シンガポール
シンガポール観光
いまアジアで最も勢いのある多国籍な近未来都市

銀座 黒尊・ロバートソンキー店

ぎんざ・くろそん・Ginza Kuroson Robertson Quay

11,391

view

落ち着いた和の空間で新鮮な魚と美味しいお酒を♪

銀座 黒尊・ロバートソンキー店

東京銀座に本店を構える海鮮料理黒尊。そのシンガポール支店が川沿いのおしゃれなエリア、ロバートソンキーにあります。お店一番のウリは、魚好きで有名なオーナーがこだわった新鮮な魚介類。美味しい魚をお店で毎日提供するために、週2〜3回築地から選りすぐりの新鮮な魚介を空輸直送しているので、日本と全く変わらないクオリティーの刺身や寿司等の海鮮料理が食べられます。そして日本酒や焼酎の種類も幅広く揃っているので、ついつい長居してしまいそう。

銀座 黒尊・ロバートソンキー店について

シンガポール×美味しい海鮮料理=黒尊

シンガポール在中の日本人で知らない人はいない程、美味しい海鮮料理が食べられることで有名な黒尊。場所もロバートソンキーという川沿いのおしゃれなレストランが立ち並ぶエリアにあり、お昼時はお母さん達のランチ会、夜は仕事帰りの会社員や接待等で連日多くのお客さんで賑わっています。店内は和モダンなインテリアで統一され、まさに高級和食店といった雰囲気です。また個室もあるので、周りを気にせずゆったりと食事を楽むことができます。

魚は日本から直送

美味しさの理由は、とことん魚好きのオーナーが新鮮な魚を提供する為に、週に2〜3回築地から魚介を直送しているから。食材選びに妥協せず、常に美味しい魚をお客様に食べてもらいたいというオーナーの思いは銀座店だけでなく、シンガポール店においても全く変わらずに貫かれています。それ故、お店のカウンター前には常に新鮮なネタが揃っています。お刺身から煮魚、焼き魚、そして〆には寿司とこだわりの魚料理を心行くまで堪能しよう!

  • お造り5種盛
  • いかの一夜干し
  • 鮭いくら丼
  • 土佐コース(カツオの土佐造り)

ランチがお得♪

夜は少々値が張りますが、ランチはとってもリーズナブルなので気軽に立ち寄ることができます。ランチの一番人気は「漁師豪快投げ込み丼」。その名の通り、新鮮なネタがこれでもかというほどご飯の上に盛られていて、一度食べたら病みつきになるという声多数。丼の他に、サラダ、味噌汁、デザートまで付いてなんとS$20というから驚きです。他には「ばらちらし」や「鰻丼」も人気。旅行中、美味しい魚料理が食べたくなったら行ってみよう!

  • 漁師豪快投げ込み丼(海鮮丼)
  • ランチメニュー
  • ランチメニュー

※これは2014年11月頃の情報です。

トラベルライター
あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。

旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。

https://tripnote.jp

このスポットが紹介されている記事

シンガポール在住の日本人奥さまに人気のランチスポット9選!

シンガポール旅行中に、雰囲気も味も両方満足させてくれるランチスポットを探すな...

2015年6月3日|101,680 view|トリップノート編集部

シンガポールで和食が恋しくなったら訪れたい6軒

海外を旅行していると、和食って人気があるんだな〜、と実感しますが、シンガポー...

2015年1月4日|3,836 view|oto

銀座 黒尊・ロバートソンキー店の写真

  • 銀座 黒尊・ロバートソンキー店

    ランチメニュー

  • 銀座 黒尊・ロバートソンキー店

    漁師豪快投げ込み丼(海鮮丼)

  • 銀座 黒尊・ロバートソンキー店

    ランチメニュー

  • 銀座 黒尊・ロバートソンキー店
  • 銀座 黒尊・ロバートソンキー店

    土佐コース(カツオの土佐造り)

  • 銀座 黒尊・ロバートソンキー店

    鮭いくら丼

  • 銀座 黒尊・ロバートソンキー店
  • 銀座 黒尊・ロバートソンキー店

銀座 黒尊・ロバートソンキー店の基本情報

※このスポット情報は2014年11月10日に登録(2019年5月31日に一部変更)した時点の情報です。
 内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

シンガポールの予約
ホテル予約
チェックイン
チェックアウト
人数

編集部おすすめ記事

現地在住日本人にトラベロコで無料で質問する

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?