エジプト
エジプト観光
ギザの三大ピラミドとスフィンクスが象徴

【エジプト】世界最古の図書館が復活!?新アレクサンドリア図書館

2018年1月22日更新

987view

お気に入り

今から2,000年以上前、世界最古にして最大と呼ばれる図書館がエジプト・アレクサンドリアに存在していました。世界最高の学者達が集まり、あらゆる思想や学問の原点となったとも言われていますが、5世紀には消滅してしまったため謎が多い伝説的な図書館でもあります。そのアレクサンドリア図書館を元に、「新アレクサンドリア図書館」が2001年に新設されました。本好き・世界史好きにはたまらない場所だと思います!

アレクサンドリアについて

アレクサンドリアは、エジプトでカイロに次ぐ大都市。青い空と海が美しい、地中海の真珠とも呼ばれる港町です。

紀元前332年にアレクサンドロス大王が建設したのがこの街の始まりで、その次のプトレマイオス1世のプトレマイオス朝の時代にはエジプトの首都として発展。当時人口100万人を超える、世界的な大都市だったと言われています。

地震と地盤沈下により沈んでしまったとされる海底神殿は有名で、現在ではダイビングでその名残を目にすることができます。

アレクサンドリアは現在でも世界的な企業が多く支社を置いており、エジプト経済の中心地となっています。首都のカイロからは列車かバスで2~3時間程で、日帰りで行き来できる距離。カイロは常に賑わっていて混沌とした雰囲気がありますが、アレクサンドリアは全く異なり落ち着いたリゾートの町、という印象です。

古代アレクサンドリア図書館

新アレクサンドリア図書館を楽しむには、その元となったアレクサンドリア図書館について知る必要があります。

アレクサンドリア図書館が設立されたとされるのは、プトレマイオス1世の時代、紀元前300年。

図書館と言っても当時は印刷技術はもちろん、現在のように閉じられた「本」というものも存在しなかったため、パピルス紙に書かれた巻物のような形で資料が収集されていました。その時代でも70万点が所蔵されていたというから驚きです。

単に図書館としての機能だけではなく、学術研究所「ムセイオン(Museumの語源)」が併設され、そこにはアルキメデスやエウクレイデスをはじめとした世界最高峰の頭脳が集結して研究と発表を重ねていたとされます。

西洋科学や、天動説などの学説、多くの文化がここで生まれました。7カ国語を話す才女だったと言われているクレオパトラもここで知識を身に着けたのかもしれません。

その終焉については諸説あるようですが、紀元前47年にローマのユリウス・カエサルの攻撃で一度消失し復興、5世紀には内戦によりムセイオンとともに消滅したとされています。

  • 図書館長のデメトリウスの像

新アレクサンドリア図書館

設立

新アレクサンドリア図書館は、古代の学問の中心地であった当時の栄光を再現するとして、ユネスコとエジプト政府が世界中からコンペを募って2001年に共同で建設したものです。

11階建ての巨大な図書館で、壁には世界各国の文字が記されています。

図書館内

図書館内は天井が高く、広々として開放的な空間。自然光がたっぷり入り、集中して本が読めそうです。

無料の英語ガイドツアーもあり、20分ほどでその歴史と図書館内の設備を説明してくれます。

天井は青と緑のガラス窓で目に優しい光を取り込み、壁は音を吸収する素材が使われているなどのこだわりがあるそう。入場料は70EGP(エジプトポンド/450円程)。メンバーシップ登録をすれば、国籍問わず図書館利用することができます(年会費500EGP/約3,200円)。

博物館

図書館には博物館も併設されていて、その歴史を知ることができます。

  • 最古の印刷機

考古学博物館(Antique Museum)に展示されている、旧図書館にあったとされるモザイク画は必見です。また、古文書博物館(Manuscripts Museum)には歴史的重要度が高い古文書が集められています。


おわりに

アレクサンドリア図書館については、謎に包まれている部分も多いですが、現在私達が当然のように享受している学問の始まりは、この図書館の存在が大きく影響していることは間違いないようです。

クレオパトラが愛した美しい港町で、本に囲まれながら紀元前の歴史に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

新アレクサンドリア図書館
エジプト / その他スポット
住所:Al Azaritah WA Ash Shatebi, Qesm Bab Sharqi,Egypt

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年12月29日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

放浪癖あり まじめ会社員
隙あらば海外に繰り出すサラリーマントラベラー。
旅行のことを考えるのは三度の飯より好き。仕事も好き。

日本の会社員の限られた休日でも楽しめる海外一人旅を提案できればと思います。
https://solotravelto.wordpress.com/

ガイドブックにない香港の新名所!鰂魚涌の超過密居住地がすごい!

香港には、有名な超人口過密のマンションがあることをご存知でしょうか?居住地ではありますが、その景観はもはやアート。フランス人写真家Romain Jacquet-...

香港のパワースポット!黄大仙廟で本格占い

香港のパワースポットとして、ガイドブックでは必ずと言っていいほど紹介されている寺院、黄大仙廟。「求めれば必ず願いが叶う」とされるこの寺院には、国内外から連日多く...


【マレーシア・クアラルンプール】世界の美が凝縮!イスラム美術館

マレーシア・クアラルンプールには、世界中のイスラム芸術を濃縮したイスラム美術館があります。色彩豊かなタイルや工芸品、テキスタイルや宝飾品等の数々に、イスラム芸術...

日本最大のモスクが渋谷に!東京ジャーミィでイスラム美を堪能

日本に住んでいるとイスラム教は身近ではなく、モスクと聞いても異国のイメージを持たれる方も多いと思います。しかし、実は東京の真ん中・渋谷区代々木上原にも、日本最大...


【ソウル】北朝鮮発祥!ミシュラン掲載店の「平壌冷麺」が絶品♪

韓国グルメと言えば焼肉、トッポギ、サムギョプサル…など美味しいものがたくさん浮かびますが、韓国では北朝鮮発祥の冷麺も親しまれているのはご存知でしょうか?ソウルで...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?