愛知
愛知観光
車産業が栄える、独自の食文化が根付く地域

【愛知】開運スポットの宝庫!徳川家康誕生の地「岡崎城」

取材・写真・文:

大阪在住
訪問エリア:40都道府県

2019年1月28日更新

354view

お気に入り

写真:えちこ

愛知県岡崎市にある岡崎城は、江戸幕府を開いた徳川家康が生まれたお城。現在は再建された天守を中心に岡崎公園として城址が整備されています。家康ゆかりの遺構は開運スポットとしても人気!歴史を学びながら、家康の出世パワーを感じてみましょう。

この記事の目次表示

岡崎城の歴史と徳川家康

岡崎城は15世紀前半、西郷頼嗣(よりつぐ)が築城したのが始まりです。その後、1531年に家康の祖父である松平清康(きよやす)が現在の地に移し、改築を行いました。

そして1542年、徳川家康がこの地で誕生しました。6歳で織田信長の父である織田信秀、8歳で今川義元の人質となるという不遇の少年時代を過ごしましたが、1560年桶狭間の戦い後、岡崎城を拠点に三河統一を果たします。1600年、豊臣秀吉の死後起こった関ケ原の戦いに勝利し、その後265年も続くこととなる江戸幕府の初代将軍となりました。

  • 写真:えちこ没後350年祭を記念に製作された徳川家康公銅像

江戸時代には「神君出生の城」として重要視され、家格の高い譜代大名が城主となりました。城郭の大部分は明治の始めに取り壊されてしまいましたが、昭和34年に天守が再建されました。現在は桜や藤の名所としても有名な岡崎公園として、歴史と自然を楽しめる散策スポットとなっています。

岡崎城の見どころ

1.大手門

  • 写真:えちこ

まずは岡崎城の表玄関となる大手門をくぐって園内へ。この大手門は、地元産の御影石を使用し、1993年に再建されました。

2.二の丸井戸跡

  • 写真:えちこ

2007年の発掘調査で発見された井戸跡。当時この付近に建っていた二の丸御殿には、絵図上北東側に二つの井戸が描かれており、そのうちのどちらかと考えられています。

3.三河武士のやかた家康館

  • 写真:えちこ

家康のルーツと功績が学べる資料館です。地下1階の常設展示室では、家康の祖先である松平家の説明に始まり、幼少期の人質時代、三河統一、そして関ケ原の戦いの勝利から江戸幕府を開くまで、家康の生涯とそれらに関わる武将の資料が、映像やパネルで分かりやすく説明されています。中でも、関ケ原の戦いを映像と武将フィギュアで再現した「決戦!関ケ原」の展示は必見!各軍の動きを俯瞰で見ることができ、非常に分かりやすい内容となっています。

入館料は大人360円ですが、天守(入館料200円)と合わせた2館共通チケットが510円となっていますので、両方訪れる方はこちらがお得です。

三河武士のやかた家康館
愛知 / 博物館・美術館
住所:愛知県岡崎市康生町561 岡崎公園内地図で見る
Web:https://okazaki-kanko.jp/okazaki-park/feature/ieya...

4.岡崎城天守

  • 写真:えちこ

昭和34年に再建された3層5階建ての天守の中は、歴史資料館となっています。受付のある1階には、旧天守の心柱の礎石が展示されています。

  • 写真:えちこ

こちらの礎石、家康の居城、岡崎城を支えた石としてパワーがあるとされています。直接触れば、家康の出世パワーにあやかれるかも!?

  • 写真:えちこ天守最上階の望遠鏡。のぞいた先には家康再起の地とされる大樹寺が!
  • 写真:えちこ大樹寺山門

また、展望台となっている最上階まで上ったら、そこにある望遠鏡を覗いてみてください。そこから見えるのは約3キロ離れた大樹寺。徳川家の菩提寺であり、桶狭間の戦いの敗戦後、家康が再起を誓った場所でもあります。岡崎城と大樹寺をつなぐ直線は「ビスタライン」と呼ばれ、約370年間、この二か所の間に建造物などを作ることなく、歴史的眺望が守られてきました。

5.龍城(たつき)神社

  • 写真:えちこ

天守横に鎮座するこちらの神社には、家康が誕生した朝、城楼上に金の龍が現れ、昇天したという伝説が残っています。出世、開運、安産、厄除けのご利益がある岡崎のパワースポットの一つです。

6.東照えな塚

  • 写真:えちこ

家康のえな(へその緒・胎盤)を埋めたと伝えられる塚です。古来日本にはえなを埋めて子供の成長を願う風習がありました。戦乱の世を生き抜き、天下を治めることができたのもこの塚のご利益かもしれませんね。

7.東照公産湯の井戸

  • 写真:えちこ

1542年12月26日、家康誕生の際、この井戸の水が産湯に使われたと言われています。先ほどのえな塚と合わせて、家康誕生にまつわる開運スポットとされていますので、合わせて訪れてみてください。

岡崎城
愛知 / 建造物
住所:愛知県岡崎市康生町561番地-1地図で見る
電話:(0564)22-2122
Web:http://okazakipark.com/museum/ka171.htm

愛知の旅行予約はこちら

愛知のパッケージツアーを探す

愛知のホテルを探す

愛知の航空券を探す

(県営名古屋空港)

(中部国際空港)

愛知の現地アクティビティを探す

愛知のレンタカーを探す

愛知の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年1月25日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2019】6月の国内おすすめ旅行先12選!梅雨でも楽しめる観光地特集

梅雨を迎える6月。雨が似合うアジサイの名所など、梅雨時でも楽しめるスポットが日本全国にあります。6月のお休みにおすすめの国内旅行先をご紹介します。


一度は見てみたい!日本の絶景あじさいスポット10選

梅雨の時期をあざやかに彩るアジサイ。15万株ものアジサイが咲き誇るスポットや、一面ブルーの光景が堪能できるスポットなど、一度は見てみたいアジサイの絶景スポットを...

2019春の旅行に!3月・4月・5月の国内おすすめ旅行先・観光地45選

春(3月・4月・5月)におすすめの国内旅行先を月ごとにご紹介!春休みの家族旅行や、カップルでのお出かけにぴったりな旅先を全国から厳選しました。週末の1泊旅行でも...

【東海】JR東海「青空フリーパス」の買い方・使い方&使って行きたい観光地を紹介

「青空フリーパス」はJR東海が販売しているお得な切符です。6つの県にまたがって使用可能で、かなりオトクな価格であることから、東海圏を観光する際にはオススメです。

全国のおすすめ花畑85選!一面に絶景が広がる花の名所ガイド

チューリップにバラ、ひまわりに菜の花など、季節ごとにカラフルな花畑が広がる、全国のおすすめの花の名所をご紹介!カメラ片手に、全国の花の絶景を見に出かけませんか?

この記事を書いたトラベルライター

文武両道 目指してます
歴史が大好きで、史跡巡りを中心に日本国内旅しています。
100名城制覇、四国八十八箇所結願が目標。
ランニングも趣味なので、年に数回フルマラソンに出場。
旅行がてら全国のマラソン大会に出るラン旅もおすすめです。
欲しいのは、女子力より知力と体力。
http://ameblo.jp/fm59

日本で体験できない。アメリカ「ユニバーサル・オーランド・リゾート」のおすすめアトラクション8選

アメリカのフロリダ州オーランドにある「ユニーバーサル・オーランド・リゾート」には、「ユニバーサル・スタジオ・フロリダ」と「アイランズ・オブ・アドベンチャー」2つ...


世界三大墳墓の一つ【大阪】仁徳天皇陵古墳の楽しみ方あれこれ教えます

エジプトのピラミッド、中国の始皇帝陵と並び世界三大墳墓の一つとされている場所が日本にあるってご存知ですか?それが大阪の堺市にある仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょ...

札幌から一足伸ばして行ける!おすすめスポット3選

旅行先として、大人気の北海道札幌市。市街には多数の観光地やグルメスポットがあり、何度でも訪れたくなる街です。ですが、札幌市街から一足伸ばせば自然豊かなスポットが...

【奈良】長谷寺で、観音様の御足に触れて祈れる特別体験を!

奈良県桜井市にある長谷寺は、全399段もあるトンネル状の登廊(のぼりろう)や、舞台造りの本堂など見どころの多いお寺です。中でも、身の丈約10メートル。木造として...

走るために旅しよう!関西4大フルマラソンのおすすめポイント!

今や趣味の定番ともなりつつあるマラソン。毎年市民ランナーが参加できるマラソン大会が、日本各地で開催されています。遠方の大会に「走るために旅をする」のもランナーの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?