ニューカレドニア
ニューカレドニア
天国に一番近い島にはお洒落な街並と青い海

はじめてのニューカレドニア・知っておきたい基本情報

2018年7月11日更新

161view

お気に入り

エメラルドグリーンの海が広がる南半球の島・ニューカレドニア。フランス語で「ヌーベルカレドニー」とよばれるこの島は、本島と小さな島々のロイヤルティ諸島からなるフランス海外領土のリゾート地です。

この記事の目次表示

南半球のメラネシア地域にあるニューカレドニア

ニューカレドニアに住む民族はメラネシア系の人が最も多く、次いでヨーロッパ系の人が多く住んでいます。

南半球に位置しているので、日本とは真逆の気候となり、2月ごろが真夏のハイシーズンとなります。反対に7月ごろは冬の気候で、日によっては気温が20度よりも低くなることもあり、寒さを感じることもあります。

四季はあるけれど、いつも強い日差し

ニューカレドニアは、年中あたたかいイメージの島ですが、四季があります。冬のシーズン(6~9月)になると、長袖で活動しても寒い日があります。ただし、日差しの強さは年中変わらないので、日中歩くときは日差し対策を忘れずに。


言語はフランス語

フランス領であるニューカレドニアは、全土フランス語が公用語です。ホテルやレストランでは英語も通じますが、日本語はほとんど通じません。ただ、日本人旅行者も多いので日本語メニューなどが準備されていたり、日本人スタッフや日本語を話せる人を常駐させていたりする旅行会社やレストランなどもあります。

物価は日本より少し高め

通貨の単位は「フレンチ・パシフィック・フラン」。現地の人たちは「フラン」などと略して呼んでいます。(1フラン≡1.09円:2018年7月現在)

日本と比べると全体的に物価は高めで、朝食を外で軽めにとろうとお店に入っても、日本円で1,000円程度は普通にします。

レストラン事情

多くのレストランは、ランチとディナーの間に一度閉店します。

目安としては、14時~19時ごろまではクローズの看板がかかっている飲食店が多いです。市内観光などをしていてお昼を食べ損なってしまった場合には、スーパーでパンや飲み物を購入して空腹をしのぐしかありません。

休みなしで営業しているお店も一部あります

ヌメアの中心にあるココティエ広場にあるカフェは、日中の休みなしで営業しています。コーヒーや紅茶、デザートだけでなくパニーニなどの提供もあります。小腹を満たすには十分な食事がとれます。

ココティエ広場
ニューカレドニア / 公園・動植物園
住所:Place Des Cocotiers, Noumea

移動はバスが便利

ヌメア内の移動は、定期的に走っているバスを利用するのが便利です。チケットは車内で購入することもできますが、事前にヌメア・センター近くのチケットセンターで購入しておくと少し安く購入できます。

購入した乗車券をバスの機械を通して、乗車手続きは完了です。

バス停は、日本のように屋根が付いているバス停もありますが、白い柱のようなものしかない場合もあるので、よく探さないと見つからない場合があります。

ヌメア・センター
ニューカレドニア / ショッピングモール・デパート
住所:20 ru Anatole France, Noumea, New Caledonia

流しのタクシーがない

日本では主流となっている、手をあげて好きな場所で空車を止める「流しのタクシー」。しかしニューカレドニアでは、この方法でタクシーに乗ることができません。

タクシーを利用したい場合は、ホテルやレストランでタクシーの予約をしてもらうのが一般的。タクシーは「送迎専用」として使うことを覚えておいた方がいいかもしれません。

行先は直接ドライバーに伝えてもいいですが、英語が通じない場合もあるので、予約してもらったホテルなどのスタッフに伝えてもらう方法もあります。ガイドマップなどを持っているようならば、それを見せて伝えるのもスムーズです。

