石川
石川
輪島塗や加賀友禅、金沢の金箔と伝統工芸が盛ん

石川観光の決定版!おすすめスポット64選

2017年11月3日更新

1,836view

お気に入り

北陸随一の観光地である古都・金沢や、朝ドラ『まれ』の舞台となった能登、そして加賀温泉郷で知られる加賀など、それぞれのエリアに見どころの多い石川県。観光する際に訪れたい名所やグルメスポット、温泉など、多岐にわたって石川県のおすすめのスポットをたっぷりとご紹介しています。ぜひ石川観光の参考にしていただけたら嬉しいです。

この記事の目次表示

【1】兼六園

日本三名園のひとつであり、日本を代表する大名庭園のひとつ。
ミシュランの観光版では最高ランクの三つ星を獲得し、国内のみならず海外からも注目されています。

5代目藩主の前田綱紀が別荘を建て、その周辺を庭園としたのが始まりで、昭和60年(1985年)には国の特別名勝にも指定されました。

東京ドーム2倍以上の11万4千㎡もの広大な敷地には、徽軫灯籠(ことじとうろう)と霞ヶ池、唐崎松など、絵になるスポットがたくさんあります。

  • ライトアップ秋の段

また季節ごとにライトアップをする「四季物語」が幻想的だと人気。とくに雪吊りと紅葉のライトアップが楽しめる「秋の段」は一度は見ておきたい。

兼六園
金沢 / 公園・動植物園 / 観光名所
住所:石川県金沢市兼六町1
電話:076-234-3800(石川県金沢城・兼六園管理事務所)
Web:http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/

【2】尾山神社

和漢洋の三洋式デザインを取り入れた異国情緒漂う「神門」がシンボル。
「ギヤマン」と呼ばれるステンドグラスが美しく、夜にはこの五色のギヤマンに灯りが入り、幻想的に光ります。

加賀百万石の祖・前田利家公と正室お松の方をお祀りし、「文武両道」「必勝」「夫婦円満」「子宝安産」などが祈願されています。

2015年に建てられた授与所は、ガラス張りでスタイリッシュ。

尾山神社
金沢 / 社寺・教会 / 観光名所
住所:石川県金沢市尾山町11−1
電話:076-231-7210
Web:http://www.oyama-jinja.or.jp/

【3】玉泉院丸庭園

尾山神社の東神門を抜けると玉泉院丸庭園への入口があるので、尾山神社とあわせて訪れるのもおすすめ。

休憩所「玉泉庵」から眺める庭園が最高に美しく、また和室では庭園を眺めながら抹茶をいただけます。

もとは廃藩時まで金沢城内玉泉院丸に存在していた庭園で、平成20年(2008年)より発掘調査などを行い当時の庭園の姿が再現され、平成27年(2015年)3月14日の北陸新幹線開業にあわせて開園しました。

金曜日と土曜日、祝前日には夜間も開園し、庭園のライトアップが楽しめます。

玉泉院丸庭園
金沢 / 公園・動植物園
住所:石川県金沢市丸の内3
電話:076-234-3800(石川県金沢城・兼六園管理事務所)
Web:http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kanazawajou/...

【4】金沢城公園

江戸時代、金沢は日本一の財力を誇る巨大都市でした。それを象徴するもののひとつが「金沢城公園」です。

加賀藩の居城であった金沢城を復元し、公園として整備したもので、第二次世界大戦中は軍施設が置かれ、その後は金沢大学のキャンパスになったことも。

金沢城は白い漆喰の壁が美しく石垣のデザインも豊富で、江戸の遊び心を目で楽しむことができます。

金沢城公園
金沢 / 建造物 / 公園・動植物園 / 観光名所
住所:石川県金沢市丸の内1−1
電話:076-234-3800(石川県金沢城・兼六園管理事務所)
Web:http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kanazawajou/

【5】金沢21世紀美術館

普段アートにふれる機会がない人でも、行ったら必ず楽しめる!

