シンガポール
シンガポール観光
いまアジアで最も勢いのある多国籍な近未来都市

アーティースティック

Arteastiq

1,170

view

都会の真ん中で優雅な気分に浸れるカフェ

アーティースティック

賑やかなオーチャードの喧騒に疲れたら、是非アーティースティックに立ち寄ってみて。ここにはまるで時間が止まったような、ゆったりとした空間があります。ティーラウンジというだけあって、紅茶の種類は数知れず。。。のんびりと紅茶を味わうのも良し、二段トレイにのった軽食付きのアフタヌーンティーを楽しむのも良し、あなたの思いのままに優雅な時間を過ごしてみて♫ちょっぴりセレブな気分になれるかも?

アーティースティックについて

インテリアがおしゃれなティーラウンジ

アートスタジオに併設されているだけあって、店内にはこだわりの椅子やテーブル、装飾品、そして壁紙に至るまでどれもセンスが良く、まるで不思議の国に足を踏み入れたようなそんな素敵な空間です。そこに座って紅茶を飲むだけで、心も穏やかになり、リッチな気分に浸ることができます。天気が良い日には、大きな窓の外にある木々から木漏れ日が差し込んできて、思わず都会の真ん中にいることを忘れてしまうほど。大きなソファー席もあるので、美味しい紅茶を飲みながらゆったりとしたティータイムが楽しめますよ。

  • 出典:townnote.jpアートを感じるインテリア
  • 出典:townnote.jpインパクトのある花柄の壁紙
  • 出典:townnote.jpカフェに併設された絵画教室

オリジナリティー溢れる種類豊富な紅茶

圧巻なのはティーラウンジといだけあって、他にはないような紅茶のメニュー。紅茶だけでも40種類程ありますが、他にも中国茶や日本茶、もちろんコーヒーもあります。
中でもオススメはフルーツを使った"ライチティー"や"ポメロティー"、生姜が丸ごと入った"ジンジャーティー"、そしてスパイス香る"シナモンジンジャーティー"。どれも大胆にフルーツや生姜が入っていて、香りも楽しめます。紅茶はティーポットで出てきますが、量も多くカップに3杯分位はありそうです。紅茶を頼むと一緒に小さな焼き菓子が付いてくるのも嬉しいですね♪

  • 出典:townnote.jpオススメのフルーツティーメニュー
  • 生姜がまるごと入ったジンジャーティー
  • シナモンの香りが漂うシナモンジンジャーティー

アフタヌーンティーも楽しめます

2名から注文できるお得なアフタヌーンティーセットもありますよ♪ちょっとした前菜やラップサンド、パウンドケーキ等の軽食がのった2段トレイに、紅茶が2種類選べて2人でS$48なのでとってもお得です。
他にもサンドイッチ等の軽食やコース料理、デザートメニューもあるのでランチもお茶も両方楽しめますね。

  • アフタヌーンティーの2段トレイ
  • 出典:townnote.jp軽めの食事も
  • 出典:townnote.jpシナモン&アップルケーキ

※これは2014年10月頃の情報です。

トラベルライター
あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。

旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。

https://tripnote.jp

アーティースティックの写真

  • アーティースティック

    シナモン&アップルケーキ

  • アーティースティック

    シナモンの香りが漂うシナモンジンジャーティー

  • アーティースティック

    生姜がまるごと入ったジンジャーティー

  • アーティースティック

    アートを感じるインテリア

  • アーティースティック

    紅茶に付いてくる小菓子

  • アーティースティック

    インパクトのある花柄の壁紙

  • アーティースティック

    木漏れ日が降り注ぐ店内

  • アーティースティック

    アフタヌーンティーの2段トレイ

アーティースティックの基本情報

※このスポット情報は2014年9月12日に登録(2015年6月12日に一部変更)した時点の情報です。
 内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

シンガポールの予約
ホテル予約
チェックイン
チェックアウト
人数

編集部おすすめ記事

現地在住日本人にトラベロコで無料で質問する

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?