香川
香川観光
”こんぴらさん”や島諸島が人気の”うどん県”

うどんだけじゃない。高松名物「骨付鳥」は、CAも通う「蘭丸」がおすすめ

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:43都道府県

2017年1月24日更新

21,109view

お気に入り

写真:熊猫

高松といえば、讃岐うどん。でも、もうひとつの名物「骨付鳥」はあまり知られていません。文字通り、鳥の骨付きもも肉を焼いたもので、スパイシーな味付けが特徴です。近年、高松市ではご当地グルメとして「骨付鳥」のPRに力を入れており、提供する店舗も増加中。その中でもピカイチの素材と味付けで、地元をはじめ航空会社のCAさんに人気となっているのが、居酒屋「蘭丸」です。

この記事の目次表示

知られざる香川県のご当地グルメ

うどんだけでは物足りない高松の夜。お腹にズシンとくるがっつり系のご当地グルメはいかがですか?それが鳥のもも肉を骨ごと焼き上げた「骨付鳥」(ほねつきどり)です。

元々、丸亀市の居酒屋さんが約50年前に始めたメニューが、今や香川県の知られざるもうひとつのご当地グルメに成長しました。スパイシーな味付けとジューシーな焼き上がりが特徴です。

「親」か「ひな」か

「骨付鳥」には「親」の肉と「ひな」の肉の2種類あります。

「親」はガシっとした歯ごたえがあり、噛めば噛むほどじゅわ~っとした旨みが出てきます。

一方の「ひな」は柔らかい肉質が特徴で、「親」よりも味はやや淡白です。初心者はまず、「ひな」からチャレンジするのがよいかも。お店によっては「若」と呼ぶところもあるようです。

高松市民が絶賛する「骨付鳥」といえば「蘭丸」

  • 写真:熊猫

高松人に「骨付鳥」のオススメの店は?と尋ねると、多くの人が「蘭丸」と答えます。

  • 曰く、「汚い店だけど、抜群においしい」。
  • 曰く、「キャビンアテンダントも密かに通っています」。
  • 曰く、「行列が出来る人気ぶり」。
  • 曰く、「うちの会社の社長がお客さんを必ず連れて行く」。

こんな声を聞くと、期待は自ずと高まります。

「骨付鳥」はまず最初に注文

「蘭丸」は琴電琴平線の片原町駅から徒歩5分。賑やかな商店街、ライオン通りにたたずんでいます。

お店に着くと、幸いなことに並ばずに入店することができました。席に腰かけて、さて注文となりますが、「骨付鳥」は焼きあがりまで、20分程度の時間がかかるためで、最初にオーダーすることをお勧めします。

あとは、ちょっとしたつまみをつつきながら、焼きあがるのを待つことにしましょう。

  • 写真:熊猫

皮はパリパリ、肉はジューシー

しばらくすると、若鳥の「骨付鳥」が焼きあがりました。目の前にドカッとお皿が置かれると、スパイシーな香りが鼻腔をくすぐります。こしょうの香りとともに、微かにハーブも香ってきます。

  • 写真:熊猫

我慢できずにすぐさまかぶりつくと、皮はパリパリ、肉はジューシー。口の中で柔らかな肉がほろほろと溶けていきます。これはたまりません。期待以上のおいしさは880円の納得プライスです。

添えられたキャベツに「骨付鳥」のタレをつけて食べれば、これもまた美味!

生ビールもいいけれど、生搾り100%サワーもおすすめ

スパイシーな「骨付鳥」にベストマッチな飲み物の筆頭は生ビールで当確でしょう。でも、「蘭丸」おすすめのドリンクは「生搾り100%サワー」。レモンとグレープフルーツの2種類があり、女性に大人気です。

「甘いのはちょっと…」という方には「緑茶サワー」。「骨付鳥」の脂分をさっぱり洗い流してくれます。

ただし、「蘭丸」は焼酎が濃い目なので、お気をつけくださいませ。

予約は不可。平日の早い時間帯がおすすめ

営業時間は18時から25時。平日の早い時間ならば、お店にはすんなりと入れるようです。しかも、年中無休。お休みを気にすることがないのは頼もしいです。

ただし、予約は不可のため、休日前はやはり混雑するとのこと。絶品の「骨付鳥」を食べるなら、行列に並ぶ価値はありますよ。

蘭丸本店
香川 / 居酒屋 / ご当地グルメ・名物料理
住所:香川県高松市大工町7−4地図で見る
電話:087-821-8405

香川の旅行予約はこちら

香川のパッケージツアーを探す

香川のホテルを探す

香川の航空券を探す

香川の現地アクティビティを探す

香川のレンタカーを探す

香川の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年1月24日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【香川】1泊2日でこんぴら参りを満喫♪観光モデルコースをご紹介!

一生に一度は行きたい「こんぴら参り」。“こんぴらさん”の通称で親しまれる「金刀比羅宮(ことひらぐう)」への参拝は決まっているけど、グルメやショッピング、温泉も楽...


【香川】うどんも島も満喫!1泊2日弾丸ドライブ旅行のモデルコースはこれで決まり♪

瀬戸内海に面する香川県。日本一のうどんの生産量・消費量を誇っており、うどん県とも言われています。うどんはもちろんのこと、島も大人気。本記事では、なかなか休みが取...

レトロな街で食べ歩き【香川】仁尾町で、見て・感じて・食す「なつかし味めぐり」

香川県西部にある小さな町、仁尾町。かつては小京都と呼ばれたほど、海運の拠点として大いに栄えた町でした。現在はその面影を残した街並みがレトロで雰囲気がある場所に。...

【香川】一日で観光地を巡る!小豆島ぐるっと一周モデルコース

小豆島は瀬戸内独特の温暖な気候に恵まれ、近年では瀬戸内芸術祭の開催地としても人気の観光地。見どころがいっぱいですが、一日でぐるっと周ることが出来る大きさの島です...

【香川】直営店だから新鮮&美味しい!オリーブ車海老のランチが人気「Caféにがり衞門」

香川県の西部、三豊市仁尾町にある「Caféにがり衞門」。日本のウユニ塩湖とも言われる、父母ヶ浜からも車で3分ほど!今回はオリーブ車海老の養殖事業を行っている、地...

この記事を書いたトラベルライター

さすらいびと
「いつか、ある人にこんなことを聞かれたことがあるんだ。たとえば、こんな星空や泣けてくるような夕日を一人で見ていたとするだろ。もし愛する人がいたら、その美しさやその時の気持ちをどんなふうにつたえるかって?」
「写真を撮るか、もし絵がうまかったらキャンバスに描いてみせるか、いややっぱり言葉で伝えたらいいのかな」
「その人はこう言ったんだ。自分が変わってゆくことだって…。その夕日を見て、感動して、自分が変わってゆくことだと思うって」 星野 道夫「旅をする木」(文春文庫)より
https://blog.goo.ne.jp/kumaneko71

140円の鉄道旅・大回り乗車で楽しむ東京〜千葉・絶品の駅そば巡り

大回り乗車をご存じでしょうか。JR各社の大都市近郊区間内の特例として、運賃上正式な乗車ルートではない路線を利用し、遠回りして目的地に行く乗車方法のことです。この...


140円の鉄道旅「大回り乗車」で楽しむ首都圏1都3県のグルメ旅

JR各社の大都市近郊区間内の特例として、遠回りしながら目的地に行く「大回り乗車」というものがあります。初乗り料金のたった140円でぐるりと関東地方を一周すること...


階段降りたら2秒でアジア。アジア食材・調味料が揃う「アメ横センタービル・地下食品街」

今、東京でも屈指の多国籍タウンになりつつある「アメ横」。今回は、色々な国の様々なエッセンスが薫る商店街の中でも、とりわけホットなスポットとして注目を集めている「...

【福井】永平寺の修行体験 1泊2日の参籠で心を整える

旅行ガイド『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』において二つ星がつけられるなど、国内外から注目を集める永平寺。でも観光で訪れるだけとは、なんとももったいない。...

東京都北区・北王子線の廃線を辿る小さな旅

廃止された鉄道の痕跡が残る廃線跡は、どこかの地方の事だと思っていませんか。東京都北区には今も住宅街に廃線が残っています。2014年7月に廃止された北王子線です。...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?