秋田
秋田観光
東北一の日本酒生産量をほこる一大米どころ

【秋田県】タイムトリップ!?秘湯「乳頭温泉郷 鶴の湯」へ行こう!

取材・写真・文:

神奈川在住

2017年10月27日更新

2,683view

お気に入り

写真:水無月

温泉大国「日本」。全国津々浦々、多種多様な温泉地があります。その中でも、「秘湯」と呼ばれる温泉地に皆さんは行ったことがありますか?乳頭温泉郷にある温泉宿「鶴の湯」は、温泉ファンなら一度は聞いたことのある、有名な「秘湯」の一つ。お湯の色は乳白色、歴史的な建造物が残っているため古き良き日本を感じることができます。日が暮れ、あたりが暗くなると灯されるランプの光に浮かび上がる光景はまるで日本昔話の中にタイムトリップしたようです。

この記事の目次表示

「乳頭温泉郷 鶴の湯」って?

東京から、秋田新幹線にのって約三時間。JR田沢湖駅が最寄り駅。乳頭温泉郷は秋田県の乳頭山麗にある温泉地です。まるでミルクのような乳白色のお湯が特徴であり、7つの宿が点在しています。

  • 写真:水無月正面のアプローチ。歴史を感じます‥

その中でも最も古い歴史を持つのが「鶴の湯」で、そのはじまりはなんと江戸時代。かつては秋田藩主の湯治場でした。今もなお、武士が藩主警護のために詰めた、茅葺屋根の長屋が残っています。この長屋を「本陣」といいます。

この「本陣」にも宿泊することができるのですが、日本人にはもちろん、最近は外国人観光客にも人気が高く、休前日は非常に予約が取りにくいです。日本一予約の取りにくい温泉旅館の一つ、とも言われています。

鶴の湯の魅力

まるでミルク風呂のような良質な温泉

温泉といえば、一般的には無色透明なお湯が多いですよね。乳頭温泉郷には7件の温泉宿があり、それぞれ少しづつ違う泉質を持っています。「鶴の湯」には源泉が4つあり、それぞれ「白湯」「黒湯」「中の湯」「滝の湯」という名前がついています。中でももっとも有名なのが「白湯」かもしれません。

  • 写真:水無月こちらは混浴露天風呂。日本昔話に出できそうです。

乳白色のお湯はさながらミルク風呂の様です。「美人の湯」、また一度入るとぽかぽかと後から冷えにくいので、別名「冷えの湯」とも言われています。

熟練の湯守がその日その日の湿度、温度等に合わせて丁度良い温度に源泉を調節しているので、普段より少し長めに浸かっていられるのではないでしょうか。

筆者は普段あまり湯舟に長くつかることはないのですが、こちらのお湯は本当に入りやすかったです。ただし、人によってはのぼせやすい体質の方もいると思いますので、ご自身の体調と相談しながら、気持ちよく入浴してくださいね!

古き良き日本がここにはあります

茅葺屋根、木造の建物。軒先につるされる山の幸。温泉に行くまでに渡る橋の下には小川が流れて、その周りにはススキが。都心ではなかなか見る機会が少なくなった、日本の原風景が残っています。

  • 写真:水無月敷地内には小川が流れています。

必要以上にデジタル化が進んでおらず、部屋にはテレビはありません。貴重品は貴重品袋に入れて、フロントに預けます。

  • 写真:水無月事務所に貴重品を預けるときに使うのがこの貴重品袋。なんとなく懐かしい気持ちになります。

また、本記事の冒頭でも触れた通り、日没後の「鶴の湯」は昼の穏やかさとはまた違う、幻想的な景色になります。まるでひとつ前の時代にタイムトリップしたような、不思議な気持ちになりますよ。

  • 写真:水無月本陣の長屋です。

春には桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は積雪。四季を通してなんとなく懐かしい・・と感じさせてくれる、日本昔話のような雰囲気が魅力の一つです。

