読谷村(中頭郡)

読谷村(中頭郡)で人気の観光スポットランキング

指定場所からの距離
エリア
  • すべて(14)

読谷村(中頭郡)には、残波岬、やちむんの里、座喜味城跡をはじめ、読谷村(中頭郡)ならではの観光スポットが盛りだくさん。そんな読谷村(中頭郡)では、どこに行けばいいのか悩んでしまいがち。そこで、トリップノートを利用している旅好きなみなさんのクチコミ・評判やアクセス数をもとに人気・注目順で観光スポットを紹介します。

残波岬

残波岬

ざんぱみさき / 残波岬公園
沖縄本島で一番最後に夕日が沈む場所

沖縄本島最西端にある岬で、沖縄本島で一番最後に夕日が沈む場所。晴れた日には慶良間諸島まで見渡すビュースポットです。高さ30mもの断崖絶壁が約2kmに...

エリア
読谷村(中頭郡)
カテゴリー
自然・景勝地、観光名所、絶景、パワースポット、女子旅、一人旅、春のおすすめ観光スポット、夏のおすすめ観光スポット、星空鑑賞スポット、ツーリング
やちむんの里

焼物の工房が集まる里でお気に入りさがし♪

「やちむん」とは沖縄の方言で焼物のこと。昭和49年(1974年)に人間国宝の故・金城次郎氏が読谷村へ窯を移したことで、陶芸の産地として発展しました。...

エリア
読谷村(中頭郡)
カテゴリー
工場見学、観光名所、女子旅、一人旅、春のおすすめ観光スポット、秋のおすすめ観光スポット、冬のおすすめ観光スポット
座喜味城跡

座喜味城跡

ざきみじょうあと
石積みの精巧さや美しさは、沖縄の城の中でも随一

「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」は、15世紀、琉球王国の英雄・護佐丸によって当時の琉球国王に対抗する勢力を監視する目的で建てられた「座喜味城」の跡...

エリア
読谷村(中頭郡)
カテゴリー
遺跡・史跡、女子旅、一人旅、春のおすすめ観光スポット、夏のおすすめ観光スポット、秋のおすすめ観光スポット、冬のおすすめ観光スポット、世界遺産、グスク
体験王国むら咲むら

NHK大河ドラマ『琉球の風』のオープンスタジオだった場所を利用したテーマパーク

もともとはNHK大河ドラマ『琉球の風』(平成5年放映)のオープンスタジオだった場所を利用したテーマパーク。赤瓦の家屋や琉球石灰岩の石畳など15世紀頃...

エリア
読谷村(中頭郡)
カテゴリー
テーマパーク、体験・アクティビティ、女子旅、雨の日観光、冬のおすすめ観光スポット、ガラス体験、民族衣装体験
沖縄黒糖工場

出典:tripnote.jp

さとうきび丸かじりの体験や黒糖づくりの体験もできる!

「沖縄黒糖工場」では、さとうきびから黒糖になるまで、黒糖づくりのプロセスを無料で楽しく見学することができます。また見学するだけでなく、さとうきび丸か...

エリア
読谷村(中頭郡)
カテゴリー
工場見学、女子旅、雨の日観光、冬のおすすめ観光スポット

残波ビーチ

白い砂浜と海に輝く海!本島中部を代表するリゾート感満載の天然ビーチ

残波岬の近くにあり、本島中部を代表する美しいビーチです。沖合にある発達した天然リーフによって作り出された、イノー(礁湖、ラグーン)となっている正真正...

エリア
読谷村(中頭郡)
カテゴリー
ビーチ、マリンスポーツ、バナナボート
ニライビーチ

ホテル日航アリビラの前に広がるビーチ

ホテル日航アリビラの前に広がるビーチ。ホテルが管理しているビーチではありますが、宿泊客以外でも利用することができます。沖縄でも有数の透明度を誇り、海...

エリア
読谷村(中頭郡)
カテゴリー
ビーチ、穴場観光スポット、穴場デートスポット
アースシップ沖縄

出典:tripnote.jp

エリア
読谷村(中頭郡)
カテゴリー
体験・アクティビティ、シュノーケリング、マリンスポーツ、SUP体験
宙吹ガラス工房 虹

宙吹ガラス工房 虹

ちゅうぶきがらすこうぼう にじ
エリア
読谷村(中頭郡)
カテゴリー
雑貨
アソビバ
エリア
読谷村(中頭郡)
カテゴリー
体験・アクティビティ

渡具知ビーチ

渡具知ビーチ

とぐちびーち
エリア
読谷村(中頭郡)
カテゴリー
ビーチ
Gala青い海
エリア
読谷村(中頭郡)
カテゴリー
体験・アクティビティ、ガラス体験
泊城公園

泊城公園

とまりぐしくこうえん
エリア
読谷村(中頭郡)
カテゴリー
公園
琉装一番屋
世界遺産の「座喜味城跡」で琉球衣装を着て自由撮影も!

沖縄県中頭郡読谷村にあるお店です。世界遺産の「座喜味城跡」で琉球衣装を体験できます。琉球衣装を着て、琉球王朝時代にタイムスリップしたかのような散策、...

エリア
読谷村(中頭郡)
カテゴリー
民族衣装体験
   

全14件のうち( 1 - 14 件目)を表示

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります