石川
石川観光
輪島塗や加賀友禅、金沢の金箔と伝統工芸が盛ん

ここへ来ればすべての願いがかなう!?石川県のパワースポット那谷寺

取材・写真・文:

トラベルライター

2017年5月4日更新

4,227view

お気に入り

写真:トラベルライター

一枚岩の奇岩で有名な那谷寺(なたでら)は、石川県小松市にある白山を信仰するお寺です。自然と一体になったような広い境内は、木々に囲まれ四季折々の顔を見ることができ、季節を問わず多くの人々が参拝に訪れています。今回は、2017年に開創1,300年を迎えた那谷寺をご紹介します。

この記事の目次表示

那谷寺(なたでら)の歴史

  • 写真:トラベルライター

養老元年(717年)、泰澄(たいちょう)法師が「岩屋寺」を開創、千手観音を安置したのが始まりと言われています。

その後の平安期、花山法皇(第65代天皇)が参詣された際に、観音三十三身の姿を岩屋寺で感じたことから西国三十三観音は全てこの山に凝縮されているとし、西国三十三所の第一番の「那智山」と第三十三番の「谷汲山」から一文字ずつとって「那谷寺」と改名されました。

23万平方メートルという広い境内には7棟の国重要文化財、名勝指定園があり、毎年多くの参拝者や観光客が訪れます。

  • 観音三十三身・・・三十三の姿に身を変え、願いを叶えてくれる観音菩薩
  • 西国三十三観音・・・観音菩薩が三十三の姿に変化するという信仰に由来し、そのご利益を与るため巡拝する三十三の霊場のこと

開創1,300年の法要・イベント

2017年は開創1,300年という記念の年で、「なた祭1,300年」が開催されます。

その他にも、4月には「春の夜灯り」、8月には「きもだめし」、10、11月には「秋の夜灯り」、他にも芸能ショーなど多くのイベントが予定されています。


ミシュランにも掲載

  • 写真:トラベルライター

丁寧に手入れされた境内と、周囲の木々や岩などの自然との一体感がとても美しく、2015年にはフランスの旅行ガイドブックである「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に掲載され、1つ星の認定を受けました。海外の方をも魅了する、とても美しいお寺なんですよ。

那谷寺の見どころ

山門の番人

  • 写真:トラベルライター

大きな山門には、右側に口を開けた阿形、左側に口を閉じた吽形の頼もしい番人、阿吽の仁王像がお出迎えしてくれます。

参道

大きな山門をくぐるとまず目を奪われるのが、両脇に杉が立ち並ぶまっすぐと伸びた参道です。

木々が生い茂っていてるので空気もヒンヤリとしていて、なんとなく背筋もシャンと伸びるような気持ちになります。参道の脇にある庭は苔むしていて、緑の絨毯のようです。

金堂華王殿(こんどうけおうでん)

  • 写真:トラベルライター

山門をくぐってすぐ左手にある金堂華王殿には、十一面千手観音菩薩が祀られています。金堂華王殿は南北朝時代に焼失しましたが、平成2年に再建されました。

金堂華王殿
石川 / 社寺・教会
住所:石川県小松市那谷町ユ122地図で見る
Web:http://www.natadera.com/spot/#kondoukeouden

奇岩遊仙境

  • 写真:トラベルライター

那谷寺の一番の見どころと言っても過言ではないスポットが、奇岩遊仙境です。

初めて見た時には誰もが「おお~」と声を上げてしまうほど、自然が作り出したとは思えない奇妙な形をした一枚岩です。ぽっかり空いた穴が人の顔のようにも見えますね。

奇岩遊仙境
石川 / 社寺・教会
住所:石川県小松市那谷町ユ122地図で見る
Web:http://www.natadera.com/spot/#kigayuusenkyou

本殿

奇岩横の岩山の上には重要文化財の本殿があり、「胎内くぐり」という不思議な体験をすることができます。この本殿の中を一周すると母の胎内をくぐり抜けたことになり、新たに生まれ変わることができるのだそう。

まっさらな自分になって再出発したいという方は是非体験してみてください。

大悲閣(本殿)
石川 / 社寺・教会
住所:石川県小松市那谷町ユ122地図で見る
Web:http://www.natadera.com/spot/#daihikaku

