日本

【2023年版】日本全国の人気美術館TOP18!みんなが行った美術館ランキング

取材・写真・文:

2024年1月18日更新

216,468view

お気に入り

出典:tripnote.jp

2023年にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた全日本国の美術館ランキング【2023年版】をご紹介!2022年版からの順位変動も注目です。

この記事の目次表示

1位:金沢21世紀美術館/石川(→2022年1位)

兼六園のすぐお隣に建つ現代アートの美術館「金沢21世紀美術館」は、普段アートにふれる機会がない人でも楽しめます。ほとんどガラス張りの外壁からは自然光がたくさん入り明るい雰囲気。ガラス張りの円盤形の建物の前に広がる開放的な芝生スペースは、金沢市民の憩いの場となっています。

展覧会ゾーン以外は無料なので、常設展示を楽しんだり、カフェやミュージアムショップを利用する際に気軽に立ち寄ることができますよ。

「金沢21世紀美術館」といえば、服を着たままプールにはいっているように見える、レアンドロ・エルリッヒの作品「スイミング・プール」が有名です。訪れたら思わず写真を撮りたくなります。

また館内にある椅子にも注目!背もたれがウサギの耳のような形をしている可愛い「ラビットチェア」に腰掛けて、外の芝生を眺めるのも気持ちがいいですよ。

なお2024年1月1日に発生した地震の影響で、展覧会(有料)ゾーンは当面休業、交流(無料)ゾーンの一部のみ2月6日より再公開予定です。

金沢21世紀美術館
金沢市 / 美術館 / 観光名所 / インスタ映え / 夜景 / デート / 女子旅 / 子供が喜ぶ / 一人旅 / 雨の日観光 / 夏のおすすめ観光スポット / 冬のおすすめ観光スポット
住所:石川県金沢市広坂1-2-1地図で見る
電話:076-220-2800
Web:https://www.kanazawa21.jp/

2位:箱根彫刻の森美術館/神奈川(↑2022年3位)

自然の中で彫刻に接する機会をもってもらおうと、昭和44年(1969年)に開館した、国内初の野外美術館です。箱根の山々が望める7万平方メートルの緑豊かな広大な庭園には、約120点の名作を常設展示。また屋外だけではなく、ピカソ館をはじめとする5つの室内展示場に、天然温泉の足湯もあります。

彫刻の森美術館を象徴する塔「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」は、高さ18メートル、内径8メートルの塔です。全面にステンドグラスがはめ込まれた空間は、外からの光をうけて幻想的な世界を見せてくれます。

そして、プレイスカルプチャー(遊戯彫刻)という、子供たちが中に入って遊ぶことができる造形作品があります。遊びの中で自然に、色彩や光の生み出す美しさや、造形の面白さを発見することを目的としているそうです。

箱根彫刻の森美術館
箱根 / 観光名所 / インスタ映え / 美術館 / 女子旅 / 子供が喜ぶ / 一人旅 / 春のおすすめ観光スポット / 夏のおすすめ観光スポット / 秋のおすすめ観光スポット / 遊び場 / 足湯・手湯
住所:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121地図で見る
電話:0460-82-1161
Web:http://www.hakone-oam.or.jp/

3位:国立新美術館/東京(↑2022年4位)

日本で5館目の国立美術館として2007年(平成19年)六本木に開館した、日本最大級の展示スペース(14,000㎡)を誇る美術館です。目をひく波打つガラスの外観が美しい建物は、黒川紀章氏による設計。コレクションをもたず、さまざまな企画展を開催しています。

館内にはオリジナルグッズが揃うミュージアムショップやレストラン、そして3つのカフェと、芸術鑑賞以外にも楽しめます。なかでも、「サロン・ド・テ ロンド」は、逆円錐形の形をした建物の上にあり、まさに”天空カフェ”。ケーキとドリンクのセットをゆっくり味わえば、至福のひとときとなることでしょう。

国立新美術館
六本木・麻布・赤坂 / 一人旅 / 観光名所 / 美術館 / 女子旅 / 雨の日観光 / 涼しい観光スポット
住所:東京都港区六本木7丁目22−2地図で見る
電話:03-5777-8600(ハローダイアル)
Web:http://www.nact.jp/

4位:三鷹の森ジブリ美術館/東京(↓2022年2位)