“丸い”美術館であることから「まるびぃ」との愛称でも親しまれており、ほとんどガラス張りの外壁からは自然光がたくさん入る開放的な建物です。

建築物としての評価も高く、ヴェネツィア・ビエンナーレという国際的な現代美術の展覧会で、最高賞の金獅子賞を受賞しています。

「金沢21世紀美術館」といえば、観光ガイドブックにも必ず載っているレアンドロ・エルリッヒの作品「スイミングプール」。

外からの光景だけなら無料ゾーンで楽しめますが、プールの中に入るには入館料が必要になります。

個性的なミュージアムショップには金沢ならではのお土産も揃うので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

金沢21世紀美術館
金沢 / 博物館・美術館 / 観光名所
住所:石川県金沢市広坂1-2-1
電話:076-220-2800
Web:https://www.kanazawa21.jp/

【6】金沢駅

アメリカの旅行雑誌「トラベル&レジャー」のWEB版にて2011年に、「世界で最も美しい駅14選」のうち、国内から唯一6位に選出された駅です。

金沢の伝統芸能である加賀宝生の鼓をイメージした”鼓門”がシンボル。

夜にはライトアップされて妖艶な美しさをみせてくれます。

金沢駅
金沢 / 駅・空港・ターミナル / 観光名所
住所:石川県金沢市木ノ新保町1番1号

【7】不室屋カフェ 金沢百番街店

金沢ランチの候補のひとつにしたい「不室屋カフェ」。
金沢駅構内の金沢百番街くつろぎ館にあり、アクセスも良好です。

近江町市場の近くに本店を構える加賀麩の専門店「不室屋」が運営するカフェで、加賀麩を使った甘味やお食事をいただけるとあって人気。

ランチでいただきたいのは「ふやき御汁弁当」です。

お麩をふんだんに使った料理をお弁当仕立てにした「お弁当箱」に、「治部煮」「五穀米ごはん」がいただけるメニューです。

不室屋カフェ 金沢百番街店
金沢 / カフェ・喫茶店 / 和食 / スイーツ
住所:石川県金沢市木ノ新保町1-1 JR金沢駅構内 金沢百番街・くつろぎ館1F
Web:http://www.fumuroya.co.jp/cafe/fumuroya_cafe.php

【8】金沢百番街あんと

不室屋の「宝の麩」、丸八製茶場の「献上加賀棒茶」、金澤福うさぎの「銘菓 福うさぎ」、金沢うら田の「加賀八幡起上もなか」・・・などなど。

金沢駅構内にある「あんと」には定番の金沢土産が揃っており、お土産を買うならとにかくココを訪れれば間違いなしです。

金沢百番街あんと
金沢 / お土産
住所:金沢市木ノ新保町1-1
電話:076-260-3700(代表)
Web:http://www.100bangai.co.jp/floorinfo-anto/

【9】忍者寺

”忍者寺”の愛称で知られる「妙立寺」は、外見は普通のお寺となんら変わりがありません。

しかしお寺のなかには様々なからくりが仕掛けられており、それらは前田家が徳川幕府の攻撃へ備えたもの。

隠し階段や、落とし穴階段、賽銭箱にみたてた落とし穴などを、説明を受けながら見学できます。

忍者寺
金沢 / 社寺・教会 / 観光名所
住所:石川県金沢市野町1-2-12
電話:076-241-0888
Web:http://www.myouryuji.or.jp/

【10】いしかわ赤レンガミュージアム

旧陸軍兵器庫の赤レンガ棟を復元再生した建物を利用している博物館です。

歴史的建造物の保存と博物館としての再利用が評価され、1990年に国の重要文化財に指定されました。

約2年の歳月をかけてリニューアルオープンした2015年4月17日には愛称を”いしかわ赤レンガミュージアム”とし、より市民に親しみやすい博物館へと変貌をとげています。

日没から22時までは建物が浮かび上がるようにライトアップされ、幻想的な姿をみせてくれます。

春には夜桜とのコラボレーションがさらに美しくおすすめ。

石川県立歴史博物館
金沢 / 博物館・美術館 / 観光名所
住所:石川県金沢市出羽町3−1
電話:076-262-3236
Web:http://ishikawa-rekihaku.jp/

【11】長町武家屋敷跡

繁華街から一歩裏をはいれば広がる、まるでタイムスリップしたような町並み!

かつて加賀藩士が住んでいた屋敷跡で、藩政時代の面影がのこる風情のある景色が広がります。

ぶらりと散策するだけでも楽しいですが、一般公開している屋敷を見学したり、金沢土産として人気のある和菓子店でのお土産さがしも楽しいですよ。

長町武家屋敷跡
金沢 / 町・ストリート / 観光名所
住所:石川県金沢市長町1-3-32
電話:076-232-5555(金沢市観光協会)
Web:http://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/spot_searc...

