【鎌倉】コーヒーが美味しい!築83年の古民家で寛げる「燕CAFE」。

346

view
   2017年7月18日更新

鎌倉駅から徒歩10分、鶴岡八幡宮からは徒歩3分ほどの路地の奥に佇む古民家カフェ、「燕CAFE」。鎌倉を愛する素敵なご夫婦がのんびり経営している、とても雰囲気のいいカフェです。淹れたての美味しいコーヒーやデザート、軽食を味わいながら、お庭を眺めていると、何だか時間がとまったような気分になります。たくさんのカフェやレストランがある鎌倉の中でも自信を持っておすすめできる「燕CAFE」をご紹介します。

路地の奥に佇む風情のある古民家カフェ

鎌倉駅の東口から徒歩10分ほど、若宮大路の一つ向こうに入った裏道からさらに路地を曲がった奥に、「燕CAFE」はひっそりと佇んでいます。

看板も大きく出ているので近くまで行けばすぐにわかるのですが、知らない人だと路地を通り過ぎてしまうかも。そのため、お客さんは観光客よりも地元や近辺から訪れる人が多い印象です。

手書きの看板で今日のメニューを確認。どれを食べても美味しいデザート、午後の遅い時間に行くと品切れになっていることも結構あるので気をつけましょう。

時間の流れがゆっくり、くつろぎの空間

入り口の引き戸を開けると、ご主人と奥様の「いらっしゃいませ!」の声。靴を脱いで上がるのが、何だかおばあちゃんちに来たみたいです。

畳に落ち着いた色合いの木製のテーブルと、座布団。内装もとても落ち着く感じ。お客さんがいないと、ついつい寝転がってお昼寝したくなってしまいます。床に座るのがつらい人のために、ちゃんと椅子の席も用意されています。

縁側には、お習字用のコーナーも。ここで書いた作品は飾ってもらえるのでしょうか?お庭の木々を眺めながら墨をするだけでも精神統一になりそうです。

テーブルの上には、かわいい苔玉。暑い日に鎌倉を歩きまわった後の麦茶は格別です。寒い季節には、ちゃんと暖かいお茶がいただけるのも嬉しい。

たっぷりサイズの淹れたてコーヒーは絶品!

「燕CAFE」に来たらぜひ味わってほしいのが、心を込めて一杯一杯淹れられるドリップコーヒー。

しっかりとした深い味わいで、普段はミルクを入れる人でも、そのままブラックで飲みたくなってしまうくらい美味しいのです。それがマグカップにたっぷり入って出てくるから、贅沢!

  • チーズケーキ 378円(税込)、チーズケーキセット(ドリンンク3種から選べます) 648円(税込)

小ぶりだけれどぎゅっと密度の高い濃厚なチーズケーキのほか、豆花やあんみつなど美味しいデザートがそろっています。

デザートだけでなく、ヘルシーなお食事メニューもおすすめ。「いつもの食事より少しでも体に良いものを」をコンセプトに、無添加の食材やオーガニック食材などを使用してつくられているそうです。お持ち帰り用のお惣菜も売られています。どれもからだに良さそうで、安心して食べることができます。

地元とのつながりを大切に

  • 徒歩3分ほどの距離に、「鶴岡八幡宮」があります

オーナーのご夫妻はもともとは鎌倉が地元ではなかったそうなのですが、ご縁があってこの古民家に出会い、カフェを始めたのだそうです。

地元でつくられた食材を使ったり、イベントを開催したり、今ではすっかり地元に根付いているのが伝わってきます。2階の和室はレンタルスペースとして提供されていて、マッサージや占いなどのセッションやワークショップが行われることもあるようです。

入り口には興味深いチラシがいろいろ置かれている他、手仕事や食品なども販売されています。こんなかわいい燕グッズを買うこともできますよ。

観光スポットというだけではない、「人が暮らす街」としての鎌倉を垣間見ることができる「燕CAFE」。散策や寺院巡りの休憩に、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

「燕CAFE」の基本情報

WEB

https://kamakura-tsubamecafe.jimdo.com/

営業時間

  • 平日:10時30分~17時
  • 土日祝日:10時30分~18時

定休日

  • 毎週火曜日 (祝日の場合は営業)
  • 第3・第5 水曜日(祝日の場合は営業)
  • その他臨時休業あり
燕CAFE

鎌倉 / カフェ・喫茶店

 

住所:神奈川県鎌倉市小町3-2-27

電話:0467-84-7025

Web:https://kamakura-tsubamecafe.jimdo.com

鶴岡八幡宮

鎌倉 / 社寺・教会

 

住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目1−31

電話:0467-22-0315

Web:https://www.hachimangu.or.jp/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月12日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
からだの仕事と言葉の仕事をしながら、旅しています。

からだの仕事(セラピスト)と言葉の仕事(翻訳、通訳、ライター)をしながら、あちこちを旅しています。2006年~2011年までアメリカ、カリフォルニアに住んでいました。現在は、神奈川、タイのチェンマイ、ヨーロッパ辺りにいることが多いです。美味しい食べ物、コーヒー、自然、本屋さん、良い気持ちのするところが好き。旅をする時は、一つの場所にゆっくり滞在して、そこに住んでいる人たちと知り合うのを楽しみにしています。

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!