フィジー
フィジー観光
本島と1島1リゾートスタイルの小さな島々

最もフィジーらしい「タベウニ島」を訪れるべき理由

2018年6月28日更新

255view

お気に入り

ガーデンアイランドとも呼ばれる美しい自然を誇るフィジーのタベウニ島は、300を超える島々から成るフィジーのなかで「最もフィジーらしい島」ともいわれています。そんなタベウニ島の魅力や、足を伸ばしてでも訪れるべき理由とは?

この記事の目次表示

美しい自然を誇るガーデンアイランドこと「タベウニ島」

  • Taveuni
  • Taveuni

フィジーで3番目に大きな島である「タベウニ島」は、フィジーならではのエメラルドグリーンのラグーンはもちろん、緑が多いことから「ガーデンアイランド」とも呼ばれ、原始が残っているとまでいわれる豊富な自然を誇る島です。

330個もの島々からなるフィジーのなかで、最もフィジーらしいともいわれるタベウニ島だからこそ、せっかくフィジーを訪れたのなら時間をかけてでも足を運ぶべき島なのです!

最もフィジーらしい島「タベウニ島」の魅力と訪れるべき理由

世界中でここにしか咲かない、フィジーの国花「タンギモウジア」に出会える

  • タンギモウジアの花

フィジーのなかで最もフィジーらしいといわれるタベウニ島ですが、その理由の1つとして、神秘的なフィジーの国花である「タンギモウジア」が関係しています。日本の国花は、日本人であれば誰もが目にしたことのある「桜」ですよね。しかし、フィジーの国花であるタンギモウジアは、フィジー人でさえ実物を見たことのある人はそれほど多くないほど、珍しい花なのです。

なぜなら、タンギモウジアは世界中はもちろん、なんとフィジーのなかでもここタベウニ島にしか咲かず、ほかの島へ移植したとしても枯れてしまう、まさに神秘的な花なのです。また、タンギモウジアはタベウニ島のなかでも山中標高が800~1,000mあたりのみに咲く稀少固有種であり、タンギモウジア湖という湖の畔に咲く花として、11~2月上旬が見頃といわれています。

  • タンギモウジアの花

タンギモウジアは別名「乙女の涙」と呼ばれており、赤と白の小さな花がたくさん咲くその先端から水が滴り落ちる様子が、まるで乙女が悲しげに涙を流す姿を連想させることからこのような別名がつけられたといわれています。実際に、タベウニ島には乙女の涙と呼ばれるタンギモウジアにまつわる伝説があります。

昔フィジーの王女が戦士と許されない恋仲になり、山中にて密会を重ねていたものの、2人の関係が発覚してしまったことで戦士が殺害されてしまいます。その事実を知らない王女は、戦士を待ちわびながら山中で涙を流しており、その姿がタンギモウジアになったと言われています。まさに、乙女の涙という物語として語り継がれているのです。

180度の日付変更線が通る、世界でもかなり貴重な場所で不思議な経験ができる

  • meridian time line

タベウニ島は、180度の日付変更線が通っている、世界でもかなり貴重な島でもあります。そんな貴重な場所でありながら、最もフィジーらしい島「タベウニ島」らしく、サッカー場のなかにポツンと簡素な看板が立てられているのみ。名所でありながらも、つい通り過ぎてしまうほどのタベウニ島ののんびりとした魅力が感じられるはずです◎

看板の真ん中に立ち、ここを挟んで昨日と今日を行き来?!することだってできちゃいます。そんなとっても不思議な経験ができるのも、ここタベウニ島ならではの魅力であり、足を伸ばして時間をかけてでも訪れるべき理由なのです。ぜひ、昨日と今日が混在する不思議な空間を肌で感じてみてはいかがでしょうか?

日付変更線
フィジー / その他スポット
住所:International Dateline, Waiyevo village football field, Taveuni, Fiji

美しい「ボウマの滝」の滝壺にある天然プールで遊べる

  • Bouma Waterfalls
  • Bouma Waterfalls

緑豊かでガーデンアイランドとも呼ばれるタベウニ島ですが、水の豊かな島でもあり、なかでも1番有名なのが幻のように美しいと評される「ボウマの滝」です。滝壺のある天然プールでは、緑豊かでのんびりとしたタベウニ島ならではの大自然をたっぷりと肌で感じることができる場所です。

  • Bouma Waterfalls

ボウマの滝はもちろん、ボウマの滝へ辿り着くまでの道のりも美しく、大自然を全身で感じることのできる軽いトレッキングコースのような道だからこそ、とにかく喧騒とはかけ離れた最もフィジーらしい島「タベウニ島」を満喫できること間違いなしです◎