基本の言語がフランス語なので、ガイドマップも日本語と並列してフランス語で記載されているものを持ち歩くのがおすすめです。

  • ココティエ広場の道路にはタクシーが随時止まっているので、乗ることができます。

お酒を買うならお昼まで

夜、宿泊先に戻ったあと、地元のビールやワインで疲れを癒しながら、次の日の行先を考えるのも旅の醍醐味。

しかし、ニューカレドニア内でお酒を買える場所は、スーパーや酒屋などと限られています。

スーパーではお酒以外にも食品やお菓子、雑貨なども販売していますが、お酒の販売に関しては「お昼まで」という法律があるため、お昼までに購入しておく必要があります。

未成年の飲酒を防ぐ目的もあるようで、販売時間を過ぎると、スーパーのお酒エリアはチェーン等で立入を禁止する策がとられます。

ちなみに、購入ではなくお店で飲む場合は、いつでも飲めます。どうしても夜に飲みたくなったら、ホテル内や近所のバーやレストランで飲むとよいですよ。

  • アンスバタビーチの近くにある水上レストラン。その手前には、夜遅くまでやっているバーがあります

ゆったりとした時間が過ごせるニューカレドニア

ヌメア市内の観光場所といえば、ココティエ広場や、セント・ジョセフ教会など。朝早く起きて、朝市に出かけてもいいですね。

  • ココティエ広場の中心。

市内の観光は、基本的には徒歩圏内でいけるところが多くあります。

  • セント・ジョセフ大聖堂

博物館などに行きたい場合は、開館時間や休館日などを事前に調べておくと安心です。

緑豊かな土地と、青く澄んだ海があるニューカレドニアでは、贅沢な時間を過ごすことができます。

セント・ジョセフ大聖堂
ニューカレドニア / 社寺・教会
住所:3 Rue Frederick Surleau, Noumea, New Caledonia
朝市
ニューカレドニア / 市場・朝市
住所:Rue Georges Clemenceau, Noumea, Grand Terre, New Caledonia
ヌメア
ニューカレドニア / 町・ストリート
住所:Noumea

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年7月4日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

この記事を書いたトラベルライター

食いしんぼうでのんびり屋
写真が好きで、おいしいものが大好きな旅好き人間。ひとりでフラフラと歩き回ることもあったり、みんなでワイワイ騒いだり、どちらの旅も大好きです。
旅行先での目的は、おいしい食事ときれいな風景、そして街並み観察。日本でも海外でも、いつもと違う日常を味わうために出かけることが多くあります。

絶景とおしゃれなカフェで癒される!ラオスの古都・ルアンパバーン

ラオス人民民主共和国(通称:ラオス)北部にある古都・ルアンパバーン。かつてラーンサーン王国(1353年-1975年)の王都として栄えた都市で、カーン川とメコン川...

東京都内を自転車でかけめぐる!コミュニティサイクル利用ガイド

東京都内で、最近よく見かける赤い電動自転車をご存じでしょうか?東京都では、特定の地域にはなりますが、どこでも自転車を借りたり返したりできる「コミュニティサイクル...

1泊2日で大満足!9つの外湯が楽しめる長野・渋温泉

長野県の山ノ内町にある渋温泉。豊富な湯量と泉質を楽しむことができる温泉です。豊富な泉質と言われるゆえんは、9つの外湯の効能がそれぞれ違うところ。東京から電車を使...

【群馬】富岡製糸場と合わせて訪れたい!サファリパーク&こんにゃくパーク

2014年に世界遺産に登録された群馬県富岡市の「富岡製糸場と絹産業遺産群」(以下、富岡製糸場)。最寄駅の上信電鉄・上州富岡駅の周辺エリアには、富岡製糸場以外にも...

コミュニティサイクルで快適に巡ろう!東京・銀座の観光スポット5選

東京都内の特定の区内で利用できるコミュニティサイクル。中央区や千代田区でも登録すれば、使うことができます。電車やバスを使った東京観光もいいですが、時間に左右され...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?