北九州
北九州観光
門司港や小倉がある九州の玄関口

北九州のスポット

指定場所からの距離
エリア
  • すべて(138)
門司港レトロ展望室

ガラス張りの展望室から関門海峡の絶景を一望!

日本を代表する建築家・黒川紀章氏が手がけた高層マンションの最上階(31階)にある展望室。地上103mの高さから、関門海峡や門司港レトロの街並みはもち...

エリア
北九州
カテゴリー
展望・景観、観光名所

旧門司三井倶楽部

きゅうもじみついくらぶ
アインシュタイン博士が宿泊した大正モダンな建物

大正10年(1921年)に三井物産の社交場として建てられたもので、国の重要文化財に指定されています。木製の枠組みの間を石やレンガなどで埋めるヨーロッ...

エリア
北九州
カテゴリー
建造物、観光名所
門司港レトロ地区

明治から大正のレトロな建物がのこる人気の港町

明治22年(1889年)の開港以来、国際貿易港として栄えた門司港。現在でも当時の面影を色濃くのこすレトロな建物が多く残っており、福岡を代表する観光ス...

エリア
北九州
カテゴリー
町・ストリート、観光名所
小倉城

小倉城

こくらじょう
小倉のシンボル!珍しい”唐造り”で建てられた名城

慶長7年(1602年)に細川忠興公が築城した名城。現在の小倉城は、市民の熱望により昭和34年(1959年)に再建されたものです。全国でも珍しい「唐造...

エリア
北九州
カテゴリー
建造物、観光名所
皿倉山展望台

ロマンチックな夜が楽しめる、新日本三大夜景のひとつ!

北九州随一の夜景スポットで、山梨県の「笛吹川フルーツ公園」と奈良県の「若草山」に並ぶ、”新日本三大夜景”のひとつに数えられています。ケーブルカーとス...

エリア
北九州
カテゴリー
展望・景観、観光名所

旧門司税関

きゅうもじぜいかん
エリア
北九州
カテゴリー
建造物
河内藤園 藤の花見
藤トンネルや約1,000坪もの大藤棚が見事!

福岡県・北九州市にある、私設ながら3,000坪もの面積を誇る一大藤園。藤の開花時期と紅葉シーズンの一時のみ、一般に公開されます。藤の花の開花は、例年...

エリア
北九州
カテゴリー
イベント・祭り

旧大阪商船

きゅうおおさかしょうせん
エリア
北九州
カテゴリー
建造物
関門トンネル人道

出典:tripnote.jp

関門トンネル人道

かんもんとんねるじんどう
歩いて渡れる関門海峡トンネル

関門海峡は、関門海峡トンネルで本州と九州が結ばれています。全長780mの海底トンネルは二階建て構造になっており、上部は車両専用の国道ですが、下部は人...

エリア
北九州
カテゴリー
その他スポット

門司港駅

もじこうえき
大正時代の姿に復元されリニューアルオープン

大正3年に建てられた駅舎は、昭和63年に駅舎としては初めて国の重要文化財に指定されました。大規模な復元工事が行われ、大正時代の姿に復元され、2019...

エリア
北九州
カテゴリー
建造物、駅・空港・ターミナル

北九州市大連友好記念館

出典:tripnote.jp

北九州市大連友好記念館

旧 国際友好記念図書館
エリア
北九州
カテゴリー
その他スポット
最大4号玉を打ち上げる花火は約10,000発!

これまでは「わっしょい百万夏まつり」のフィナーレを花火大会が飾っていましたが、2019年より、お祭りの始まりを告げる花火大会になります。会場は駅から...

エリア
北九州
カテゴリー
イベント・祭り
くきのうみ花火の祭典

全長260mの名物花火「ナイアガラの滝」は圧巻!

夏の洞海湾を彩る「くきのうみ花火の祭典」は、北九州市を代表する花火大会のひとつ。約4,000発を打ち上げ、例年30万人を超す来場者で賑わいます。若戸...

エリア
北九州
カテゴリー
イベント・祭り

関門橋

かんもんきょう
エリア
北九州
カテゴリー
観光名所
河内藤園
エリア
北九州
カテゴリー
公園・動植物園

ブルーウィングもじ

出典:tripnote.jp

船の入出港時に合わせて開閉するはね橋

船溜まりを取り囲むようにみどころが集約されている、門司観光には欠かせない橋。船溜まりに入港する船の為に開閉式になっていますので、「はね橋」とも呼ばれ...

エリア
北九州
カテゴリー
観光名所
グランダジュール
エリア
北九州
カテゴリー
スイーツ
平尾台

エリア
北九州
カテゴリー
自然・景勝地
エリア
北九州
カテゴリー
ショッピングモール・デパート
九州鉄道記念館

エリア
北九州
カテゴリー
博物館・美術館、観光名所

  1 2 3 4 57  

全138件のうち( 1 - 20 件目)を表示

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?