サンフランシスコ
サンフランシスコ観光
多国籍なカルチャーが入り混じるリベラルな都市

カフェ1905C

Cafe 1905C

34

view

見渡す限りピンク!「Museum of Ice Cream」に併設のカフェ

カフェ1905C出典:tripnote.jp

2017年に開館して以来、インスタ映えする写真が撮れるアトラクションとして人気の「Museum of Ice Cream(アイスクリーム博物館)」。2019年4月には入場券(38ドル/約4,100円)を購入しなくても入れる「Cafe 1905C」が館内で営業を始めました。「1905C」とは、デザイン業界で使用されている色見本帳「パントン・マッチング・システム」の中で、同ミュージアムのイメージカラーであるピンクを指定する番号。店内は見事にこのピンク色で統一されていてデザイナーのこだわりを感じます。カウンターではアイスクリームやコーヒーのほかに「ピンクラテ」「ピンク抹茶ラテ」などを販売。Tシャツや帽子、タンブラー、キャンディー類などお土産に喜ばれそうなアイテムもそろっているので、ダウンタウンに来たら寄ってみたいお店です。

このスポットが紹介されている記事

誰よりも早く行ってみたい【サンフランシスコ】の新スポット4選

アメリカでは一般的に5月末のメモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)が夏の始まり...

2019年6月9日|573 view|くー

カフェ1905Cの写真

  • カフェ1905C

    Tシャツから帽子、キーホルダー、キャンディー類まで、ほぼすべてがピンク色

  • カフェ1905C

    アイスクリームのほかにコーヒーや軽食も販売しています

  • カフェ1905C

    アイスクリーム博物館内にオープンした「Cafe 1905C」

カフェ1905Cの基本情報

※このスポット情報は2019年6月7日に登録(2019年6月10日に一部変更)した時点の情報です。
 内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

サンフランシスコの予約
ホテル予約
チェックイン
チェックアウト
人数

編集部おすすめ記事

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります