一生に一度は行きたい「カウントダウン in NEW YORK」

348

view
   2017年11月13日更新

一年を締めくくる大晦日には、世界各国で毎年様々なカウントダウンイベントが行われます。その中でも今回は世界中の人が集まるNEW YORKのタイムズスクエア前でのカウントダウンを紹介します。華やかなカウントダウンの裏には10時間以上、寒さやトイレ、想像以上に自分との闘いが待っていますが、一生に一度は行きたい「夢のCOUNT DOWN IN NEW YORK」!

当日のタイムズスクエア前

午前中

当日は午前中から警察官がバリケードを作っていきます。43丁目付近から始まり、人がいっぱいになるとバリケードを閉鎖し、北へ北へと誘導されます。

目玉のボールドロップ(23時59分から始まるミラーボールが下がる演出)を見る為にはお昼過ぎまでに、バリケード内に入らないと厳しいです。世界中の人が推定100万人以上訪れ、それぞれNEW YORKでカウトダウンを迎える為に来ています。皆、気合いも違います。とにかく早めに行動!に限ります。

ちなみに午後2時前に並んだ私で46丁目付近でした。また一度バリケード内に入ったら身動きが取れないため、お水と摘まめるクッキーなどを持っていざ、出陣!!後ほど注意事項でも書きますが、一度バリケードに入ったら、24:00まででられません

つまり、トイレも買い物も、お預け!!!

当日は、世界各国の年明けをカウントダウンしてくれます。ちなみに日本との時差はほぼ半日ある為、皆が並び始める昼前に「JAPAN」の文字がでてました。

15〜16時

午後3時過ぎから、アーティスト達の生ライブに備えてリハーサル、イベントが始まります。

18〜23時

18時を過ぎると、24時になるまで、各アーティストのLIVEや、「あと何時間」の表示と共に花火があがります。時間が進むに連れて回りの人達のボルテージも上がります。

また、タイムズスクエア付近では20○○と、迎える年を書いた光りものや、限定グッズがたくさん配布されます。どこからともなく、周りの人達から回ってきたり、飛んでくるので、是非積極的にアピールして貰いましょう!

いよいよ・・・

23時59分からはいよいよミラーボールが下がり始め、世界中の100万人以上が一帯になった会場は今までに経験したことのない、圧巻の盛り上がりです。

3、2、1・・

HAPPY NEW YEAR!!!!!!!!!

空から見たことのない量の紙吹雪と花火!!!!!!

最高の瞬間を迎えるための準備

ご紹介した通り、NEW YORKのカウトダウンは最高です!一生に一度は味わいたいものです。しかし新しい年をあの場で迎える為には、場所取り、寒さ対策、持久力が必須です。是非万全の体制で臨みましょう!

【1】寒さ対策

冬のNEW YORKは極寒です。氷点下の日も多く、雪が降る場合もあります。10時間以上外で立つ事になるので、出来ればスキーウェア程度の厚さの上着、足元は靴下の重ねばき、カイロ対策必ずしましょう。

【2】場所取り

世界中の人が最高の瞬間を求めてきています。タイムズスクエア前で迎えるためには、遅くても14時までには会場へ入りましょう。

【3】トイレ

場所取りで、お気づきの方もいるかと思いますが、身動きとれない=トイレに行けません。バリケード内に一度入ったら、抜けた場合、二度と同じ場所には戻れません。

トイレで泣く泣く目の前で新年を迎えられなかった。。。なんてことのないよう、対策はバッチリにしましょう。朝から極力お水を控える、念のためにオムツをする、でしょうか。ちなみにオムツは日本製の方が性能が良いので、日本から持っていくことをお勧めします。

まとめ

テレビで毎年全世界で放送もされている「NEWYORK」のカウントダウン。一生に一度は体験したいものです。最高の瞬間を迎えるためにも準備は万端で臨みましょう。

また海外では年末年始も街はクリスマスのデコレーションが残っていますので、早めにNEWYORKに到着してRockfellerのクリスマスツリーやクリスマスマーケットを楽しむと、二度楽しめておすすめです。

タイムズスクエア

ニューヨーク / 観光名所

 

住所:Manhattan, NY 10036

ロックフェラーセンター

ニューヨーク / 建造物

 

住所:45 Rockefeller Plaza, New York, NY 10111

電話:+1 212-332-6868

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2013年12月31日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
都内OL

大学時代にオーストラリアへ留学した事をきっかけに世界中の色んな文化、土地、食を知る楽しさを知る。社会人では都内でホテル、貿易事務の仕事をし昨年は長年の夢であったアメリカで1年間勤務。現在は都内でOLを。やりたい事はやるをモットーに、ポジティブだけが取り柄な私ですが、趣味の旅行、ダイビング、ディズニー。色々綴っていこうと思います!

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!