宇都宮市

カトリック松が峰教会

1,241

view

現存する大谷石造りとしては最大級

カトリック松が峰教会

栃木県宇都宮市の中心部に位置する教会。東武宇都宮駅から徒歩5分の場所にあります。現存する大谷石造りとしては最大級で、1998年に国の登録有形文化財に指定されました。教会は外壁だけでなく、祭壇や柱など、ほとんどが大谷石で作られています。日本では数少ない双塔の教会で、設計はスイス人の建築家マックス・ヒンデル氏。

毎日20:30までライトアップが行われ、暗闇に浮かび上がる協会はとても幻想的です。内部は見学することもできます。

このスポットが紹介されている記事

【栃木】入場無料のおすすめ観光・おでかけスポット11選!

湯葉の製造工程が見学できる「日光ゆば」や、SNSでも話題の「岩下の新生姜ミュ...

2023年5月15日|1,611 view|トリップノート編集部

宇都宮の人気観光スポットTOP18!旅行者が行っている観光地ランキング

大谷資料館や大谷寺、宇都宮餃子の名店などをはじめとする宇都宮市の観光スポット...

2023年4月12日|639 view|トリップノート編集部

まだまだ知らない宇都宮の観光スポット12選【栃木】

宇都宮の観光スポットと言えば、大谷資料館が映えスポットで有名ですが、ご覧頂き...

2021年12月16日|1,847 view|Olive

カトリック松が峰教会の写真

  • カトリック松が峰教会

カトリック松が峰教会の基本情報

※このスポット情報は2016年9月27日に登録(2021年12月17日に一部変更)した時点の情報です。
 内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります