新潟
新潟観光
自然豊かな日本一の米どころ&国内有数の豪雪地帯

【新潟】清津峡溪谷トンネルのお立ち寄りスポットとオススメ時間帯!!

取材・写真・文:

東京在住

2019年7月10日更新

709view

お気に入り

写真:mina.k

新潟県十日町にある「清津峡溪谷トンネル」は、SNSでも大人気観光スポット!そんなトンネルの紹介に加えて、おすすめお立ち寄りスポットの一つ「エントランス施設」と、「清津峡溪谷トンネル」に足を運ぶオススメの時間帯をご紹介します。

この記事の目次表示

最大88%OFF!格安航空券をお得に探す

清津峡溪谷トンネルとは?

  • 写真:mina.k

清津峡溪谷トンネルとは、新潟県十日町にある日本三大渓谷の一つです。広大な景色とアートを一緒に楽しめる場所としてSNS上で話題になり、2019年時点で冬の期間を除き、連日大型バスも来る人気の観光スポットです。

  • 写真:mina.k

トンネル内での一番の人気フォトスポットは、一番奥にある「パノラマステーション」です。トンネルと水面が繋がって鏡張りなると綺麗な円となり、真正面には渓谷の景色が!!水面に映り込む渓谷の景色は、まさに絶景そのものです!

清津峡溪谷トンネルとセットで立ち寄りたいエントランス施設!!

  • 写真:mina.k

第一駐車場から清津峡溪谷トンネルへ向かう途中にあるエントランス施設は、カフェや足湯を楽しめるほか、お土産も買えるオススメのスポットです。

観光のひと休みにピッタリ!足湯で極上気分はいかが?

  • 写真:mina.kリンゴジュース 270円

清津峡溪谷トンネルを見学したあとは、足湯でゆっくり疲れを癒してみてはいかがでしょうか?トンネル内は往復1.5キロ、肌寒い中歩いた後に温かいドリンクや果汁100%ジュースを楽しみながらの足湯は、まさに極上気分です!!2階の足湯は、カフェ利用者は無料で入ることができます。

  • 写真:mina.k

タオルは持参でも大丈夫ですし、1階店内でも「白地タオル(220円)」を販売しています。ここの足湯は単純硫黄温泉(低張性 アルカリ性 高温泉)です。温度は程よい温かさのの38.0度!

  • 写真:mina.k

円状になった足湯で他の観光客とコミュニケーションをとるのも楽しいひとときです。

  • 写真:mina.k

また、写真ではわかりづらいですが、天井の一番上には小さな窓があり、潜望鏡となっています。渓谷を見ることができ、日本とは思えない不思議な空間となっています。この施設は、「MAD Architects」という建築事務所が手掛けた施設です。こちらも芸術的なので、トンネルだけではなく、この足湯にもセットで立ち寄っていただきたいオススメスポットです。

お茶菓子としてもお土産としてもオススメな品!!

  • 写真:mina.k

ドリンクとセットで買ってもよし、パイやかりんとうなど、小腹にもお土産にもいい品が販売されています。

また、食べ物以外にも「おじいちゃんの手作りぞうり(1,000円)」という商品などもあります。93歳のおじいちゃんが一つ一つ作った温かみのあるぞうりを購入することができるので、自分へのお土産にもいいかもしれません。

オススメの時間帯とお役立ち情報♪

  • 写真:mina.k

上記でも紹介したように、連日大人気の清津峡溪谷トンネル。オープン前から、綺麗な景色や写真を撮りたい方が並んでいます。

トンネルの全長は750メートルありますが、一番奥にあるメインスポットにたどり着くころには、列の先頭にいた方や足の速い方が先着で次々と撮影をされています。誰もいない綺麗なトンネルを撮ることは、至難の業です。

そこで筆者は、オープン30分前あたりを目指して立ち寄ることをオススメします!!平日と連休などシーズンによってももちろん異なりますが、比較的前方にいけるのはもちろんのこと、大型バスの団体のお客さんが来る少し前の時間帯なので、自分好みの写真を撮影できる可能性が高くなります。

また、チケットは現金で一組ずつ(団体を除く)支払い、順番に入っていくので、オープンより早い時間に並んでいれば、必然的に人の少ない景色を見ることも写真を撮ることもできます。この他、早い時間であれば、入口近くの第一駐車場に止められ、歩く距離も少なくオススメです!

寒さ対策とトイレにご注意!!

  • 写真:mina.k

トンネル内はとてもひんやりしています。入口付近も日が当たらないので、30分も待つと体が冷えます。夏以外の季節は、温かい服装で足を運ぶのがオススメです!