【12】武家屋敷跡野村家

長町武家屋敷跡で屋敷を見学するなら「野村家」がおすすめ!

2009年にミシュランの観光地格付けで2つ星の評価を得た、加賀藩士・野村伝兵衛信貞の屋敷跡です。

建物と庭園を一般公開しており、アメリカの庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」の日本庭園ランキングで3位に選ばれたこともある、見事な庭園が見どころ。

美しい庭園をみながら茶室でお抹茶をいただくのもおすすめです。

武家屋敷跡野村家
金沢 / 建造物 / 公園・動植物園 / 観光名所
住所:石川県金沢市長町1-3-32
電話:076-221-3553
Web:http://www.nomurake.com/

【13】茶菓工房たろう 鬼川店

「茶菓工房たろう」がつくる、センスがよくデザイン性のある和菓子は、女性を中心に人気があり、金沢土産の定番になりつつあります。

ネーミングも可愛らしい「たろうのようかん」は、まるで生チョコのような味わいの「カカオチョコ」や「ホワイトチョコ」などユニークなテイストのようかんもラインナップ。

長町武家屋敷跡いある鬼川店はカフェも併設しているので、散策の足休めにもぴったりです。

茶菓工房たろう 鬼川店
金沢 / スイーツ / お土産
住所:石川県金沢市長町1-3-32
電話:076-223-2838
Web:http://www.sakakobo-taro.com/

【14】箔一 東山店

金沢は日本の金箔総生産量の99%を占めており、「金沢といえば金箔!」と言っても過言ではありません。

そんな金沢を訪れたらいただきたいのが、金箔の名店「箔一」の「金箔のかがやきソフトクリーム」です。

約10cm四方の金箔が贅沢にのった、見た目の衝撃もすごいソフトクリームは、インスタ映え間違いなし!味もまろやかで美味しいですよ。

箔一 東山店
金沢 / お土産
住所:石川県金沢市東山 1-15-4
電話:076-253-0891
Web:https://kanazawa.hakuichi.co.jp/shop/higashiyama.p...

【15】グリルオーツカ

金沢のB級グルメ「ハントンライス」!

「ハントン」の「ハン」はハンガリーのハン、「トン」はフランス語でマグロを意味し、この2つを組み合わせて「ハントンライス」という名前が出来上がったそう。

昭和40年代に金沢で生まれたこの料理は、もとはまかないメニューでしたが、現在は金沢市内のあちこちで食べられるようになりました。

なかでも「グリルオーツカ」はハントンライス発祥の老舗洋食店。

とろりとした卵の上に小エビとカジキのフライがトッピングされており、サクサクのフライとオムライスの相性が抜群。

ライスは380gもあるため、女性にはハントンライスの小サイズがおすすめ。

グリルオーツカ
金沢 / 洋食・西洋料理
住所:石川県金沢市片町2-9-15
電話:076-221-2646

【16】不室屋 本店

金沢のお土産といったら「加賀麩」!
「加賀麩」といえば「不室屋」!

こばな、おてまりなど、名前がとってもキュートな「細工麩」は見た目も可愛らしく、すまし汁やお味噌汁などに入れるだけで食卓が華やかになること間違いなしです。

不室屋 本店
金沢 / お土産 / 食料品・デリ / 郷土料理
住所:石川県金沢市尾張町2丁目3番1号
Web:http://www.fumuroya.co.jp/fumuroya/index.html

【17】茶屋美人

金箔をめぐる様々な「美」をテーマに店舗を展開している「茶屋美人」は、女性へのお土産さがしにおすすめのショップです。

数ある商品のうちとくにおすすめしたいのが、金箔入りのアイシャドウとボディークリーム。

保湿成分がたっぷり入ったボディークリームと見た目も可愛いアイシャドウは、自分へのお土産にもぴったり。金沢でしか手に入らない金箔入りコスメをぜひゲットしてくださいね。

茶屋美人
金沢 / コスメ・ボディケア用品
住所:金沢市東山1-26-17
電話:076-253-8883
Web:https://www.hakuza.co.jp/shop/chayabijin/about.htm...

【18】石浦神社

547年に草創された金沢最古の神社で、縁結びにご利益があると人気!

