金沢市
金沢市観光
3つの茶屋街や武家屋敷跡など情緒ある町歩きが楽しい

石川県庁舎石引分室

旧陸軍金沢偕社

483

view

令和2年10月25日に開館した東京国立近代美術館工芸館として活用するために移築されています。

石川県庁舎石引分室

明治31年(1898年)に旧陸軍の将校クラブとして、金沢市大手町に建てられた木造2階建て。明治42年(1909年)に兼六園すぐそばの現在地に移転し、増改築が加えられ現在の姿になりました。マンサ-ド風の屋根を持つ中央棟、そして左右に寄棟の翼屋がつく左右対称型。明治期の庁舎建築をよく表しています。土日祝には日没〜22:00までライトアップされ美しさを増します。平成9年(1997年)12月12日に国登録有形文化財に指定。

このスポットが紹介されている記事

まるで建物博物館!金沢で見たいレトロな建物15選

金沢の街を歩いていると、まるで建物博物館のように近代建築やレトロな洋風の建物...

2016年2月13日|15,356 view|トリップノート編集部

石川県庁舎石引分室の写真

  • 石川県庁舎石引分室

石川県庁舎石引分室の基本情報

※このスポット情報は2016年2月11日に登録(2021年12月7日に一部変更)した時点の情報です。
 内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

金沢市の予約
ホテル予約
チェックイン
チェックアウト
人数

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります