い屋根が可愛い、明治時代に建てられた洋館

明治39年(1906)に建てられた、八角形の双塔をもつルネッサン様式を基調として、随所に和風テイストが取り入れられている美しい洋館です。館内は資料館...

エリア
弘前
カテゴリー
建造物、観光名所、一人旅、雨の日観光、インスタ映え
青函連絡船メモリアルシップ 八甲田丸
函館と青森をつないできた連絡船を見学しよう!

"青函トンネル"が開通するまでの、昭和39年(1964年)から23年7ヶ月の間、函館と青森をつないできた「青函連絡船 八甲田丸」...

エリア
青森市
カテゴリー
博物館、観光名所、子供が喜ぶ、雨の日観光、春のおすすめ観光スポット、夏のおすすめ観光スポット、秋のおすすめ観光スポット、冬のおすすめ観光スポット

岩木山

岩木山

いわきさん
広く裾野を引いた姿が美しく、”津軽富士”とも称されます。

標高1625mの岩木山は青森県で最も高い山。”津軽富士”とも称される美しさは、「日本百名山」「新日本百名山」に選ばれています。平野に咲く黄色の絨毯「...

エリア
弘前
カテゴリー
自然・景勝地、紅葉、花畑(5月)、春のおすすめ観光スポット、ハイキング、菜の花畑
青森県観光物産館 アスパム

青森の定番土産が揃う物産ブラザや、下北半島や津軽半島、むつ湾などを見渡す展望台も。

地上15階、高さ76mの正三角形(「AOMORI」の「A」をイメージした形)をした商業ビルです。物産プラザでは青森県のお土産を種類豊富に揃え、その他...

エリア
青森市
カテゴリー
展望・景観、おみやげ屋、夜景、雨の日観光、展望台
青森ねぶた祭り

青森の夏の風物詩!迫力のあるねぶたと跳人たちの熱気で興奮間違いなし

青森市で8月2日から7日にかけて開催されるお祭りで、1980年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。毎年およそ300万人もの人出があり、とても迫...

エリア
青森市
カテゴリー
イベント・祭り、夏のおすすめ観光スポット、観光名所
十和田市現代美術館

出典:tripnote.jp

アートの街・十和田市のシンボル的存在!現代アートにたっぷり触れよう♪

アートによる街づくりプロジェクト「Arts Towada」計画の拠点として2008年にオープンしました。奈良美智や草間彌生、オノ・ヨーコ、山本修路な...

エリア
青森
カテゴリー
女子旅、観光名所、美術館、子供が喜ぶ、一人旅、雨の日観光、遊び場、インスタ映え

舘鼻岸壁朝市

たてはながんぺきあさいち
日曜日の朝に開催!出店数が300を超える、日本最大級の朝市です。

日の出と共に300を超えるバラエティ豊かな店が軒を連ねる、日本最大級の朝市。毎週日曜日の朝のみ開催され、全長800mに渡って、新鮮な魚介類や野菜、生...

エリア
青森
カテゴリー
市場・朝市、観光名所、女子旅

霊場恐山

日本三大霊山のひとつ!"死後の世界"を垣間見ることができる神秘的なスポット

比叡山、高野山とともに日本三大霊山に数えられる霊場で、地元では「死者の魂は恐山さ行ぐ」と古くから信仰を集めてきました。仏教によれば死者の魂は、死出の...

エリア
青森
カテゴリー
自然・景勝地、観光名所、紅葉、パワースポット、夏のおすすめ観光スポット、秋のおすすめ観光スポット、インスタ映え
弘前さくらまつり

4月下旬〜5月上旬ごろ開催!幻想的なライトアップや美しい桜の絨毯を楽しんで♪

日本屈指の桜の名所として知られる「弘前公園」。ちょうどゴールデンウィーク頃に満開を迎え、「弘前さくらまつり」が開催されます。約2,600本もの桜が咲...

エリア
弘前
カテゴリー
イベント・祭り、春のおすすめ観光スポット、インスタ映え
十二湖

十二湖

じゅうにこ
33の湖沼のなかでも、魅惑の青い色をした「青池」が絶景スポットとして人気!

白神山地のなかにある33の湖沼を総称して「十二湖」と呼ばれています。なぜ33あるのに、12なのか?それは崩山から眺めると見ることができる湖沼が12で...

エリア
青森
カテゴリー
観光名所、自然・景勝地、紅葉、パワースポット、一人旅、ハイキング、世界遺産

津軽藩ねぷた村

つがるはんねぷたむら
旅の思い出に、金魚ねぷたの絵付け体験はいかが?

弘前公園の向かいにある、”弘前ねぷた”をテーマとした体験型観光施設です。高さ10mを超える実物大のねぷたが展示されているほか、ねぷたのお囃子や津軽三...

エリア
弘前
カテゴリー
テーマパーク、体験・アクティビティ、子供が喜ぶ、雨の日観光、インスタ映え、観光名所
種差海岸

種差海岸

たねさしかいがん
八戸観光の定番!12kmの海岸線は見どころ豊富

蕪島〜大久喜までの約12kmの海岸線で、八戸を観光するなら外せない定番スポット。東日本大震災後に再編された「三陸復興国立公園」内にあり、国の名勝に指...

エリア
青森
カテゴリー
自然・景勝地、観光名所、一人旅、春のおすすめ観光スポット、夏のおすすめ観光スポット、ハイキング、遊び場

  1 2 3 4 516  

全312件のうち( 1 - 20 件目)を表示

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります