倉敷
倉敷観光
倉敷川沿いに白壁の建物が連なる美しい町並み

有隣荘

ゆうりんそう

1,127

view

美しい緑色の瓦屋根とオレンジ色の壁のコントラストが美しい

有隣荘

大原美術館の創立者で実業家の大原孫三郎が、家族で住むために建てた旧別邸です。「緑御殿」と呼ばれていることでも有名で、美しい緑色の瓦屋根がお出迎え。瓦職人の腕の良さとセンスの良さがわかるステキな建物です。長く非公開でしたが、1997年(平成9年)から年2回(春と秋)に内部も特別公開されています。日本庭園に洋室など和洋折衷の内部まで観たい方は、ぜひこの時期に訪れてみて。

このスポットが紹介されている記事

フォトジェニックな町並み!倉敷のおすすめ観光スポット15選

岡山駅から電車で約20分。江戸時代に商人の町として栄えた岡山県の倉敷市。歴史...

2017年1月17日|6,442 view|トリップノート編集部

有隣荘の写真

  • 有隣荘

有隣荘の基本情報

  • アクセス
  • 住所
    岡山県倉敷市中央1-3-18 [地図]
  • 電話番号
    086-422-0005(大原美術館)
    ※お問い合わせの際は「トリップノートを見た」とお伝えいただければ幸いです。
  • WEB
  • 営業時間
    内部は春秋の大原美術館と区別展示開催のみ公開
  • 定休日
  • 料金
  • 予約
  • キーワード
  • 備考
※このスポット情報は2016年12月19日に登録(2018年5月8日に一部変更)した時点の情報です。
 内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

倉敷の予約
ホテル予約
チェックイン
チェックアウト
人数

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?