兼六園や金沢城、金沢21世紀美術館にも近く、金沢観光の際に訪れたい神社です。

石浦神社はお守りが可愛い!と評判で、ピンク色、黄色、水色、緑色、赤色・・・などなどカラーバリエーションも様々なお守りは水玉模様でスタイリッシュ。

石浦神社
金沢 / 社寺・教会
住所:石川県金沢市本多町3丁目1−30
電話:076-231-3314
Web:http://www.ishiura.jp/

【19】ひがし茶屋街

金沢にある三つの茶屋街のひとつで、石畳の道の両側に紅殻格子のお茶屋さんが並ぶ光景はとても風情があり、江戸時代の面影を今に伝えます。

金箔のお店や石川県の伝統工芸品を扱うお店が並び、お土産さがしが楽しく、また町家を利用したカフェも軒を連ね、金沢観光の足休めに訪れるにもおすすめ。

ひがし茶屋街
金沢 / 町・ストリート / 観光名所
住所:石川県金沢市東山1
電話:076-232-5555(金沢市観光協会)
Web:http://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/spot_searc...

【20】金沢ひがし廓 志摩

日本で唯一、国の重要文化財に指定されているお茶屋。

ひがし茶屋街の中心にあり、手を加えることなく江戸時代のまま残るお茶屋を一般公開しています。

1階の奥棟にある「寒村庵」では、お抹茶と金沢のお菓子をいただきながら静かな時間を過ごすことができるので、見学の最後にほっと一息ついてみてはいかがでしょうか。

金沢ひがし廓 志摩
金沢 / カフェ・喫茶店 / 建造物 / 観光名所
住所:石川県金沢市東山1丁目13−21
電話:076-252-5675
Web:http://www.ochaya-shima.com/

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月24日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

一度は見たい!石川県が誇る絶景スポット10選

観光地として、古都の風情が楽しめる金沢が人気のある石川県ですが、日本海に突き出た形をしており、海にまつわる絶景スポットがたくさんあるんです。この記事では、石川県...

金沢から車で約1時間!実は近い?足を延ばして行きたい観光名所3選

北陸の真ん中に位置する石川県。新幹線も開通し、金沢に行かれる方は多いと思いますが、金沢からさらに車で約1時間走ると、実はこんなところまで行くことができるんです。...

観光もグルメも!しっとり金沢女子旅のおすすめスポット22選

情緒ある茶屋街に歴史を感じる町並み、センスに溢れたお洒落なスポット、インスタに載せたくなる最新スイーツまで、金沢は女子が楽しめるポイントがいっぱい!見どころはた...

週末に一泊二日のふらり一人旅。金沢で文化とお寿司を味わいつくせ!

週末にちょっとどこかに旅したい。そんなときにおすすめなのが、一人気軽に行ける金沢の旅。東京〜金沢間は新幹線で約2時間半とアクセスしやすく、思い立ったときにふらり...

日本海でパワーチャージ!能登半島おすすめ日帰りドライブコース

金沢駅から日帰りで能登を満喫できるおすすめのドライブコースをご紹介します。江戸時代から続くお屋敷でいただく絶品手打ちそば、世界農業遺産の千枚田、能登国一宮の縁結...



この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

夏休み旅行に!夏旅(6月・7月・8月)におすすめの国内旅先23選!

夏(6月・7月・8月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を、月ごとにご紹介します!夏休みやお盆休みなどの家族旅行や、カップルでのお出かけにもぴ...

女性が喜ぶシンガポールのお土産7選

お土産さがしは楽しいけれど、正直ちょっと難しくて大変!とくに男性の方にとって、女性へのお土産は悩みどころだと思います。そんな方のために、今回の記事では女性が喜ぶ...

シンガポール旅行の人気お土産「アーユルベーダ石鹸」徹底ガイド

シンガポールのお土産として、女性に大人気なアーユルベーダ石鹸(せっけん)。アーユルヴェーダというインドの伝統医学をもとに作られている100%植物性の石鹸で、お肌...

3月・4月・5月の国内おすすめ旅行先22選〜春がベストシーズンの旅先に出かけよう

春(3月・4月・5月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を、月ごとにご紹介します!春休みの家族旅行や、カップルでのお出かけにもぴったりな旅先を...

間違いない!サンフランシスコのおすすめお土産12選

旅行の楽しみのひとつで、悩みの種でもある「お土産」。旅行中にお土産を探す時間があまりない方や「もう明日帰国!!」という方でも迷わず購入できる、サンフランシスコの...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?