2001年のオープン以来ずっと人気が続いている「三鷹の森ジブリ美術館」は、ジブリ映画の世界を見て・触れて・体験できる美術館です。宮崎駿館主がデザインした建物は、まるで迷路のような空間で、順路はなく訪れた人が迷子になった気分で見て回ることができる一風変わった建物。

受付では、ジブリ美術館のみで上映されている、貴重なジブリのオリジナル短編アニメーションを観ることができる、映像展示室「土星座」のチケットがもらえます。そのほか『となりのトトロ』に登場する「ネコバス」や、屋上庭園には『天空の城ラピュタ』に登場した「ロボット兵」がいたり、ジブリ好きにはたまりません。

  • 出典:tripnote.jp入り口の黒板にはその日のおすすめメニューが

館内には「カフェ 麦わらぼうし」があり、「くいしんぼうのカツサンド」「ふぞろいイチゴのショートケーキ」など、有機農園の新鮮な素材を使った、素朴ながら心がこもった料理を味わうことができます。

三鷹の森ジブリ美術館
吉祥寺・中野・荻窪 / 一人旅 / 観光名所 / 美術館 / 女子旅 / 子供が喜ぶ / 雨の日観光 / 涼しい観光スポット / キャラクターミュージアム
住所:東京都三鷹市下連雀1丁目1−83地図で見る
電話:0570-055-777
Web:http://www.ghibli-museum.jp/

次のページを読む

日本の旅行予約はこちら


日本のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

日本のホテルを探す

日本の航空券を探す

日本の現地アクティビティを探す

日本のレンタカーを探す

日本の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


雨の東京観光におすすめ!雨の日にも楽しめる観光スポット42選

東京には雨の日でも楽しめる観光スポットがたくさん!最新のアートスポットやショッピングスポットに、美術館・博物館・レジャースポットなど、雨を気にせず楽しめるおすす...


【栃木】車がなくても満喫できる!那須と宇都宮餃子を楽しむ日帰り観光プラン

東北新幹線や東北自動車道が通じており、都心からも日帰り可能な那須エリア。雄大な自然に囲まれ、夏は涼しく避暑地としても有名で、美術館や牧場など観光名所も沢山ありま...

【香川】魅力満載の豊島でアートとのんびり過ごす旅

瀬戸内でアートの島といえば直島が有名でが、そのとなりに位置する豊島(てしま)もアートの島で、ゆったりと過ごせて一緒に周りたい場所の一つです。2019年は3年に1...

【香川】これでバッチリ!アートを巡る直島観光モデルコース

見どころの多いアートな場所「直島」ですが、どういうルートでめぐるか、どこを優先的にみるべきなのか迷いがちです。くまなく直島を楽しむために、効率的に直島をまわるプ...

東京・子供と行きたい観光スポット25選!赤ちゃん・幼児・小学生の子連れ旅行におすすめ

レゴランドや多摩動物公園、国立科学博物館、浅草花やしきなど、赤ちゃんから幼児、小学生まで、東京への子連れ旅行におすすめの、子供を連れて行きたい観光スポットをご紹...

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

【2024】京都でしか買えないお土産人気ランキングTOP33!

お団子を瓶に詰めた「果朋だんご」や、マスカルポーネチーズを挟んだもなか「あんぽーね」などの京都でしか買えないお土産を、トリップノートでのアクセス数を元に人気ラン...


東京女子旅のおすすめ観光スポット22選!最新の話題スポットやおしゃれスポットまとめ

東京へ女子旅するなら、東京らしいおしゃれなスポットや話題のスポットに行きたい!そんな東京女子旅にぴったりの観光スポットや、最新の人気エリア・ショップをご紹介しま...


仙台で買うべきお土産22選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

牛タン、笹かまなど定番のご当地グルメから大人気のスイーツまで、旅行経験豊富なトリップノートのトラベルライターが選んだ仙台の厳選のお土産をご紹介します。仙台のお土...

北海道で買うべきお土産54選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

大人気スイーツから海鮮、チーズやヨーグルトといった北海道らしいグルメに、旅の記念になる雑貨まで、旅行ツウのトラベルライターが選んだ、北海道でしか買えないおすすめ...

【東京】カップル旅行で行きたいおすすめデートスポット45選!

おしゃれな街・清澄白河や蔵前、渋谷スカイなどの注目スポットから、旧古河庭園にサントリー武蔵野ブルワリーなどの穴場スポットまで、カップル旅行で行きたい東京のおすす...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります