エジプト
エジプト観光
ギザの三大ピラミドとスフィンクスが象徴

【エジプト】ムハンマド・アリ・モスクが美しすぎてまるで異次元!

2018年2月16日更新

1,155view

お気に入り

人口の9割がイスラム教徒であるエジプトには、数多くの礼拝堂・モスクがあります。その中でも一際目立ち、最も観光客にも人気があるのが、カイロにあるムハンマド・アリ・モスク。巨大なドームとミナレットが荘厳な雰囲気を漂わせており、内部に一歩踏み入ればシャンデリアの灯りと幾何学模様に彩られた美しい世界観に取り込まれます。

ムハンマド・アリ・モスクの概要

ムハンマド・アリ・モスクは、カイロの中心部よりやや南側、高台にある城塞・シタデルの中にあります。カイロ中心部のタハリール広場から、車で約20分程度です。

このモスクは名前の通り、ムハンマド・アリが建設したモスクです。1824年に着工し、1875年に完成しました。

ムハンマド・アリとは

ムハンマド・アリは、19世紀初頭からおよそ150年間にわたってエジプトを支配した王朝、ムハンマド・アリ朝を創始した人物です。

この時代エジプトは、オスマン帝国(オスマン・トルコ)の属州となっていました。ムハンマド・アリは元々オスマン帝国の軍人でしたが、エジプトに派遣部隊として送られたことをきっかけに、権力抗争の末エジプト総督に就任、政権を樹立して新王朝を成立させました。

その結果エジプトはオスマン帝国から事実上の独立を達成したため、ムハンマド・アリは「近代エジプトの父」と呼ばれ、エジプトで現在も歴史的ヒーローのように愛されています。


トルコ風のモスク外観

トルコ・イスタンブールにあるアヤソフィア大聖堂をモデルに建てられたため、トルコ風のモスクになっています。巨大なドームと細長いミナレットが特徴です。中心の大きなドームを、周りの小さなドームで支えています。トルコのモスクではよく見られる形ですが、エジプトでは珍しい形だそうです。

外装にはアラバスター(雪花石膏)が使用されています。

水場や時計台のある中庭

モスク内部に入る前には、中庭を通ります。

中庭中央には、礼拝の前に身を清める八角形の水場があります。時計台は、フランスにルクソール神殿のオベリスク(記念碑)を贈呈したお礼に贈られたものですが、残念ながら動きません。

  • 出典:www.flickr.comThe Mosque of Muhammad Ali Pasha or Alabaster Mosque - Cairo, Egypt, by David Berkowitz
  • 出典:www.flickr.comThe Clock Tower in the Alabaster Mosque, Cairo, by Dan

美しいモスク内部

世界中全てのモスク共通のルールですが、モスクはイスラム教徒のお祈りの場ですので、肌を露出しない服装で、女性はスカーフで髪をかくして入場しましょう。入り口では上からかぶる布を貸してくれます。

内部に入ると、その美しさは息を呑むほど。中心で輝く巨大なシャンデリアと、天井から下る無数のライトが波を描くように内部を照らし、室内のステンドグラスや壁に描かれた幾何学文様とあいまって、異世界に迷い込んだかのような壮麗な雰囲気を出しています。

柔らかい灯りのせいか、不思議と落ち着く雰囲気なので、座り込んで天井の装飾やライトを眺めている観光客が多く見られます。一緒に座っていると、時が経つのを忘れてしまいそうです。

このランプは1年の日数と同じ、365個あるそうなので、座って、数えてみるのもいいかもしれません。

こちらはミンバルと呼ばれるモスクに設置される説教壇。この装飾も見事です。

  • 出典:www.flickr.comMosque of Muhammad Ali Pasha, Cairo Citadel by Dan

おわりに

このムハンマド・アリ・モスクが位置する場所は、カイロのイスラム地区(旧市街)と呼ばれるエリアで、歴史地区としてこの土地自体が世界遺産に登録されています。モスクの他にも古くからの教会や学校が数多くあり、古代から住民の生活と信仰を支えてきた場所であることがわかります。

人口が密集するカイロの混沌とした雰囲気と神秘性、どちらも味わえる非常に「エジプトらしい」町だと感じました。モスク見学の後は、この町の雰囲気を楽しむために散歩してみるのもおすすめです。

  • 入場料:50EGP(約310円)
  • 入場時間:9:00~17:00(金曜日の礼拝の時間を除く)
ムハンマド・アリ・モスク
エジプト / 社寺・教会
住所:Al Abageyah, Qism El-Khalifa, Cairo Governorate, Egypt

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年12月30日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

放浪癖あり まじめ会社員
隙あらば海外に繰り出すサラリーマントラベラー。
旅行のことを考えるのは三度の飯より好き。仕事も好き。

日本の会社員の限られた休日でも楽しめる海外一人旅を提案できればと思います。
https://solotravelto.wordpress.com/

ガイドブックにない香港の新名所!鰂魚涌の超過密居住地がすごい!

香港には、有名な超人口過密のマンションがあることをご存知でしょうか?居住地ではありますが、その景観はもはやアート。フランス人写真家Romain Jacquet-...

香港のパワースポット!黄大仙廟で本格占い

香港のパワースポットとして、ガイドブックでは必ずと言っていいほど紹介されている寺院、黄大仙廟。「求めれば必ず願いが叶う」とされるこの寺院には、国内外から連日多く...


【マレーシア・クアラルンプール】世界の美が凝縮!イスラム美術館

マレーシア・クアラルンプールには、世界中のイスラム芸術を濃縮したイスラム美術館があります。色彩豊かなタイルや工芸品、テキスタイルや宝飾品等の数々に、イスラム芸術...

日本最大のモスクが渋谷に!東京ジャーミィでイスラム美を堪能

日本に住んでいるとイスラム教は身近ではなく、モスクと聞いても異国のイメージを持たれる方も多いと思います。しかし、実は東京の真ん中・渋谷区代々木上原にも、日本最大...


【ソウル】北朝鮮発祥!ミシュラン掲載店の「平壌冷麺」が絶品♪

韓国グルメと言えば焼肉、トッポギ、サムギョプサル…など美味しいものがたくさん浮かびますが、韓国では北朝鮮発祥の冷麺も親しまれているのはご存知でしょうか?ソウルで...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?