ボウマの滝
フィジー / 自然・景勝地
住所:Tavoro Waterfalls, Tavoro Forest Park and Preserve, Taveuni Island, Fiji

自然のウォータースライドで、誰もが童心に帰れる

  • 天然のウォータースライド

タベウニ島の西側、ボウマの滝の反対側にも、大自然を全身で感じることのできる「天然のウォータースライダー(Waitavala Natural Rock Waterslide)」があります!私たちが一般的にウォータースライダーといって頭に浮かべるのは、人工のウォータースライダーですよね。

でも、ここはフィジーのなかでも最もフィジーらしいタベウニ島です。写真を見れば、いかに自然によって生み出された天然のウォータースライドであるかがわかるはずです!

  • 天然のウォータースライド

現地の子どもたちは、立ったまま滑ってみたりちょっとした技を加えたりと玄人ならではの遊び方で楽しんでいますが、1度滑ってみれば実際の迫力に驚かされるはずです!ツルツルとした岩の滑りによって結構なスピードを誇る天然のウォータースライダーは、開放感あふれる迫力があり、誰もが童心に帰って楽しめるアクティビティーとしておすすめです◎

Waitavala Natural Rock Waterslide
フィジー / 自然・景勝地
住所:Waiyevo, Taveuni Island, Fiji

最もフィジーらしい島「タベウニ島」の魅力は肌で感じるのみ!

  • Taveuni

世界中でここにしか咲かない神秘的なフィジーの国花に出会えたり、180度の日付変更線が通る場所で昨日と今日が混在する不思議な体験ができたりと、ここタベウニ島でしか経験できないことはもちろんタベウニ島が誇る大きな魅力です。

ただしもっと大きな魅力は、のんびりとしたフィジーらしい時間の過ごし方であったり、フレンドリーなフィジアンたちとの関わり合いなど、訪れた1人1人が肌で感じられることなのです。最もフィジーらしい島といわれる「タベウニ島」だからこそ、足を伸ばして時間をかけて訪れれば、きっと「タベウニ島の魅力は肌で感じるのみ」と伝えた意味がわかるはずです◎

タベウニ島
フィジー / その他スポット
住所:Taveuni island

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2010年1月6日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

イギリス在住。ママになっても一生トラベラー
イギリスにて子育て中のフリーライター。
沖縄1人旅からはじまり、現在約50ヵ国を旅するトラベラー。
1本バスを乗り違えただけでストーリが変わる1人旅の魅力にはまり、もっぱら1人旅が大好きだったときに、現在では主人であるイギリス人の彼と出会い2人旅に目覚める。
遠距離歴6年、現地集合・現地解散で2人で世界を旅する。
そして3人家族となった今も、さらに旅欲は増すばかり。
娘に見せたい景色、肌で感じてもらいたい文化、人の温かさはまさに無限。
母・娘2人旅もモロッコはマラケシュにてデビューを果たし、2歳の娘も現在10ヵ国を訪れた立派な旅人。
いつでも・どこでも自分で楽しみ方を見つけて全身で遊ぶ娘に学ぶ日々。

子連れに嬉しいエリアも!ロンドンヒースロー空港ターミナル2の魅力

2014年6月にリニューアルオープンした、ロンドン・ヒースロー空港ターミナル2(T2)。スターアライアンス各社の便が発着するため、全日空(ANA)直行便や韓国の...

タイタニックの世界へタイムスリップ!イギリス/サウサンプトンにある「SeaCity博物館」

イギリス南部の街「サウサンプトン」。実はここ、映画でも知られる「タイタニック号」の母港がある街なのです。そんなサウサンプトンを訪れたのなら必ず足を運びたいのが、...


ジンベイザメと泳げるセブ島・オスロブで泊まるべき絶景穴場リゾートSeafari Resort Oslob

ジンベイザメと一緒に泳げることで有名なフィリピン・セブ島にある「オスロブ」は、日帰り旅行者が多く宿泊客が少ないのんびりとした港町です。でも実は、絶景を臨める超穴...

自由に冒険したいなら車が1番!アイスランドのレンタカー事情とは?

アイスランド旅行の醍醐味である、大自然を感じる旅。「自然の宝庫」ともいわれるアイスランドの大自然をもっと身近に、もっと自由に感じられる旅にしたいなら、レンタカー...


イギリス国民的アニメ【ペッパーピグ】の世界へ誘うPeppa Pig World

イギリスで国民的アニメーションといえば、「Peppa Pig(ペッパーピグ)」。約180もの国々で放送されており、今やイギリスだけでなく世界各国にファンがいるほ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?