美味しい山菜料理と名物「山の芋鍋」

温泉宿での楽しみの一つにお食事がありますよね!鶴の湯では山の幸と、川の幸を地元の味付けでいただくことが出来ます。

  • 写真:水無月夕食の一部。筆者は食堂でしたが、泊まる場所によって部屋食になることも。

見た目はなんとなく茶色いお料理が多く、全部食べることができるか少し不安だった筆者。しかし一口食べてみると、とっても優しい味付けで、ご飯がすすむすすむ!川魚の塩焼きは目の前に囲炉裏で焼いていただけます。こちらも骨まで柔らかく、ペロリでした。また、鶴の湯名物の「山の芋鍋」は、山芋を擦りおろして作った大きな山芋団子が入っており、1杯で満足感が味わえました。

  • 写真:水無月夕食の川魚の囲炉裏焼き。外はパリっと、中はふんわり、臭みは全くありません。

全体的に、ご飯のお供に山の幸、川の幸をおいしくいただくようなお料理の構成です。ですので、キノコ、山菜、野菜全般が苦手な方は少し注意が必要かもしれません。

  • 写真:水無月朝ごはんはこちら。同じく本陣の食堂でごちそうになります。

秘湯ならではの注意点

主な大浴場は混浴&シャワーは宿泊者限定

鶴の湯は旅番組などでよく紹介されていますが、その際によく写る露天風呂は混浴です。女性専用の時間などはありませんので、お気を付けください。タオルを使うのは大丈夫なようです。

でも心配しないでください。女性専用のお風呂もありますで、女性でも特に気にせず、美肌の湯が楽しめますよ!

また、シャワー・洗い場は宿泊者だけが使える、内湯にあります。ただ、数が非常に少ないため、すいている時間帯を狙いましょう。

電波はなかなか届かない

びっくりしたのがここの鶴の湯、電波があまり届きません。背伸びをして、部屋の隅っこにスマホを持ってきてやっと1本電波が立つ・・のような感じなので基本的に圏外と考えてください。いっそのこと、電子機器の電源を切ってしまうのはどうでしょう?

敷地内には公衆電話もありますので、安定した通話をしたい方はそちらを使うのがよいかもしれません。

虫が苦手な方は冬の時期に宿泊するのが吉

鶴の湯があるのは山の中。筆者が宿泊したのは「本陣」でなく、「3号館」という別館のような建物でした。

夕食の際は「本陣」の食堂に移動します。そこには建物の中にも関わらず、カメムシの姿があちこちに。駆除の方法は宿泊者各自で、備え付けてあるガムテープで捕獲します‥

たまたまそういう時期だったから(筆者は紅葉の美しい、10月下旬に宿泊しました)、またこの食堂だけでほかの「本陣」の部屋にいるのかどうかはよくわかりませんが、虫が苦手な方は虫の活動が鈍くなる、冬季に訪れるのがおすすめです。

日帰り入浴も可能

先にご紹介した通り乳頭温泉郷には、「鶴の湯」のほかに6箇所の宿泊施設があります。これらを順に回る、「乳頭温泉郷 湯めぐり号」というバスがあります。マイカーがなくてもこのバスを使って湯めぐりをすることが可能です。

また、「鶴の湯」は予約がいっぱい‥でも乳頭温泉郷にはいってみたい!宿泊は別に泊まりたい宿がある‥という方は別の宿で予約をとって、日帰り入浴だけを楽しむ‥なんてことも可能です!

  • 写真:水無月温泉への入り口にはかわいらしい暖簾が。

注文できる時間は11時半〜13時までと限定されますが、駐車場の横にある、休憩所で名物の「山の芋鍋」を食べることもできますよ!

  • 日帰り入浴代金:大人600円、小人300円

いかがでしたか?

