みんなでつくる旅行ガイドブック

トラベルライター85名による現地取材のオリジナル旅行記事と、
トラベラー会員96,882名による旅フォトでつくる「旅行ガイドブック」です。

トリップノート[tripnote]なら、いつでも旅を楽しめます。

行き先さがし
現地訪問トラベルライターの旅行記事やトラベラーの旅フォトで行きたい場所を見つけよう
ガイドブック
旅先が決まったらエリア別のガイドブックで現地情報を調べよう
旅のしおり
読みたい記事や訪問予定のスポットを“しおり“に登録して地図でチェック
アプリ限定
旅フォト
旅先でのとっておきの写真を投稿しよう
アプリ限定
塗りつぶし地図
旅行後は行った国・都道府県をチェックして地図を塗りつぶそう
アプリ限定

旅行記事

もっとみる

トラベルライターとして活動中のみなさん

もっとみる

アクセスランキング

こだわり・目的から探す

人気のキーワード

旅フォト

もっとみる

  • 京都 柳谷観音

空には
紫陽花柄の傘がいっぱい
  • 京都 柳谷観音

いろんな紫陽花展示が
見れて楽しい
  • 京都 柳谷観音

階段紫陽花と風船
とても綺麗な景色
  • 2024年6月24日から7月9日まで、黒羽城址公園で「芭蕉の里くろばね紫陽花まつり」が開催されます。



#栃木 #黒羽城址公園 #芭蕉の里
  • 桑名宗社 春日神社

桑名神社と中臣神社の両社を合わせて「桑名宗社」といい、古来から桑名の総鎮守とされています。1296年に奈良春日大社から春日大明神を勧請して合祀したため、「春日さん」と呼ばれ親しまれています。
江戸時代初期に始まったものといわれる天下の奇祭「石取祭」で知られる神社で、祭車総数43台の山車が一堂に会する、「日本一やかましい祭り」と呼ばれる祭りは絢爛豪華で、「国指定重要無形民俗文化財」にも指定されています。

#サント船長の写真
#桑名市
  • 七里の渡し 宮宿
七里の渡しは東海道五十三次で知られる宮宿(愛知県名古屋市熱田区)から桑名宿(三重県桑名市)までの海路で、かつての官道。この渡しの宮宿側、または、桑名宿側の渡船場のみを指して「七里の渡し」と呼ぶことも多い。此の写真は宮宿側です。

#サント船長の写真 #東海道五十三次
  • 三井の梵鐘
大晦日、大勢の善男善女で賑わった除夜の鐘。一般には近江八景の「三井の晩鐘」として知られるこの梵鐘は、 「天下の三銘鐘」の一つにも数えられています。 姿の立派な宇治平等院の鐘、由緒の正しい高雄神護寺と、音色の美しさで選ばれた三井寺。 つまり、三井の晩鐘は、日本一の響きであると認められているのです。

此処梵鐘は撞かせて貰えますが、以前は300円でしたが、今は800円でした😅一撞きですよ、しかし、此の鐘は本物かなぁ?デプリカと違うかなぁ。
 「天下の三銘鐘」の鐘ですよ、宇治の平等院はデプリカが釣て有り、本物は保管して居ますね。神護寺は判りません。

#サント船長の写真
  • 横須賀港夕景
  • 七里の渡し (桑名市)
七里の渡しは東海道五十三次で知られる宮宿(愛知県名古屋市熱田区)から桑名宿(三重県桑名市)までの海路で、かつての官道。この渡しの宮宿側、または、桑名宿側の渡船場のみを指して「七里の渡し」と呼ぶことも多い。此の写真は桑名側です。
#サント船長の写真 #桑名市 #東海道五十三次
  • 弁慶の引き摺り鐘
滋賀県三井寺に有ります。
しかし、此の話は伝説です、

オイラの考えですが、比叡山の僧兵と三井寺の僧兵が争い、比叡山の僧兵が勝ち戦利品として、此の鐘を奪って行きましたが、
三井寺には有名な僧兵が居ます、筒井浄妙坊明秀と一来法師です、
この鐘を取り返しに行きます、しかし、弁慶は山からこの鐘ををほり投げます。
ーーーーーーーー
弁慶は確かに居た方ですが、殆ど謎だらけです、しかし三井寺の筒井浄妙坊明秀は解って居ます、屋敷跡も三井寺に有ります。
7月の京都の祇園祭の後祭りの山鉾に浄妙山が有ります。
此の山をご覧ください、
弓矢に撃たれた筒井浄妙の頭の上を一来法師が飛び越えて行きます。

オイラは筒井浄妙が弁慶で一来法師が牛若丸では無いかと思います。(コレはオイラの考えです)

#サント船長の写真
  • 奈良県御所市 鴨都波神社(かもつばじんじゃ)のあじさいが、見頃を迎えていました。市街地にありながら、巨木に囲まれた静かな境内で、ゆっくりと見られました。青や紫といった涼しげな色のものが多いようです。
  • 楠公寺 

八大龍王
白龍大明神
寺から急な階段を上がって行くとある社。
2024.6.8
  • 大涌谷
火山性ガスで、喉が痛くなるほど硫黄の匂いが充満し、目も痛くなりましたが、自然の凄さを肌で感じることができます。
名物の黒たまご、4個500円です^_^
  • 鎌倉
鶴岡八幡宮
11世紀後半に源氏の氏神として創建され、鎌倉武士の守護神。
現在では、勝負運、仕事運、安産、金運の神様として信仰を集めています。

旅フォトの投稿が多いトラベラーのみなさん

ガイドブック一覧

編集部のおすすめ記事

もっとみる