また、トイレは第一駐車場、エントランス施設内のカフェ、トンネル内の合計3カ所しかありません。第一駐車場のトイレにも案内がありますが、トンネル内のトイレは混み合います。また、カフェのトイレも1つだけなので、カフェを利用しない方にはおすすめできません。

ちなみにトンネル見学は所要時間約30分~60分ほどです。事前に、第一駐車場トイレに立ち寄ることをおすすめします。

最後に

  • 写真:mina.k

「【新潟】清津峡溪谷トンネルのお立ち寄りスポットとオススメ時間帯!!」は、いかがだったでしょうか?人気の観光地なので、すでに行かれたという方も多いかと思いますが、シーズンが違えば見え方もまた変わり、清津峡溪谷へのお出かけをより楽しむことができると思います。訪れる際はぜひ、入場時間帯やエントランス施設もセットでチェックしてみて下さい。

清津峡渓谷トンネル
新潟 / 建造物
住所:新潟県十日町市小出癸2126地図で見る
電話:025-763-4800(管理事務所)
Web:http://www.tokamachishikankou.jp/kiyotsukyo/

新潟の旅行予約はこちら

新潟のパッケージツアーを探す

新潟のホテルを探す

新潟の航空券を探す

新潟の現地アクティビティを探す

新潟のレンタカーを探す

新潟の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年7月10日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


春の国内旅行におすすめの観光地45選!春がベストシーズンの旅先ガイド

春は桜をはじめとする花が開花し、過ごしやすい気候から野外でのイベントも増えてくる季節。旅行にはもってこいの時期です。春の国内旅行におすすめの観光地を厳選してご紹...


【2020】6月の国内おすすめ旅行先12選!梅雨でも楽しめる観光地特集

梅雨を迎える6月。雨が似合うアジサイの名所など、梅雨時でも楽しめるスポットが日本全国にあります。6月のお休みにおすすめの国内旅行先をご紹介します。

全国の人気水族館TOP20!旅行好きが行っている水族館ランキング

全国各地に数多ある水族館の中から、トリップノートの4万人の旅行好きトラベラー会員(2019年7月現在)が実際に行っている全国の人気水族館ランキングTOP20をご...

初めての新潟市内観光に行くならココ!おすすめの楽しみ方5選

日本海と信濃川の間に広がり、明治時代から港町として栄えた町・新潟。シンボル・萬代橋周辺には、人気マンガの世界を体験できるスポットからおしゃれな雑貨やスイーツを販...

【2020】9月の国内おすすめ旅行先19選!3連休に行きたい観光地特集

ようやく暑さもおさまる9月。彼岸花やコスモスなどの秋の花が咲き、早いところでは紅葉も見頃を迎えます。9月の3連休やシルバーウィークにおすすめの国内旅行先をご紹介...

この記事を書いたトラベルライター

旅するヘタレ主婦
十代は東京で過ごし、二十代前半は京都⛩
後半の今は東京を拠点にして旅しています✈️

三食じゃ物足りない‼️
とにかく食べるのが大好きなトラベラーです。美味しいものや美しい景色の情報を発信していけたらと思います。

【宮古島】お土産選びで迷ったらココ!お土産屋さん4選

旅行にはお土産が必須!家族や友達、会社の人にと何かと悩むお土産選び。定番土産から一点物が買えるお土産屋さんに加えて、オススメのお土産商品をご紹介いたします。


【ロサンゼルス空港】シーン別‼長時間トランジットのオススメの過ごし方

ロサンゼルス空港(通称:LAX)は、ターミナルが9つもあるメガ空港。そんなLAXは、国内線・国際線共に、乗り継ぎで利用する方が多いスポットです。方面によっては長...


【ソウル】学生も必見!10,000ウォン以下で食べられる韓国グルメ12選

日本では第三次韓国ブーム!!KPOP人気や韓国関連の飲食店も続々出店されています。学生の留学先や旅行先としても大人気。日本からの時差もなく、旅費も安いので、初め...

【ソウル】景福宮周辺でカフェ巡り♡おすすめ4選

ソウルの定番観光スポットの一つ景福宮。景福宮周辺にあるSNSで人気のお店や、まったり癒される韓国伝統的家屋のお店など、カフェ巡りや観光のひと休みにもぴったりな、...

【沖縄本島】国際通りでTシャツを買うならココ!RAMAYANA & 海想

沖縄本島の定番スポットと言えば、国際通り!グルメやお土産店が数多く立ち並んでいるので、観光客の多くが立ち寄るスポットではないでしょうか?今回は、そんな国際通りに...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?