湯煙を抜ければ広がる乳白色の世界もさることながら、どこか懐かしい雰囲気がある、不思議な宿「鶴の湯」。今やその魅力は海を越え、外国人観光客も多く訪れます。せっかく日本人に生まれたのだから、一度は訪れ、優しい乳白色の温泉とおいしい山菜料理に癒されてみてはいかがでしょう?

  • 冬の鶴の湯。かまくらに優しい灯り‥幻想的な雰囲気に包まれます。
鶴の湯
秋田
住所:秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林50地図で見る
電話:0187-46-2139
Web:http://www.tsurunoyu.com/
夏休みの格安航空券をskyticketで検索

秋田の旅行予約はこちら

秋田のパッケージツアーを探す

秋田のホテルを探す

秋田の航空券を探す

秋田の現地アクティビティを探す

秋田のレンタカーを探す

秋田の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月25日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


人とは違う旅がしたいあなたに!夏の岩手&秋田旅の裏メニュー4選

暑い夏におすすめの東北旅行!せっかくなら、人とはちょっと違うディープな東北・岩手&秋田を体験してみませんか?「夏の岩手&秋田旅の裏メニュー4選」では、文化財とし...


全国の人気温泉TOP35!旅行好きが行っている温泉ランキング

有馬温泉や下呂温泉、草津温泉をはじめとする全国各地の有名温泉のなかから、トリップノートの4万人を超える旅行好きトラベラー会員(2019年7月現在)が実際に行って...

秋の絶景が見た~い!東北6県の紅葉スポット11選

暑い夏がすぎ、街が色づいてくると、お出かけ気分がムズムズ。自然が織りなす秋の絶景が見たくなりますね。東北6県で、筆者が独断と偏見でチョイスした紅葉スポットと、あ...

みちのくの小京都、角館・乳頭温泉へ癒し旅のすすめ

秋田には、江戸情緒が残る街があるのをご存知でしょうか。それは桜の名所としても知られている角館です。さらにそこから電車で行ける乳頭温泉にも懐かしさを感じられる情景...

秋田県で一度は行きたいおすすめ温泉8選!

秋田県は有名な乳頭温泉郷を始め、多くの名湯が湧く温泉天国県です。今回は名湯・秘湯の宝庫「秋田県」で是非一度は行ってみたい、温泉郷や温泉を8カ所にしぼってご紹介い...

この記事を書いたトラベルライター

活動源はまだ見ぬ景色!
温泉と、花畑や星空、自然がエネルギーの源!
動物の中では鳥類派。
御朱印集めとカフェ巡りも大好きです◎

【京都】ショコラ専門店「カカオマーケットバイマリベル」に隠された秘密のエンジェルライブラリーとは?

カカオマーケットバイマリベルは、世界で一番初めにチョコレートを食したとされているマヤ族の末裔、マリベル・リーバマンさんが創設者のショコラ専門店。まるでファンタジ...


【長野県】天然のプラネタリウム!阿智村へ日本一の星空を見に行こう

長野県の南部にある「阿智村」。この村は2006年に環境省が発表する、「日本一星が輝いて見える場所」に認定されました。周辺にある山々が愛知、大阪等の都会の光を遮断...

【広島県】日中の厳島神社観光だけじゃない!宮島でやりたいこと4選

京都府の天橋立、宮城県の松島と同様に日本三景に数えられる広島県の安芸の宮島。宮島といえば、思い浮かべるのが世界遺産の厳島神社ですよね!広島市内からのアクセスも良...

【茨城】ネモフィラだけじゃない!ひたち海浜公園を楽しむ4つのポイント

どこまでも続く青空と足元に広がる一面のネモフィラ畑。shihoさん著書の『死ぬまでに行きたい世界の絶景』に紹介されてから、一躍話題となっている国営ひたち海浜公園...

【湘南】日本初!フレンチトースト専門店「LONCAFE」と行き方

外はさっくり、中はとろーり。カフェやホテルの朝食などでも大人気、一度食べると癖になるのがフレンチトースト。実はフレンチトーストの専門店が日本で初めて生まれた場所...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?