三重塔

  • 写真:トラベルライター
  • 写真:トラベルライター

寛永19年(1642年)徳川家綱の生誕祝に建立、胎蔵界大日如来を安置されています。昭和25年(1950年)に重要文化財に指定されました。

高さ11.5mと小ぶりですが、細部まで木彫りの模様が施されていて、じっくり見入ってしまいます。

三重塔
石川 / 社寺・教会
住所:石川県小松市那谷町ユ122地図で見る
Web:http://www.natadera.com/spot/#sanjunotou

楓月橋(ふうげつきょう)

  • 写真:トラベルライター

木々の緑の中で目を引くこの赤い橋。この先の展望台へと続いており、崖からせり出しているので、まるで空中に浮かぶ橋を歩いている気分になります。

楓月橋
石川 / 社寺・教会
住所:石川県小松市那谷町ユ122地図で見る
Web:http://www.natadera.com/spot/#fuugetsukyou

展望台

  • 写真:トラベルライター

境内で一番眺めのいい場所、展望台からの景観はこの通り。先ほどの一枚岩の奇岩の全体が見渡せるこの高台は、記念撮影に最適の場所です。

筆者が訪れた時はちょうど紅葉シーズンで、この時期に行くと、白い岩肌と紅葉の素晴らしい景色を見ることができます。

展望台
石川 / 社寺・教会
住所:石川県小松市那谷町ユ122地図で見る
Web:http://www.natadera.com/spot/#chinjudou

芭蕉句碑

  • 写真:トラベルライター

松尾芭蕉が巡り俳句を詠んだ素晴らしい景色を、国の指定名勝とする「おくのほそ道の風景地」のひとつに、那谷寺の境内が選ばれています。

山中温泉への道中、那谷寺へ立ち寄った芭蕉は、奇岩の素晴らしさを「石山の石より白し秋の風」と詠みました。

芭蕉句碑
石川 / 社寺・教会
住所:石川県小松市那谷町ユ122地図で見る
Web:http://www.natadera.com/spot/#basyoukuhi

庚申(こうしん)さん

  • 写真:トラベルライター

恋愛成就を願う人は、写真右奥のガッツポーズをしたおちゃめな庚申さんへ願掛けを。

宿の奉公人・お末が、同じく宿の奉公人の竹松に恋をして結ばれ、二人で成就のお礼に参詣したという粟津温泉に伝わるお話があることから、縁結びのご利益があるパワースポットとしても有名なんですよ。

庚申さん
石川 / 社寺・教会
住所:石川県小松市那谷町ユ122地図で見る
Web:http://www.natadera.com/spot/#koushinsan

まとめ

那谷寺は、階段などのアップダウンがあって境内すべてを回るには少しハードですが、四国の三十三所巡りをしたと同じ功徳があると言われているので是非訪れてみてください。

紅葉の季節などは那谷寺の無料駐車場が混み合うので、臨時駐車場などの情報を事前に調べてから訪れるとスムーズですよ。

那谷寺
石川 / 社寺・教会 / 観光名所
住所:石川県小松市那谷町ユ122地図で見る
電話:0761-65-2111
Web:http://www.natadera.com/

石川の旅行予約はこちら

石川のホテルを探す

石川の航空券を探す

(能登空港)

(小松空港)

石川のパッケージツアーを探す

石川の現地アクティビティを探す

石川のレンタカーを探す

石川の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年5月4日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【2019】日本の桜の名所43選!春の絶景に出会えるお花見スポット特集

日本にはその美しさに感動してしまう桜の名所がたくさんあります。春ならではの絶景に出会える、日本のお花見スポットをご紹介します。2019年のライトアップスケジュー...

観光もグルメも!しっとり金沢女子旅のおすすめスポット22選

情緒ある茶屋街に歴史を感じる町並み、センスに溢れたお洒落なスポット、インスタに載せたくなる最新スイーツまで、金沢は女子が楽しめるポイントがいっぱい!見どころはた...


鼓門だけじゃない!金沢駅の隠れ名所5選

金沢駅といえば鼓門(つづみもん)が有名ですが、実は他にも見どころがたくさんあるんです。記念撮影におすすめのスポットや素敵な出会いの予感がする場所、穴場トイレ情報...

金沢に行ったら絶対飲みたい!食べたい!買いたい!おすすめ10選

2015年、東京~金沢間の北陸新幹線が開通して以来、ますますアクセスが便利となり、観光地として人気を集めている石川県金沢市。兼六園や金沢21世紀美術館など金沢市...


一度は見たい!石川県が誇る絶景スポット10選

観光地として、古都の風情が楽しめる金沢が人気のある石川県ですが、日本海に突き出た形をしており、海にまつわる絶景スポットがたくさんあるんです。この記事では、石川県...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?